2013年02月24日

130224四十雀
ひと月前に母と吊るした落花
生のネックレス。
ずーっと誰もつついてくれな
かったのですが、先週あたり
から四十雀が食べに来てくれ
るようになりました。

殻を割る音がパシパシと響き
渡り、庭の風情が一層濃厚。
毎日5羽くらいの小さな群れ
でやってきます。
けれど巣箱にはまだ誰も入居
する気配ナシ。そろそろ準備
を始めてもいい頃なのにな。
優良物件ですよー!

(13:14)

2013年02月22日

 白崎映美嬢のソロ活動はあちこちで始まってますよ〜♪♪♪
 こちらの企画は私もちょびっと噛みました。是非とも!!

ポレポレ映美1
ポレポレ映美2

================================
           白崎映美 at ポレポレ坐
          ふるさとから上野をうたう

================================

 山形・酒田からガタゴトと列車に揺られ、
 上野駅にひとりの女が降り立った。
 不安を胸に抱いた東京暮らし。ふと思い出すふるさとのこと。
 そんなとき、上野駅を通りかかると、行き交う人の姿には、
 ふるさとの息づかいがあり、歌があった。
 あれから幾年月...。
 いつしかその歌は、ふるさとと私をつなぐ応援歌となった。

 上野駅の幕間に流れていた歌たちを白崎映美が歌い、
 坂本弘道(チェロ)、服部夏樹(ギター)、山口とも(パーカッション)
 とともに贈る贅沢すぎる一夜。
 30年ぶりに新装改訂版が刊行となった本橋成一写真集
 『上野駅の幕間』とのコラボレーション企画。
 見逃すことなかれ!


 日 時:2012年2月23日(土) 開場18:30 開演19:00
 料 金:前売 3.500円/当日 4.000円(1drink)
     本橋成一写真集『上野駅の幕間』付予約 7.500円
 会 場:space&cafe ポレポレ坐
     中野区東中野4‑4‑1 ポレポレ坐ビル1F
 問合せ&予約:ポレポレタイムス社 03-3227-1405
        event@polepoletimes.jp

================================


(12:40)

2013年02月20日

130220ロマネスコ
菜園のロマネスコは小ちゃく
て、いつになったら収穫でき
るのか悩ましい感じ。見事な
葉をヒヨドリにつつきまくら
れて景観も悪く…も〜ヒヨド
リ嫌い〜!勝手にここを縄張
りにして、せっかく居着いて
くれた野鳥たちを体当たりで
追い払うし、派手な糞をする
わブロッコリー系の葉を喰い
荒らすわ…で、迷惑千万!
鳥としては可愛いのに、なん
だか仲良くなれない気分。
←とはいえ、相変わらずお美
しいお姿です。うっとり。
130220蕗の薹
例年より小さいけれど、よう
やくチラホラ姿を見せてくれ
た蕗の薹。嬉しいなあ。→
130220水仙
←球根たちの中でいちばん早起きの水仙が
長い期間を経てやっと開いてくれました。
花屋の店先と違い、地植えの花はゆっくり
です。これが本当の季節感なんですよね。
庭は着実に動き始めています。

(16:01)

2013年02月19日

130219雪梅花
今朝から雪が降っているけれ
ど先日みたいには積もらない
様子。水分が多い雪なので、
樹の上などは積もる端から溶
けていき、ホッとすると同時
にワクワク感も萎んだりして
仕事に集中できません。とか
言い訳。頑張らねばっ。

たくさん積もると雪が周囲の
音を吸収してシーンとなる…
あの感じがとても好きです。
雪掻き等々色々大変だけど、
また積もってくれなかなあ。
期待してごめんなさい。

(13:52)

2013年02月18日

130217霜柱2
今日も寒いです。
← 画像は昨日の霜柱。
最長6cmを超えました。
しつこいけどここは神奈川。
こんなに寒い場所があるの
だわ〜と、毎年驚く私です。
130217水盤氷2
瓢箪池の氷 ↑。水盤の方は厚
くて割れませんでしたとさ。

(10:34)

2013年02月17日

wikiカゴ
素敵なカゴを手に入れて
使い方を迷ったまま、も
う10日近くも飾っている
のです。この直径35cm
の柳の籠はkiwiさんから
のお取り寄せ。持ち手が
樹というガッシリ具合が
何とも良い味出して〼。
まだ数個は残ってるみた
いですョ♪是非〜。

(01:33)

2013年02月15日

竹田鎭三郎DM

メキシコに行くといつもお世話になってしまう竹田鎭三郎氏が昨年秋、
メキシコにおける芸術教育の推進、及び絵画を通じた日・メキシコ文化
交流の促進への貢献を果たしているということで、日本の瑞宝中綬章を
受けました。その受賞記念展示が本日より表参道で始まります。
期間が短いので、どうぞお見逃しなく!

================================
          2012年 秋の叙勲 受賞記念
      メキシコの大地に生きる画家 竹田鎭三郎 展
================================

 竹田鎭三郎 略歴:1935年2月13日、愛知県瀬戸市に生まれる。
 1957年、東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。教員免許取得。
 1963年、メキシコに渡航。首都メキシコ シティにて国立文化博物館
 に画家として勤務。
 1978年、伝統文化に惹かれ南部オアハカ州に移住。
 翌年より現在までオアハカ州立自治ベニート ファレス大学芸術学校
 に学部長として勤務。
 2005年、同大学に学士号コース設立。
 2008年、元教え子達と共に、第1回シンザブロウ・タケダ全国版画
 ビエンナーレ主催。
 2010年、同ビエンナーレ第2回を主催。3都市にて巡回展。
 2012年、同ビエンナーレ第3回を主催。全国6都市に加え、アメリカ
 とキューバへ巡回予定。
 ベニート ファレス大学より勤続30年の表彰を受ける。


