2018年10月12日

水はみどろの宮
福音館文庫『水はみどろの宮』(石牟礼道子 作/山福朱実 画)がミュンヘン国際児童図書館選定図書に選ばれたとの連絡がありました✨
お葉やおンンの姿をした少女の石牟礼さんが、世界の子どもたちのところに出現するなんて…素敵すぎて感無量!

フランクフルトブックフェア及びボローニャブックフェアなどで展示されるそうです。
石牟礼さん、おめでとうございます!

Japanese / Japan
Mizu wa midoro no miya (The mountain spirit and a girl)
Ishimure, Michiko (text) Yamafuku, Akemi (illus.)
Tōkyō: Fukuinkan Shoten, 2016. – 258 p.
(Series: Fukuinkan bunko; S-72)
ISBN 978-4-8340-8251-7
White Ravens issue: 2018
Reading age: 11+

Michiko Ishimure (1927-2018) was an author world-renowned for her powerful writings on the Minamata mercury poisoning, a catastrophic case of industrial pollution in Japan that began around the 1950s. Sharing the suffering of poison victims, who were ostracized by society, she voiced doubt regarding the value of a modern society which develops on the basis of people’s sacrifice and suffering. Most of her works were written for adults, but this novel has been newly illustrated and published for young readers. It is a story of mountain village people living in veneration of nature, which brings bountiful blessings but also disasters, such as flash floods and volcanic eruptions. Oyō, a village girl, sees the mountain spirit and, with her white fox companion, visits the bottom of a lake. The poetic and spell-binding text written in dialect invites readers into a world where the boundaries between real and fantastic, alive and dead, present and past, are not evident. The powerful illustrations made using wood-block prints help create a vivid image of a time when all lives were respected.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


(10:55)

2018年10月11日

邦夫朱実椌椌 三人展

================================
       竹田邦夫×山福朱実×南椌椌 三人展
      ああ!愛しのメキシコスープ!
================================

    渋谷の展示から13年…3人はまだ生きていた。!Salud!
   メキシコ在住43年の怪しい銀細工師・竹田邦夫、かの地に
   やられちゃった歴数十年の山福朱実&南椌椌が集う作品展。
    再会の地はなぜか北九州…Operation Tableと共に創る
   奇妙な、まぜこぜメキシコスープを、どうぞ、召し上がれ!

 期 間:2018年10月13日(土)〜27日(土) 
     11:00〜19:00/会期中無休

  会期中20〜23日まで、メキシコから竹田邦夫氏、東京から南椌椌氏
  が、揃って北九州にやってきて在廊します。
  卓越した彫銀の技術やメキシコについて、テラコッタやガラス絵の
  愉しみについて、お茶やお酒で語って笑って過ごしませんか。
  10/21(日)には舞踏家の山田せつ子さんを招き、末森樹氏のギター演
  奏で踊っていただけることにもなりました。乞うご期待!


 催 し:トークとソングとダンスの宴
     竹田邦夫×南椌椌 トーク
     末森樹(Gt)×山福朱実(Vo)
     +スペシャルゲスト・山田せつ子(Dance)
     
     日 時:2018年10/21(日) 17:00〜
     参加費:2500円(1Drink付)/要予約
         +上演後レセプション飲食 1000円  

 会 場:Operation Table オペレーションテーブル
     805-0027 福岡県北九州市八幡東区東鉄町8-18
     093-651-1215/info@operation-table.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ああ!愛しのメキシコスープ


(18:25)

2018年10月10日

「食」を楽しむイベント『Cafe三太郎』に作品展示で参加いたします!
『筑豊文庫の食卓』と題した食事会(限定20名)や、トーク(上野朱×牧野伊三夫×川松あかり)等の催しもあって、うわっかなり見逃せないヤツ〜!となっています。先ずは私の展示案内をば…


直方歳時館

================================
      山福朱実*絵本原画と挿絵の版画展
================================

 2016年春に刊行した石牟礼道子『水はみどろの宮』(福音館文庫)の
 挿絵原画を中心に、山福朱実(絵本作家・イラストレーター)が制作
 した、木版画や紙版画による絵本の原画や書籍の装画などをいろい
 ろさまざま、少しずつ展示します。
 期間中は版画で制作した挿絵や絵本原画などの作品は限定数で販売、
 書籍類やポストカードなども併せてお求めいただけます。

