2017年04月27日

チュウリップ

庭の花がどんどん華やかになってきています。
引っ越しのボチボチ準備の中で様々な想いが巡りつつ、明けて本日4/27
は相棒の7度目の命日(亡くなった年も数えるのだとしたら8度目)なので、
雨でもやっぱり彼が好きだった炭火焼きをしたいなあという気持ち。
この庭が更地になると思うとなかなかツラいけれど、今の急流に逆らえ
ない私なのだから、ざわざわする気持ちを笑いで包む技をもっともっと
磨くのよ、そんなふうに精一杯やっていくのですよっ、と改めて。
先月この庭から移植した木香薔薇に、昨日、新芽が出ましたよ〜と報告
を受けて、とっても嬉しくなりました。
もしも運命というものがあって、何もかもが最初から決まっているのだ
としても、折々で泣いたり怒ったり笑ったり驚いたりしながら、その不
思議を楽しむことができたらなあと思います。怖いけれどみんな平等。

今日は午後から現相棒が炭火焼きの準備をしてくれるようです。
Todo cambia. すべては変わる。なのですよね。
夜中なのに、あの歌を口ずさみたくなってしまいました。

(01:17)

2017年04月25日

水はみどろの宮*ビブリオDM

================================
          石牟礼道子 作*山福朱実 画
  『水はみどろの宮』挿絵版画展*東京 国立 ギャラリービブリオ

================================

 七つになるお葉が、山犬らんに導かれて入った山の懐。
 山の湖の底深く「水はみどろの宮」の穢れを祓う、千年狐のごんの守
 と出会ったお葉は、山の声が聞こえるようになった…。
 水俣病を描いた『苦海浄土』で知られる石牟礼道子さんが子どもたち
 に贈る珠玉の物語『水はみどろの宮』(福音館書店)。
 
 *展示する46点の挿絵原画は木版画と紙版画で製作しており、限定数
  で販売。売上の一部を熊本震災の義援金とさせていただきます。

 期 間:2017年4月13日(木)〜25日(火)
     11:00〜19:00/水曜定休/入場無料
 催 し:『水はみどろの宮』朗読ライブ
     山福朱実 (朗読 歌)×末森樹 (ギター)
     日 時:4月22日(土) 18:30開場 19:00開演
     参加費:2.000円/定員25名/要予約
 会 場:ギャラリー BIBLIO ビブリオ
     186-0004 東京都国立市中1-10-38/042-511-4368

水はみどろの宮enビブリオ


*『水はみどろの宮』挿絵原画展は、熊本震災支援も含めて巡回させる
 所存です。ご希望があれば遠慮なくご連絡ください。
 前会場は佐賀・伊万里図書館でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
”熊本、文学の光”について
熊本大地震で「橙」という名の小さな書店が被災しました。
そこは「自由な書き手のささやかな発信の場」として、渡辺京二さんや
石牟礼道子さんが明日の言葉の紡ぎ手たちに寄せる思いを受けて2016年
2月に創刊された雑誌『アルテリ』の編集室でもあり、詩人・伊藤比呂美
を隊長とする「熊本文学隊」の本拠地でもありました。
震災直後から現在に至るまで、橙書店には、心のよりどころを求めて実
に多くの熊本の人々が訪ねてきたといいます。そこには、石牟礼道子さん
や渡辺京二さんが言うところの「かすかで美しい声」「文学という光」
の「場」があったのです。それは、橙書店に集う人々が大事に守り育てて
きた「場」でもありました。
今だからこそ、そんなひそやかな”声”や“光”の息づく「場」をしっかりと
守り育てたい。そうして震災に傷ついた魂や心たちへと力を贈りたい。
「熊本、文学の光」はそのために、橙書店を拠点に、伊藤比呂美、若松
英輔、山福朱実、姜信子らによって立ち上げられた支援活動です。
支援金は熊本文学隊が責任をもって管理し、震災によって大きなダメー
ジを受けた熊本の文学の場を再生させてゆくために運用します。

