2007年04月05日

aa93bf8c.jpg
石牟礼道子さんの書いた空想物語。
 「水はみどろの宮」1997年発行
       平凡社 刊/1890円

突然「当たりました」と贈られた
天からのギフトとでも言うべき本。
こんなことってあるんですね。
不思議でたまりません。


きっかけはmixi。石牟礼道子さんのコミュニティを見つけ、近況がわかる
かな?と軽い気持ちで入りました。
管理人さんはたいそう丁寧な方で、御本人に会いに熊本まで行ったり、
皆さんに呼び掛けて傘寿のお祝いを贈ったりなど、積極的に活動されて
います。その傘寿を記念したコミュ参加者対象の本のプレゼント企画に、
まったく活動に参加していない不届き者な私が何故だか当選してしまっ
た。そんな経緯で「水はみどろの宮」が私の元へ届きました。

チラリと頁をめくったが最後、そのまま没頭読破。感動嵐の雨霰。
現世のものとそうでないもの、現在とそうでない時間が行き来する、不
思議なようで当たり前の日常を生きる命。変わらぬ自然と生き物の温も
りを強烈に与えてくれ、全ての生きとし生けるものに深く敬意を表す気
持ちがいっぱいいっぱいに高まりました。甘いところがまるでなく、生
きる勇気がふつふつと湧き出す物語。

今現在の私にハイこれ…と、必然で届いたとしか思えない。
この物語を紡ぎ出してくださった石牟礼道子さんをはじめ、その石牟礼
さんに中学生時分に会わせてくれた私の両親、そして今回のこの繋がり
を与えてくださった皆さんに心から感謝したいと思います。
素敵な物語です。是非読んでみてください。



☆石牟礼道子
1927年、熊本県天草郡生まれ。谷川雁らの「サークル村」結成に参加。
1969年講談社から、水俣病を世に知らしめた作品『苦海浄土』(現在講談社文庫に収録)を処女出版、第1回大宅壮一賞受賞辞退。
「自主交渉」などの行動と表現で、水俣病問題に精力的に関わる。
1993年には『十六夜橋』で紫式部賞受賞。2001年度朝日賞受賞。



(15:40)

2007年04月04日

786a6c92.jpg突然だけど私の使っているグラス。
ボダムのダブルウォールグラス。
知ってる?
私はもうずうっと愛用してます。

デンマークの「bodum ボダム」。
中空の二重構造グラス。
飲み物を入れた感じが素敵です。

温かい飲み物は温かく、冷たい飲み物は冷たいまま保つという、中間層に空気を含んだ二重構造。中空にすることで手のひらの温度や気温が飲み物に伝わりにくいように考えられています。中身が沸騰したまま持っても熱くないし、冷たいものを入れても露がつきにくいの。凄い!
ボダムのチーフデザイナー・山本まさと氏がデザインしたらしく、見た目もいいけど機能性抜群。

私は2年程前からCanteen キャンティーンの200mlと100mlを愛用中。
プレゼントにも最適で、皆に喜ばれました♪
もうティータイムには欠かせませんのよ。ほほほ。


ADD KITCHEN アドキッチンのbodumダブルウォールグラス
http://item.rakuten.co.jp/add-kitchen/c/0000000760/




(01:42)

2007年04月02日

7ff08c13.jpg3月の終わり頃、
まだ2~3分咲き位の桜を鑑賞
しようと出掛けた公園で
インコの群れに遭遇!
この野生インコの群れは数年前
にも目撃しており、キーキー鳴
き群れて騒ぐその姿に、
は?ここは日本?
と興奮が収まらなかった記憶。

午後5時過ぎた頃でしょうか。
突然20羽以上のインコが方々から飛んで来て、ちょうど私が眺めていた
桜の木の上に集結しました。
そして次々に花を落としていくではありませんか!
咲いた花の茎に蜜があるのか、その部分をつついて切り落とす。その数
とつつく早さで、吹雪のように花が降る。花びらじゃなくて花そのもの
が、クルクル回りながら一定時間延々と大量に落ちて来るなんて…
降り注ぐ花を際限なく手で受け止めながら、幻覚じゃないよね?たかが
カンビール1本で…と、あたふたオロオロ。

20分くらいは続いたかなあ。桜の花は災難だけど、私はお天道様から祝
福を受けたような幸せ気分で一杯。
「この3日間、毎日こんな調子なのよ」と、山盛りの花を抱えた女の子の
お母さんが教えてくれました。
「この調子じゃ満開までもつかしら」
ホントだよなあと思い、再度、昨日見に行ったら満開の桜は堂々と咲き
誇っていたのでひと安心。今は都内中が御馳走の山だから、集中的に喰
い尽くすことはしなかったようです。