 期 間:2018年10月5日(金)〜14日(日) 9:00〜17:00

 催 し:石牟礼道子『水はみどろの宮』朗読ライブ
     出 演:山福朱実(朗読 歌)+末森樹ギター演奏音源
     日 時:10/14(日) 15:00〜16:00/無料・定員25名

 会 場:直方歳時館 土蔵
     822-0015 福岡県直方市新町1丁目1-18
     0949-25-2008/saijikan@grace.ocn.ne.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*追記:こちらがイベント本体の『Cafe 三太郎』
Cafe 三太郎 2018Cafe 三太郎 2018

*さらにこちらが『筑豊文庫の食卓』
筑豊文庫の食卓筑豊文庫の食卓

(19:47)

2018年10月09日

旧古河鉱業若松ビルで今春開催した父の展示に、東京からわざわざ敏也さんが遊びに来てくださった、その会場でキューブリックさんとの御縁が繋がり、今展が催される運びとなりまして…何重にも嬉しい私です♡

小林敏也 Jはじめの1ページ展小林敏也 はじめの1ページ展
















================================
 画本 宮澤賢治 (画 小林敏也) で読む 『はじめの1ページ』原画展
================================

「注文の多い料理店」「銀河鉄道の夜」「雨ニモマケズ」など、多くの名作を生み出した宮沢賢治。生前はほとんど無名で、「銀河鉄道の夜」をも含む膨大な数の未発表作品を残してこの世を去りました。みずみずしい言語感覚と独特の世界観で紡がれる物語は、没後次第に読者を獲得し、世界中でその作品が読まれる作家となりました。

宮沢賢治の作品を絵本で表現する「画本(えほん)宮澤賢治」というシリーズがあります。イラストレーター、デザイナーの小林敏也さんのライフワークともいえる作品群で、題材選びや作画はもちろん、装丁や紙選び、印刷などの造本も小林さんが手掛けています。2011年に版元のパロル舎が倒産したため入手困難になっていましたが、現在は好学社から復刊され、これまで16点が刊行されました。紙質やインクの重ね方など細部までこだわって仕上げた美しい絵本です。

この度ブックスキューブリック箱崎店では、小林敏也さんの「画本宮澤賢治」の展覧会を、九州で初めて開催いたします。小林さんがこれまで制作してきた画本シリーズから、冒頭ページのパネルと、その作品の中の一場面の原画を展示します。

会場では、今や貴重となったパロル舎版と、好学社版の画本シリーズを販売するほか、絵葉書や便箋も並びます。

宮沢賢治の熱心な読者の方も。
名前は知っているけれど実は読んだことがないという方も。
作品とのあらたな出会いを楽しみに、ぜひご来場ください。


 期 間:2018年10月9日(火)〜11月4日(日)
     11:00〜18:00/月曜定休/入場無料
 会 場:カフェ&ギャラリー キューブリック
     812-0053福岡市東区箱崎1丁目5-14ベルニード箱崎1F

キューブリック


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


(08:00)

2018年10月08日

Outlook 2018.10月
斎藤美奈子 コラム
DAYS JAPAN
『OUTLOOK』
2018年10月号


東京五輪
 ボランティアの
 「やりがい搾取」
   にご用心!



デイズジャパン2018年10月号は…

特集:「沖縄の見る希望 誇りある豊かさ」
   追悼・翁長雄志さん
巻頭特集:「沖縄と国体」

その他、国内外の紛争、戦争の記事などで構成されています。

斎藤さんのコラム自体はDAYS JAPANを応援するためでもありますので
転載いたしません。雑誌をお求めになってご購読ください。
どうぞよろしくお願いいたします m(,_,)m

================================
2018.9月号 *2018.11月号

(19:46)

2018年10月06日

日本酒ラベル展2018
今年も参加します。
呑む楽しみもあるという嬉し
いチャリティー企画展。
東日本大震災で被災された、
宮城県大崎市の酒蔵・一ノ蔵
さんとのコラボレーション展
が9回目を迎えました。
日本酒に良く合う宮城の物産
をお供に一ノ蔵のお酒を今年
もお愉しみください。

この展示の売上金の一部は
被災地復興支援になります。





================================
       東日本大震災 復興支援チャリティー
    素敵に食卓 日本酒ラベル展 2018 「自然の恵み」
================================

 期 間:2018年10月30日(火)〜11月4日(日)
     12:00〜19:00/最終日16:00まで
  * 一の蔵を愉しむ会 *
   日本酒によく合う宮城県の物産をお供に、
   一ノ蔵のお酒を愉しみましょう。
    日 時:10月30日(火) 18:00〜20:00
    参加費:1000円(予約不要)
 会 場:ギャラリー Malle
     150-0013 渋谷区恵比寿4-8-3 神原ビル1階
 