(00:17)

2017年04月24日

武田百合子「あの頃」
昨日のビブリオでご来廊くだ
さった方々と談笑や打ち合せ
をしていたとき、私の周りに
は少ない上品な女性が現れ、
何か間違っていらっしゃった
のかしら?と様子を伺ってい
ましたところ、おもむろにこ
の本を…武田百合子さんの単
行本未収録エッセイ集を取り
出し、近所で読んでいて山福
康政という名前が出てきたの
でどんな人だか検索したら、
この人に娘がいて、ちょうど
国立で展示中だと知って来た
…と仰ったのです。
「あの頃」本文
信じられない!私この本知ら
ないしー!と、鼻血が出そう
に興奮しました。
それもそのはず、「生前出版
した作品集以外は決して書籍
にしないこと」の遺言の禁を
死後四半世紀にして解き、娘
の花さんによって出版された
ものだそうで…愕然!もうど
う考えても父の仕業です。
そしてこの本を届けてくだっ
さった女性は何かの化身であ
ると断言したいです。
ギャアギャア興奮している私
に、記念にどうぞとこの本を
くださったのですよー2800円
もする本を!なんてことっ!

*武田百合子 著/武田花 編集『あの頃 - 単行本未収録エッセイ集

がんばって展覧会やっててよかった…泣。
ビブリオ店主の十松さんに感謝感謝感謝!
展示は4/25まで!今日と明日でお終いです。
しかも今展も石牟礼道子さんの物語の挿絵…これも父の繋がりからここ
まで辿り着いたという、父が泣いて喜んでくれたであろう仕事なのです。
お時間ある方は是非〜来廊は午後4時なら確実です。
水はみどろの宮 挿絵版画展08*国立・ビブリオ


(12:06)

2017年04月17日

oha96
『おそい・はやい
 ひくい・たかい』

 No.96
  いまどきの反抗期
  親へのアドバイス

    
責任編集:岡崎勝
ジャパンマシニスト社
2017年3月刊/1296円
ーーーーーーーーーーー
創刊からイラストを描い
ている雑誌『おそい・は
やい・ひくい・たかい』
略して『お・は』は創刊
16周年を迎えました。
広告は一切なく、スポン
サーは読者だけ。今後も
宜しくお願い致し〼!

***********************************************************************************

様変わりしたその時期。
まず、その子その子で変化の年齢に幅があり(すぎ!)、
10歳くらいから生意気な口をきき
15歳をピークにときには壁に穴を開けたりは、
そう心配はない。少しの時間を待っていればいい?

けれど、まだ10歳なのに嘘とごまかしに長けてびっくり、とか。
15歳の春、突然にリスカが始まった、とか。
20歳で「もう大人だね」といった途端に夜遊びデビュー、とかとか。
25歳のある日、「退職してのんびりしたい」と実家に出戻って。
30歳で「親に虐げられていた」と絶縁…なんてことだ!

その出方も良くも悪しくもバラエティにとんで、
親世代は後悔、懺悔、憤怒、涙も枯れる。
反抗期、親子関係を 深く深く掘り下げた特集。
困ったときに強い味方の「お・は」!

================================
*お・は No.95
*表紙を担当している号は樹の実工房HPで。

oha96


(22:16)

2017年04月16日

シマネコブックストア

2015年春から関東と関西の8ヶ所を巡回していた『ヤマネコ原画の旅』
は現在、無期限で九州巡回の旅を続けています。

 *特設サイト ヤマネコ毛布絵本原画*九州の旅 
 *Facebookイベントページ *熊本震災義援金のお願い

================================
        *ヤマネコ原画 九州の旅 Vol.37&38*
山福朱実『ヤマネコ毛布』絵本原画展☆門司港 シマネコブックストア
================================