気になって調べてみたら…
「本来インド南部やスリランカに生息しているはずのワカケホンセイン
コは、主に低地の半砂漠から二次的な明るいジャングルにかけて生息し
ていますが、標高1600mのような高い場所にも分布しているようです。
日本には飼い鳥として持ち込まれたものが逃げ出したりして、1960年代
に入って関東地方などで野生化し始めたと考えられています。今まで関
東の他にも名古屋や大阪、新潟等でも記録があり、東京都では大田区の
東京工業大学構内のイチョウ並木にねぐらがあり、夕方になると1000羽
を超えるワカケホンセイインコが毎日集結します。」
とのこと。1000羽はすげえ。

温暖化の影響が着実に生態系を変えているんですね。
だけど桜のシャワーは本当にウットリでした。
インコ、ありがとう。

*画像は日本鳥類保護連盟HPから拝借。
 ここでは調査のための目撃情報を募集中だそうです。
 






(11:59)

2007年04月01日

38269d14.jpg
突然だけど私の使っている洗剤。
がんこ本舗の「海へ…」。
知ってる?
私はずうっとこれで洗濯してます。

海洋タンカーの事故処理研究から
生まれた生分解する洗剤。
1日で97%、7日で100%の生分解。
石鹸より優しい成分に加え、少量
で汚れを落とせて泡も少ないので
排水による汚染を抑えられます。


私たちが日々たれ流す汚水がどれほど自然破壊に加担しているか知ってても、清潔な生活はした〜い。
この洗剤はエコなだけでなく、良い香りがしてお洒落♪
香り成分は防腐効果の高いラベンダー、ローズウッド、ベルガモットのブレンドオイル。防腐剤を添加しないと腐ってしまうほど毒性が極めて低いために添加したのだそうですが…この香りが好きっ。

洗濯のたびにエッセンシャルオイルの香りに癒され、これ1本でシルクや毛、カシミアなどのドライマーク衣類も洗えちゃうので、余計な洗濯用品も不必要になりました。
最初は高価な気がするけれど、なんのなんの。
なんてったって気持ち良いのがたまらない。
これから洗濯量がグンと増える季節です。
是非とも使ってみてください。

詳しくは「がんこ本舗公式サイト」で。
http://www.gankohompo.com/products_l_umi.html

(00:32)

2007年03月28日

4eda2fd8.jpg
本日、見本が届きました。

農文協のつくってあそぼうシリーズ
25『茶の絵本』
増澤武雄 編/税込定価1890円

お茶の歴史や、
同じ茶葉を使っての煎茶、包種茶、
紅茶の作り方などがイラストで
詳しく説明されている絵本です。


まだ販売されていませんが、近いうちだと思います。
興味がおありの方は書店かネットで…
http://www.shop.ruralnet.or.jp/genre.php?mode=detail&id=01654244&b_no=01_4540062204
どーかひとつ、宜しくお願いいたします。

(13:19)

2007年03月26日

3b355a91.jpg
こないだのこと。
『ヤマネコ毛布』を旅に出したら、
代わりのネコがやってきました。
しなやかで強くて艶やかな、
白銀という色をまとったネコ。


ぱくきょんみ詩集
『ねこがねこ子をくわえてやってくる』
2006年9月発行/税込定価2520円
オブジェ=勝本みつる 装幀=岡崎乾二郎


ぱくさんとお逢いしたのはいつのことか…10年経つかどうかだと思うのですが、詩人の岸田衿子さんのホームパーティにお呼ばれして嬉々として出掛けたときのこと。
韓国の薬飯(ヤクパプ)を包みから解いて広げている、知的な女性がぱくさんでした。
その薬飯の美味しかったこと!