参加作家(五十音順敬称略):
 浅羽容子、飯野和好、大野隆司、小倉正巳、加藤龍勇、管野研一、
 国井節、国武将、クリシュナ智子、さかうえだいすけ、佐々木悟郎、
 柴田優子、下谷二助、白石佳子、眈召劼箸漾△覆がわみさこ、
 中村豪志、蜷川みほ、原マスミ、Matsu-★Bockrin、ミズシマシゲル、
 三浦由美子、密田惠、山口マオ、山崎杉夫、山福朱実、山本正子
 デザイナー:浜野史子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        ★松山 酒ミュージアム 巡回展
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 期 間:2017年11月9日(金)〜25日(日)
     9:30〜17:00/月曜休館
 入場料:大人 300円/高校生以下小学生まで 100円
 会 場:松山 酒ミュージアム 一ノ蔵
     987-1304 宮城県大崎市松山千石字松山242-1
     0229-55-2700

================================
*一ノ蔵は製品並びに原料米及び醸造用水について、第三者機関による
 分析を行い、放射能の検出限界以下を確認しております。2014年
*本年以外の『日本酒ラベル展』
 2011201220132014201520162017

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(10:41)

2018年10月02日

IMG_20181001_131714_421
昨夜の嵐が嘘みたいに晴れて暖かい日!ライブ中止は残念だけど家に籠って料理三昧…
で、昼食は相方カレー!
小豆の黒酢和え、砂肝と葱の揚げ煮、牛肉舞茸枝豆牛蒡コロッケを一皿に。デザートにヨーグルト×無花果のコンポートを茶碗いっぱい食らって満腹の極み Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
デニーさん万歳✨☀️✨

(13:56)

2018年10月01日

吾輩堂×山福朱実『猫ぞろぞろカレンダー2018』
10月の木版画は『おノンの花扇』です。

猫ぞろカレンダー10月

絶版になっていた平凡社版の石牟礼道子さん作『水はみどろの宮』を、子どもも読める形で再販していただけないだろうかと児童書関係の様々な出版社さんに打診を続けていた頃に、物語の登場人物を描くというグループ展に誘われて作った木版画です。ので、登場人物は黒猫おノン!
背景が満月だし、思い描いていたおノン像よりフサフサな毛に仕上がってしまったのですが、心はおノンに奪われていた、その頃の純粋な気持ちが形になったということでお許しください。
秋。どこまでも続く芒の原っぱが波のように動き輝く景色を想います。

(08:48)

2018年09月30日

台風接近のため今回のライブは大事をとって中止にいたしました!泣!
だかしかし!よっぽどのことがない限り末森&山福はギターを抱えてタイニーカフェに飲みに行きます。ご一緒できる方は是非♪
↑と宣っておりましたが、首都圏在来線全線運休のニュースが入ったので、本日は出掛けることも中止にします…残念無念!またの機会に☀️

末森樹 ギターの時間

末森樹くんがソロでギター演奏をします! …Y福A実の乱入付き♪
================================
      末森樹 Suemori Tatsuru ギターの時間
================================

 日 時:2018年9月30日(日) 開場18:00 開演18:30
 料 金:投げ銭+Drink注文 (要☎︎予約)
 会 場:仙川・タイニーカフェ
     182-0003 調布市若葉町1-42-2/☎︎ 03-3305-0400
     *京王線・仙川駅 徒歩5分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


(08:24)

2018年09月29日

IMG_20180929_202834_186
台風接近中というので牛肉舞茸枝豆牛蒡コロッケを揚げて
秋刀魚のアヒージョ🍴
チャベーラ♪
ネコニャス(ФωФ)
と共に静かに過ごす相方邸。

(16:40)

2018年09月28日

末森樹 音源集『葡萄』が裏山書房から発売されました♪
末森樹 音源集「葡萄」

15曲中13曲が末森樹による作曲。
クラシックギターでのソロ演奏。
末森樹 音源集「葡萄」

このアルバムは主に末森樹のライブや山福朱実の展覧会場、それぞれの
友人知人のお店などで販売するのみで、一般販売はしておりません。
ご希望の方は、裏山書房 (=山福印刷 Tel.093-761-3870) か、樹の実工房
(nekoyanagioffice★yahoo.co.jp ←★を@に) ) へ、発送先ご住所、お名
前、ご連絡先、ご希望枚数をお伝えくだされば、折り返し詳細をお知ら
せいたします。委託販売してくださるお店も募集中です♪
ご面倒をお掛けしますがご理解のほど…よろしくお願いいたします!