 期 間:2017年4/8(土),9(日),12(水),15(土),16(日)
      12:00〜17:00
     → 4/21(金)〜23(日)はVol.30下関・バグダットカフェへ!
     21(金)&23(日) 11:00〜16:00/22(土) 11:00〜19:00

 催 し:*4/9(日) 14:00〜15:00 「絵本 ヤマネコ毛布朗読会」
      朗読:鍬塚聰子+リコーダー演奏:笛田千裕
     *4/16(日) 14:00〜15:00 山福朱実 サイン会&お話会
      両日とも先着20名・参加費1000円

 会 場:門司港 シマネコブックストア
     801-0864 北九州市門司区老松町2-11/090-5938-8009
     下関 バグダットカフェ
     750-0009 下関市上田中町2-17-25/083-223-5361

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  絵本「ヤマネコ毛布」は、2007年にパロル舎から出版された
  ものを印刷方法を変え再編集し、広松由希子さんセレクション
  「ずっと残したい絵本」シリーズの第2弾として復刊ドットコム
  から2015年2月に復刊されました。
================================
*『ヤマネコ毛布』原画展のひとつ前の会場はこちら
*もう少し続く『ヤマネコ原画九州の旅』…詳細はこちら
*Vol.1〜8までの本州『ヤマネコ原画の旅』…詳細はこちら

(08:32)

2017年04月13日

アンジェリケ
最近続いた雨に打た
れながら咲き始めた
チュウリップたちを
晴れ間に撮影。
今年は新しい球根は
ひとつもなく、古い
球根ばかりなのに、
なかなか良い感じに
咲いてくれておりま
す。うっとり。
八重咲きチュウリップ


(07:17)

2017年04月07日

冬咲きクレマチス
冬咲きのクレマチスがいつの
間にか花をつけていました。
鐘のように下向きに咲くので
見逃してしまいがち。

八重咲きヒヤシンスは堂々 ↓
ヒヤシンス
古い株から毎年花を咲かせてくれます。



(10:00)

2017年04月05日

緑さん土筆とり
数年前のお正月に遊び
に来ていた母が突然倒
れて救急搬送された病
院へ、最後の検診に行
きました。すべて順調
で特に問題もなく、現
状維持でがんばりまし
ょうね、という診断。
これからは地元の北九
州で様子をみます。

病院からの帰途、立入禁止の柵の中に土筆を見つけた我々は何の躊躇も
なく立ち入って、しっかり収獲して帰りました。
幼い頃はいつも父と土筆を採り、ドッサリ持ち帰ってふたりで袴を取る
と母が調理してくれて…思い出を調味料にして大御馳走となりました。
だから私はほんとにほんとに土筆が好き。ほろ苦さがたまりません。


(19:30)

2017年04月03日

鈴蘭水仙
水仙たちが続々と咲いてくれ
ています。かわいいですね。
←鈴蘭水仙

濃厚な香りの ↓ 房咲き水仙
房咲き水仙
4年前に咲き終わりの球根を植
えておいたのですが毎年は咲
かず、葉っぱばかりでどうし
たものかと案じていた八重咲
き水仙が今年はどんどん咲いています。最後だから嬉しいな。
八重咲き水仙たち


(09:03)

2017年03月30日

ムスカリ
昨日の救出作戦の大騒ぎも、
なにもなかったかのように、
残っている植物たちはぐんぐ
ん育って開花をはじめます。
今日はムスカリが元気満々に
顔を並べて伸びています。
ムスカリ畑
八重系の水仙も蕾が膨らんで
きましたよ〜楽しみ楽しみ♪

(11:34)

2017年03月29日

植物救出作戦
とある筋から現貸家が更地に
なって分譲されるという情報
が耳に入り、様々な想いを抱
えながら心を込めて育ててき
た庭の植物たちを、なんとか
死なせないで移植できないも
のかと悩んでいたところに、
Facebookで友だちになってい
た市川幸平さんが高齢者施設
の庭に!と、いくつか救出し
てくれることになりました。