韓国では旧暦新年初の満月の日に食べる行事食のひとつだそうで、あずき、金時豆、栗、なつめ、ぎんなん、くるみ、干しぶどう、松の実などが入った、黒砂糖&蜂蜜入りのほんのり甘い餅米ご飯です。
こんな美味しい料理ができるオトナの女性に、ただもう、うっとり。
私は「美味しかった、凄かった」としつこく言い続け、女性友達が共通の知人だったということも手伝って、それ以来、時々お手紙など頂けるようになりました。

そして、紡ぎ出す詩が素敵!
今回の私の絵本についても嬉しい感想を頂きました。
「旅に出るひとに、別れゆくひとに、刺しゅうをしたり、布をつないだり、そういう贈りものをする…世界中にある習わし…その原点にある心を久しぶりにたどったような気持ちです。」
そして詩集には薬飯のレシピがはさまっていたのです。感動。

ネコ交換で頂いた詩集の中で、今はこの詩に惹かれています。
全体の紹介はできないので一部だけ…
********************************

葉桜やふこ

(前詩省略)
わたし、桜の木でした。
あなた、つわぶきでした。
近くでひっそり、
息づいて、
いたかった、
ゆきのした、
どくだみ、
日蔭の白い花だもの。

葉裏をひっそりとめくってごらん
どんなことばにも
共鳴する骨の絵がかかれているだろう
幼いころは
しゃがんでみると
花茎の伸び具合もちょうどよい高さになって
はすかいに広がる空が青く深まってゆくから
はにかんで地面に下駄の歯を立てていたのは
そうでもしないと空の底に落ちてゆきそうで
葉裏の骨の絵を指でなぞりながら
ここにもことばの崖があることを
しんとして想いなやみもしていた

只の葉っぱの、やふこ
枝葉にすぎない、やふこ
言の葉をすり抜け、やふこ
葉桜にあって
親指にあって
小指になくて
光にあって
音にあって
やふこ、
これからは姫と、
そう呼んでみようではないか

********************************

☆ぱくきょんみ
詩人、翻訳家。詩集『そのコ』『すうぷ』エッセイ『庭のぬし 思い出す英語のことば』『いつも鳥が飛んでいる』訳書ガートルード・スタイン『地球はまあるい』『地理と戯曲 抄』(共訳)マザーグース『月なんかひとっとび』絵本『れろれろくん』など。



(00:41)

2007年03月25日

07787202.jpg
前の日記で紹介した神屋さんには、
昨年12月のビリケンギャラリーで
開催した「ヤマネコ毛布展」の取材
もして頂いていたので、その記事も
ついでに紹介したいと思いまーす。

実家や父に触れるなど、面白い内容
にまとめてくれています。
長いけど、興味を持ってくださる方
は読んでみてくださいね。


******************************

2006年12月8日 西日本新聞
『孤独意識して十全な生を』
木版画の世界に重心 

 北九州市若松区出身のイラストレーター、山福朱実さんが木版画の世界に重心を移し、活動を広げている。都内で開催中の個展では「ヤマネコ毛布」(16枚)と題した連作を発表、懐かしく幻想的な作風で動物の世界を描きながら、人間社会の風刺もにじませている。
 「ニンゲンと暮らしたくなった」とヤマネコは住み慣れた森を出て旅に出ようと決心。打ち明けられたハリネズミが森の動物たちに布と針を配って、それぞれの思い出を刺しゅうして毛布の贈り物を作るという物語だ。
 ヤマネコと動物たちとの関係は多様で、楽しい思い出もあれば苦い思い出もある。例えば、ハリネズミはヤマネコと語り明かした夜に「君はおいしそうだけど、針が邪魔だよ」と言われたときのヤマネコの目の光が忘れられないという。作品の下に付けられた、物語のそんな冗談ともつかない言葉に、見る側はドキッとする。「友情ってそんなもろもろをひっくるめたものだと思う。みんな仲良くとか助け合ってとよく言うけれど、どこまで一緒にできるのか。人はしょせん孤独だと思う」
 決して厭世観から来る否定的な「孤独」ではなく、自分を助けるのは結局自分、何事も自分で引き受けて決めていかなければならないという自覚、孤独を意識してこそ生が十全なものになるという肯定的な「孤独」だ。何かと「孤独」を排除しようとし、過干渉で他者への依存傾向を強める今の時代批評ともとれる。

 父は印刷所経営で絵草紙作家として著名な故山福康政さん。意外にも、朱実さん本人は幼いころから絵を描いていたわけではない。高校卒業後、舞台女優を目指して上京。劇団研究生を経て、「筑豊」などを撮り続けた写真家の本橋成一さんの事務所に入ったのがきっかけで、23歳のころ描き始めた。「猫柳あけみ」の筆名で雑誌や書籍にイラストルポやカットを発表。生前、注文された印刷物に無料でカットを入れ続けた康政さんは「カットで金をもらうとはいい根性してる」とまな娘を見守ったという。
 木版画を始めたのは3年前。ある木版画展を見て試しにやってみて「紙に直接描くよりも性に合う。もともと印刷屋だから刷る行為も好きだし」と没頭するようになった。すでに昨年末に出た小川未明の童話「砂漠の町とサフラン酒」(架空社)に続き、作家姜信子さんの新刊「うたのおくりもの」(朝日新聞社)にも作品が採用された。
 動物や自然など木版画で扱う素材はかわいらしく、ほのぼのとした温もりも漂う。だが、「幼いころから甘い話が苦手。暗い辛い話のほうが好きだった」と述懐する朱実さんが紡ぐ物語は、どこか冷めた目線を感じる。
 「人間だということでおごってはならない。微生物と同様、生かされているんだ」。そんな康政さんの人生観がその底流で受け継がれているようだ。(神屋由紀子)