(09:51)

2018年09月24日

むかご
どこに植えたのか忘れていた、百合ヶ丘から共に引っ越してきた山芋がちゃんと育って実をつけてくれました。まだ小さな芋なので少なくて、むかご飯1回分ほどの収獲ですけど。
嬉しいなあ♡

(09:28)

2018年09月23日

水はみどろの宮*うらんたん文庫

================================
          石牟礼道子 作*山福朱実 画
  『水はみどろの宮』挿絵版画展*福岡 福津・うらんたん文庫

================================

 今年2月にお亡くなりになった石牟礼道子さんの『水はみどろの宮』
 は、絵本作家・山福朱実さんが約9年の歳月をかけて働きかけ、2016
 年に福音館文庫から新装改訂版として復刊されました。その際に挿画
 として制作された木版画と紙版画の原画46点を展示いたします。
 人や動物だけでなく、小さな虫や草木、すべての命あるものと、生か
 されている自然を慈しみ、みなが共生する世界を描いた子どもたちに
 伝えたい物語です。石牟礼作品への入口として、この機会にぜひご覧
 ください。皆さまのご来場を心よりお待ちしております。   
                         うらんたん文庫

 日 時:2018年9月1日(土)〜23日(日)/水,木,金曜定休
     11:00〜18:00/要オーダー

 催 し:★9月2日(日) 17:00開演  ← Live報告
       飲物付予約 3000円/当日 3500円
      *『苦海浄土』祭文語り
        出演:渡辺八太夫(三味線 語り)×姜信子(作家)
      *『水はみどろの宮』朗読
        出演:末森樹(ギター)×山福朱実(朗読)

     ★9月23日(日) 18:00〜
      クロージングバーティー 参加費 1000円
      *投げ銭『水はみどろの宮』朗読ライブ
       出演:末森樹(ギター)×山福朱実(朗読)
うらんたん文庫 クロージング


 会 場:うらんたん文庫
     811-3222 福岡県福津市津丸1020/urantan 55@gmail.com
     (東福間駅から徒歩8分)
    *催しのご予約はFacebookページへのメッセージ、メールへ
     件名→日にち、本文→ お名前、人数、ご連絡先 を明記して。
     駐車場に限りがあります。お車の方は必ずご予約ください。

     

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*『水はみどろの宮』挿絵原画展での売上の一部を石牟礼道子資料保存
 会へ寄付いたします。展示ご希望の場合は遠慮なくご連絡ください。
 前会場は東京 練馬・大泉図書館でした。


(09:08)

2018年09月22日

緑さん
病院の帰りに築100年を超える上野海運ビルを丸ごと使ったイベント”若松ベイサイドマルシェ”で”千石の唐揚げ”と、カレー居酒屋エンフクの”若松トマトカレー”を食べ、バスに乗るべく若松渡場に寄って、父が大昔に描いた、経年で色褪せた火野葦平文学散歩地図を背に記念写真を撮る緑さん。
母が若松渡場まで来るのは何年振りでしょう。
今日は調子が良くてたくさん歩きました☀️

(09:57)

2018年09月20日

もう日にちがない、夏も終わる!というので、毎日曇りがちの空を見上げ、晴れ間がチラッと見えたのでエイヤっと秘密の海岸へ出掛けました。
流木

バス停で
目的は10月に控えた三人展の展示用の流木。
メキシコからやってくる竹田邦夫氏の彫銀アクセサリーに似合うよねと、だあれもいない砂浜で拾い集めて参りました。

完全な遊びはなかなかできない忙しい日々。帰りのバス停で相方が帽子に挿してくれた朝顔が綺麗で癒されました。頑張ル!

(15:19)

2018年09月17日

スパティフィラム
百合ヶ丘から一緒に引っ越してきたスパティフィラムが元気です。
白からだんだん黄緑色に変わっていく花もどきがとっても綺麗。
花粉もいっぱい出していますね。
おもしろい形だなあ。

(09:40)

2018年09月15日

ハバネロの花
普通の唐辛子はとっくに収獲したけれど、メキシコ産ハバネロは咲いたばかり。収獲まで漕ぎ着けられるのか!

しかし、唐辛子より黄緑がかった可憐なこの小さな花が、あの殺人的激辛の果実になるのだから不思議です。
他人事じゃない気がするのは勘違いか…

(09:42)