昨日はその救出作戦第一弾!
救出できた植物たちは…
ジャスミン、コデマリ、マス
木香薔薇救出
カット2本、薔薇5種、木
香薔薇(既にプクンと膨
らんだ蕾を抱えた巨大な
木香薔薇は、なるべくそ
のままで…と、少量剪定
でクルクル丸めて車の荷
台から助手席まで詰め込
みました。凄い…)、そ
してピンクネコヤナギ、
クレマチス2種、ツワブ
木香薔薇救出
キ、ユキノシタ、アマリ
リスなどなどなど。
それに葦簀や脚立や各種
園芸用品もちょこっと。
車2台ギュウギュウで大
変な作業だったのです。

居間からの駐車場の景観
が寂しくなりましたが、
命が護られてひと安心。

2016年 木香薔薇
その木香薔薇の見目麗
しき昨年のお姿。↓ →
2016年 木香薔薇
ジャスミンも巨大だっ
たけれど、そこについ
巣箱
ていた巣箱も一緒に連れ帰ってくれ
ました。久し振りに外すと、昨年の
まま掃除をしていなくて…こんな。
この巣箱で何羽の四十雀が巣立って
いったっけなあ…としみじみ。
ジャスミン巣箱








市川さん、小山さん、お疲れサマでした!道中くれぐれもご無事で〜。
第2弾ではオリーブ、柘榴、枇杷、赤と白の南天たちを救出していただこ
うと思っております。
みんな新しい土地で元気に生きていってねT∀T

(12:15)

2017年03月27日

花殻


(11:14)

2017年03月24日

原種チュウ
原種系チュウリップ
がアネモネより先に
目覚めて早々と咲い
てくれています。
昨年の球根の発芽率
は100%!偉い!
←この画像はなんと
もチュウリップらし
い景色ですねえ。
可愛くてウットリ。

原種チュウ
咲き始めを上から
撮るとこんな感じ
でまた別物。→
なんとな〜くクロ
ッカスに似ている
気がします。
原種系の球根は植
えっ放しで大丈夫
らしいので無精な
園芸家さんにおス
スメでござーい。

八重チュウたち
八重系チュウた
ちの花壇もグン
グン背を伸ばし
て蕾を抱え始め
ましたよ〜。

先に帰郷する母
に楽しんでもら
えるかハラハラ
ドキドキの日々
であります。

(11:49)

2017年03月22日

ヤマネコ毛布

2015年春から関東と関西の8ヶ所を巡回していた『ヤマネコ原画の旅』
は現在、無期限で九州巡回の旅を続けています。

 *特設サイト ヤマネコ毛布絵本原画*九州の旅 
 *Facebookイベントページ *熊本震災義援金のお願い

================================
        *ヤマネコ原画 九州の旅 Vol.36*
 山福朱実『ヤマネコ毛布』絵本原画展☆北九州市立若松図書館
================================

 期 間:2017年3月1日(水)〜30日(木)
      9:30〜19:00/土日休 9:30〜18:00
 会 場:北九州市立若松図書館
     808-0034 北九州市若松区本町三丁目11番1号 
          ベイサイドプラザ若松3階/Tel.093-761-2942

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  絵本「ヤマネコ毛布」は、2007年にパロル舎から出版された
  ものを印刷方法を変え再編集し、広松由希子さんセレクション
  「ずっと残したい絵本」シリーズの第2弾として復刊ドットコム
  から2015年2月に復刊されました。
================================
*『ヤマネコ毛布』原画展のひとつ前の会場はこちら
*もう少し続く『ヤマネコ原画九州の旅』…詳細はこちら
*Vol.1〜8までの本州『ヤマネコ原画の旅』…詳細はこちら

(08:20)