(00:40)

2007年03月24日

ac044b3a.jpgあまりにも嬉しかったので
書かずにはおれませんでした。

本日、突然届いた大きな包み。
な、なんなのぉ?と送り主を見たら、
堀内路子さんではありませんか!
路子さんがナニを?何故っ?

大興奮してバタバタと震える手でダンボールを開けると、そこには紙!紙がぎっしり!
かなり高級そうな版画用紙です。だけど手紙も入ってないし…
どゆこと?
速攻で電話をしたら「娘達と堀内の持ち物を整理してて、紙は朱実ちゃんに送ることになって」とのこと。

ちゅうことは、この紙…堀内誠一さんの形見…ってこと?だよね?ね?…ぐぶっ…卒倒しそう。
電話を切ってから部屋中を駆け回りました。
興奮が収まらないというやつです。

堀内誠一さんは平凡出版(現マガジンハウス)の雑誌「アンアン」「ポパイ」「ブルータス」「オリーブ」のエディトリアルデザイナーとして平凡出版、ひいては日本の若者文化としての雑誌の黄金期を築いたという凄いお方です。膨大な作品もさることながら、その生き様もまた破天荒でウットリの歴史上の人物。

本当に残念でたまらないことですが、生前のお姿は噂だけで、私は一度もお目にかかることはありませんでした。
友人のスズキコージ画伯の紹介で、奥様の路子さんと娘さんの花子さんたちにお会いする機会が持て、それ以来一方的にお知らせを送ったり、堀内誠一さんを偲ぶ会にも数度参加させて頂くなどの形でお付き合いをさせて頂いていました。

そして突然どおんと届いた紙の山!
もう何と言っていいか…言葉に詰まります。
この紙、この大きな迫力ある紙…必ず使わせて頂きます。
紙をテーマに作品が生まれそうな気持ちです。


☆金子功のピンクハウス百科事典/堀内誠一
 http://www5a.biglobe.ne.jp/~wo-house/horiuti.htm







(20:19)
b6845734.jpg
2007年3月21日の西日本新聞に、
絵本刊行の記事が掲載されました。

取材してくれたのは、東京支社の
神屋由紀子さん。
以前、ビリケンギャラリーで開催
した個展も大きく取り上げて頂き、
その視点の的確さには、毎度毎度感服させられています。

ってわけで、掲載記事をここに記載したいと思います。
ご一読くださいませ。

********************************
版画絵本「ヤマネコ毛布」を刊行

北九州出身 山福朱実さん

 北九州市若松区出身のイラストレーターで版画家の山福朱実さんが版画による絵本「ヤマネコ毛布」をパロル舎から刊行した。昨年12月の個展で発表した作品を一部変更してまとめた。
 ヤマネコから旅に出ると告げられたハリネズミは、森の仲間に思い出を刺しゅうで描いた毛布を贈ろうと呼び掛ける。必ずしもいい思い出とは限らない。さまざまな思い出が詰まった毛布で旅に出たヤマネコは眠るという話だ。
 個展を見たパロル舎の編集者が出版を企画。個展ではヤマネコが人間と暮らしたくなって森を出ていく設定だったが、本では森を出る理由も目的もあえて明示しなかった。「読む人に疑問を残したほうがおもしろいから」だ。版画は一色ずつ印刷していく「特色刷り」で仕上げ、微妙な色合いを出した。
 16日に都内で開かれた出版パーティーでは、友人の絵本作家スズキコージさんが山福さんの生家が印刷所であることに触れ、「印刷所の娘だけに版画(という表現手法)に来たのが分かる。情熱あふれる版画だ」とあいさつ。本の装丁を手掛けた小林敏也さんは「終わりがめでたしめでたしという絵本も多いが、人間はハッピーエンドばかりではない。また、ヤマネコが森を出る理由も示されず、読者は戸惑うだろう。そういう意味で人々におもねっていないのがいい」と話していた。



(00:29)