 期 間:2013年2月15日(金)〜19日(火)
     11:00〜19:00(最終日17時まで)
 会 場:プロモ・アルテギャラリー
     渋谷区神宮前5-51-3 ガレリア2F/03-3400-1995
     e-mail: info@promo-arte.com

================================

(12:08)

2013年02月14日

父絵03
本日、2月14日は
父の命日。
チョコ好きな父の
北九州の仏壇には
母も喜ぶ高級品を
送る慣わし。って
私が勝手に決めて
いることだケド。

先日帰郷したとき
に引っ張り出した
父の絵は1982年
に描いたもの。
家族写真
自他共に認める完璧なファザコンの
私は、30代で巡って来た父の急逝で
何もかもが絶望的に思え、立ち直る
までに大層時間がかかりました。
あれから15年の歳月の中で様々な辛
さと向き合い…そのたびに父に泣き
つき相談したりを繰り返し、そして
これからも私が逝けるその日まで、
見守っててね!と甘える予定です。
節々で同席している相棒とはもう仲
良くなってるよね。な〜んて勝手な
ことを考えて生者は安心するわけで
…こんなポンコツ娘をこれからもど
うぞよろしく。お願いしマス。

(00:25)

2013年02月12日

130212梅花
今日はとっても寒いです。
こんな日なのに、やってきま
した、小梅ちゃん5粒開花!
相変わらず霜柱も立っている
んですけれど…可愛い顔して
めっちゃ逞しいヤツ。
そういえば昨年は積雪の下で
開花していたんですよね。

ちびっちゃいのに誇らし気で
美しくも可愛いそのお姿は、
着物姿の姫様のよう。
樹の実工房いちばんの早起き
さん。寒くても春♪です。

(13:24)

2013年02月09日

130209蛙薄黄
賑やかになっていた花屋さん
に立ち寄って一目惚れ。で、
我家の仲間入りとなった大輪
のラナンキュラス。
プロが咲かせるとこんな巨大
になるのかと暫し茫然。一輪
直径9cmはあります。
昨年秋に球根を植えてはいる
のですが、庭植えではやっと
芽が出たくらい。花を楽しむ
なんてまだまだ先の話です。
しかも今冬の寒さは霜が多く
て球根が無事に生きてくれて
いるかどうか…不安。
というわけで本日の霜柱 ↓
130209霜柱2
昨日からの厳しい冷え込みで
最長5cm超えしております。
130209霜柱1
130209蛙濃桃2

そんな寒い中に大輪ゴージャ
スな花がポンとあると、冬鬱
気分が穏やかになっていくの
がひしひし。単純に、パワー
を戴ける、という感じです。
   この子は直径12cm!→

そして昼食の収穫も完了〜♪
130209ブロッコリー
白菜は相変わらず巻いてくれていません。
もう諦めて収穫しちゃおうかな…

(12:22)

2013年02月08日

130207クリロー紅
庭植えのクリスマスローズ6種
の中で3種が蕾をつけました。
雪が降っても既に春。ちゃん
と目覚めてくれて嬉しい♪

この白い蕾は水仙。膨らむた
びに積雪が邪魔して、いつま
でも咲けずにいるのです。↓
130207水仙蕾
130207薔薇蕾
← こちらは11月頃に蕾をつけ
  た薔薇1輪。

寒さが厳しくなってずうっと
小さいまま頑張っていたのが
ここ数日でぐんと膨らんで、
咲いてくれそうだからスゴい
です。長い霜柱が立って、何
もかもが凍ってしまいそうな
寒い日が何日もあったのに。
切り花は脆いけれど生きた花
は強いんですね。感動。



(00:07)

2013年02月04日

jimnet02
バレンタインチョコ、
まだの方に告知です。
在庫はあるようなので
どうぞご支援を!

某氏からこのチョコの
存在を教わって以来、
缶が素敵で毎年自分用
に入手しています。
jimnet01
2013年JIM-NETチョコ
募金のテーマは「あし
たのチョコレート」。

戦争とエネルギー、自
然エネルギー、自然と
共生、私たちにできる
こと、の4つを考え、
イラクと福島の子ども
たちを支援します。
jimneto03
このJIM-NETのチョコ1缶500円から、
290円はイラクの小児がんの子どもた
ちの医療支援に、50円は福島の子ども
たちを放射能からまもる活動に使われ
ます。今回はシリアの妊産婦の支援に
も充てられるそうです。
イラクの子どもが描いた絵を使った直
径約5.5cmの缶に、北海道・六花亭の
ハート型チョコがホワイト、チョコ、
モカの3種の味で10枚入っています。

X'masと同様、お金を使わせるための
アホ臭いイベントで辟易しているとこ
ろに募金もできる一石二鳥。
是非ともご利用ください。
詳細はこちら JIM-NET で。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『1991年の湾岸戦争では300〜400トンの劣化ウラン弾が使われた。
 戦車も貫通する威力を持つ核のゴミで作られた劣化ウラン弾。その影
 響は白血病、小児がん、先天性奇形児が戦争前後の比較で4倍に。
 2003年開戦のイラク戦争では2200トン、湾岸戦争の7倍の劣化ウラン
 弾が使われた。微粒子となって空気中に飛散する劣化ウランの半減期
 は45億年。これは地球が誕生してから今日までの時間と同じ。
 そのほかイラク全土には地雷が2700万個。さらにクラスター爆弾の不
 発弾も地雷の数を超えている。不発弾の被害の4分の1は子ども。
 大人が始めた「戦争」。
 大人が作ってコントロールが効かなくなった「原子力発電」。
 おとなはなぜ戦争をするの?おとなはなぜ原発を止めないの?』

(00:09)