2017年03月20日

ピンクネコヤナギ
←これはピンクネコヤナギが
咲いた状態…毎度のことなが
ら面白い様子です。

ネコヤナギは雄と雌がいて、
我が家のはたぶん雄株。先端
に葯がついた小さなにょきに
ょきは雄しべだそうで、濃い
ピンクから黄色に変化してい
きます。夜に活発になるウニ
の触手を思い出すから好き。

大切に愛でてきた猫柳さんに
も貰い手が現れました。
樹の実工房での最後の時間。

(10:57)

2017年03月19日

那珂川町図書館

================================
           山福朱実 原画展
    『砂漠の町とサフラン酒』『地球と宇宙のおはなし』

================================
  
  小川未明『砂漠の町とサフラン酒』(架空社)
  チョン チャンフン『地球と宇宙のおはなし』(講談社)
  木版画で描いた2冊の絵本原画を展示いたします。

 期 間:2017年3月7日(火)〜20日(月祝)
     平日 10:00〜18:00/金土 10:00〜20:00/月曜休館
 会 場:那珂川町図書館
     811-1253福岡県筑紫郡那珂川町仲2-5-1/092-954-3737

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(08:35)

2017年03月18日

クリロー黄緑
いつも俯いてばかり
のクリスマスローズ
を下から撮ってみま
したら、そこは知ら
ない世界でした。人
の体で下から見上げ
ることができないの
でこの景色は新鮮!
なかなか妖艶で素敵
…絵画のようです。
クリロー艶姒
クリロー八重白


(11:07)

2017年03月15日

桜ん坊
さくらんぼの花が満開です。
この花がこの後おいしい果実
なるというのがまた、何倍も
愛おしくなる理由ですわ〜。
庭にぼんやり立っていると、
ふわりと美味しそうな香りが
漂って来たりして、世間様よ
り一足早いお花見の気分。
日に数度、メジロ軍団が蜜を
食べに来る姿も可愛くて、
あれやらこれやら楽しませて
いただいています。

この桜の樹ともお別れだなん
て…涙ちょちょぎれ。




(10:37)

2017年03月10日

桜ん坊
桜ん坊の蕾が膨らん
で今にも咲きそう!
昨年はひと粒残さず
ヒヨドリに食べ尽く
されたので、今年は
戦う気まんまん。
せめて丼一杯は食べ
たいものです。と、
花が咲く前から宣言
する食いしん坊。

日本水仙
先月から咲き始めた
日本水仙もそろそろ
盛りを過ぎた気配。
咲いた端から切り花
にして祭壇で楽しま
せてもらいました。
花瓶の花が切れない
季節の到来ですね。
チュウリップの芽も
そこかしこに!

地植えのアネモネ
昨秋はひとつも植え
なかったけれど、前
年の球根がちゃんと
残っていたようで、
白いアネモネが顔を
出してくれました。
こういうささやかな
ことってとても嬉し
くて…がんばれーっ
て応援しちゃう。

蕗の薹
駐車場に続く1段しか
ない階段の合間に、
びよーんと背伸びを
した蕗の薹が咲いて
いました。逞しい!
居間から真っ直ぐに
見えるので、収獲せ
ずに観賞用として愛
でています。
なんて可愛いの♡

(08:54)

2017年03月07日

パンジー
毎冬12月になるとパ
ンジーやビオラを10
株ほど、春のための
チュウリップ花壇の
周囲に植え、殺風景
な冬の庭に少しだけ
色を加えて楽しむの
ですが、フリフリ八
重咲きのパンジーは
本当に不思議な形。

パンジー
寒い朝はティッシュ
のようにくしゃっと
地面に突っ伏してし
まうので気の毒な感
じだけれど、春にな
ったから元気満々。

それから昨秋、春に
咲く花々の球根を植
えるために土を掘り

クロッカス
起こしたときに、行
方不明状態になって
しまっていたクロッ
カスたちが、ちゃん
とあちこちから顔を
出してくれました。
ここ数日のお陽様に
照らされて、なんと
も美しい!光り輝い
ております♡

(20:46)