2007年03月23日

8282157d.jpg
都内の空地で土筆発見!
買い物帰りの夕刻に見つけ、
針金の柵を無理矢理くぐり、
空が暗くなるまでの20分間、
がしがし穫りまくりました。

夕飯に春の味覚が1品加わり、
とっても得した気分。
土筆のあの独特の歯ごたえと
苦みが大好きなんです。


小さな頃は父に連れられ、近所の高塔山に土筆を穫りに行ってました。
子どもの私にはあの美味しさはよく解らなかったけど、ハカマを丁寧に毟っていく気の遠くなるような作業が大好きで…そう、小さなときから「先の見えない仕事」ってのが好きでした。
そのハカマ取りに没頭できたことが、本日1番の収穫。
春の散歩と父の笑顔、母の料理と家の匂いを思い出しながらの作業は「癒し」そのもの。

神様から小さなギフトを頂けた、心地良い1日に大感謝です。



(01:53)

2007年03月17日

cf401bc7.jpg
東中野ポレポレ坐の1Fを貸し切って
『ヤマネコ毛布』出版記念パーティを
やっていただける運びになりました。
ときは3月16日金曜日 19:00〜23:00。
昨夜のことです。

すべてが嬉しく、感動的でした。
私の中に幸せの空気が充満しすぎて
うまく言葉にすることができません。



映画監督&写真家の本橋成一さんと歌手の白崎映美さん(打ち合わせナシで突然ごめんね!)の司会で驀進進行した宴会は、フードコーディネーターwatoちゃんの美味しい料理が並べられた会場で始まりました。
ビール数箱にワイン1ダースと焼酎6升が軽く空いてしまう皆さんの呑みっぷり。スタッフ込みで80名以上が喋りまくりながら遊んでくれていたようです。

装幀を手掛けて頂いた小林敏也さんの乾杯の音頭の後、パロル舎と私の橋渡しをしてくださったフリー編集者の近藤志乃さんや、陶芸師匠の南椌椌さんのスピーチも加わり、会場は上機嫌。

ミュージシャン&絵描きの原マスミさんのギターと、沢田としき画伯の即席ダンボールカホンの伴奏で、赤ん坊を抱えたスズキコージ画伯が歌い、憧れの女性歌手である中山ラビさんと白崎映美ちゃんも痺れる歌声を堂々披露してくれました。
もちろんタダで! 笑。

なんてすんばらしい宴会!素敵すぎ!
何の目的で集まっているのかなんてことは、もーどーでもよくなっちゃいました。

10代のときからの芝居仲間も駆け付けてくれ、絵描きにミュージシャン、映画監督に写真家、物書きにダンサー、編集者にフリーター、料理人に教師、産まれたての赤子に88歳の絵本界の大御所さん…
有象無象の物創り系濃厚人間たちがごっちゃごちゃにそこに居て、満面の笑みを投げかけてくれました。
ああ。生きてて良かった。


開場30分前。私には連絡のひとつもなしに、薔薇の花を3本持った母が突然現れました。驚かそうと思って…って〜、もう!マジで心臓が止まるかと思いました。 忙しいって言ってたのに。九州から何時間もかけて、このバカ呑み宴会のために?
とにかく泣きました。嬉しくて。バカ!って思って。

この宴会を無理矢理に開催してくださった本橋成一さんを始め、
いらしてくれた皆々様、本当に本当にありがとうございました!
心の底からありったけの御礼を、声を限りに伝えたいです。


これからも幸せを分け合いながら、山盛りに遊び続けましょうね。
なんてったって我々は、楽しむために地球にやってきたのですから。

(12:25)

2007年03月14日

fd4e69bf.jpgこのところの空気は
じわりじわりと春ですね!

左は「ヤマネコマント」
右は「ヤマネコマクラ」
サイズは縦80×横60mm。

知人宛直接販売『ミニ版画付き梱包送料込み2100円!』の
ミニミニ木版画が2種類出来ました。

この販売は直接連絡がとれる知人や、そのお友達等に直接販売し、数に限りがありますが、こだわりの小さな絵本屋さんではミニ版画付き販売もして頂けるかもしれません。
そういった情報はまた改めてお知らせします。

ご注文頂いた方々に、ようやく発送できます。
長らくお待たせいたしました!


引き続き…
★『ヤマネコ毛布』パロル舎 刊★
=================================
A4判上製40頁/定価1680円/07年2月25日 発売!
http://item.rakuten.co.jp/book/4314859/
初の創作絵本です。どうぞよろしゅうに。





(13:28)