2012年12月31日

1212東京新聞
津島佑子
連載エッセイ 最終回
『草がざわめいて』
*「人情」と放射能


東京新聞&中日新聞
2012.12/19 掲載






自然災害と原発人災が起こったあの日から、大勢の方々がもう黙っては
いられないと声を出してきました。今までは余計なことはするまいと静
かに口を閉ざしていたひとも、原発のことを何も知らずに電力を使い放
題にしてきたひとも。
津島さんの連載がはじまって1年。その間、正しい方向に行きそうになる
と引き戻され、選挙も信じ難い結果となって…この国に良いことが起き
ているとは思えない日々でした。
それでも私たちは死ぬまで生きていくのだし、なるべくなら納得できな
い理由で身体を蝕まれ、殺されるような結末にはなりたくないと思うの
です。だから私は抵抗します。戦いは苦手だけれど、強欲を原動力に貪
り続けるひとたちの言いなりは嫌。
放射能汚染のことでいえば、たとえ即時廃炉にしたとしても私の寿命が
尽きるまでに解決できるわけではなく…一生続く。長いです。
けれど諦めず、たった数十年の命を、いったい私たちは何のために生ま
れてきて、そしてなぜ死にたくないのか、など、あれこれ考え悩みなが
ら、できるだけ誠実に歩んで行けたらと思います。

「草がざわめいて」は今回が最終回となりました。
私の絵はともかく、津島さんのエッセイをたった1年で終わらせるなんて
勿体無い!のひと言。東京新聞さんに考え直して欲しいです。
という文句と、これまで連載を楽しみにしてくださっていた読者の方々
へのお礼を、2012年度最後のblogとさせていただきます。

皆々さま、あれこれ見守ってくださって、ありがとうございました。
2013年、それぞれに合わせた素晴らしい年になりますように☆
どうぞ良いお年をお迎えください (*`・ω-)ノ゚+。*゚+。+゚*。+゚:*・゚゚・*


================================
2012.11/21掲載分 *2012.1/18掲載分(初回)
*連載挿絵の全ては樹の実工房HPで。

(15:17)

2012年12月30日

121226黒豆
丹波笹山の里山に暮らす素敵
なご夫婦から戴きました〜っ
立派な黒豆!いつもありがと
うございまーす♡

お陰様でここ数年は豆を煮る
のも年末の楽しみのひとつ。
寒い季節になると、何故だか
仕事をしながら黒豆を煮るの
が好きだった相棒。その様子
を思い出しながら真面目に楽
しくクツクツやって、年明け
からは食べまくり!この味を
知ってしまったらもう他は…
とにかく激旨。嬉しいです♪♪

(03:17)

2012年12月29日

121229ブロッコリ
今秋は故郷に長期帰宅で肥料
をあげるタイミングを逃した
のが原因か…成長いまいちと
思える野菜たち。
ブロッコリーはスティック状
に育つ種類なのでこの大きさ
は納得だけれど、いつも普通
サイズを見慣れているせいか
生育不良の気がしてしまい、
白菜は巻く気あるのか疑いた
くなるフワフワな感じで…
なんとも不安な年末。笑。
121229白菜
でもそのお姿も美しいからいいのだー!
殆どの植物たちが眠ってしまう中で、菜園
に野菜が育っているとほっこりです。121229ビオラ
ビオラやアリッサムなどの白
花系の苗をいくつか入手。
殺風景な冬庭と祭壇に彩りを
添えてくれています。

(11:38)

2012年12月27日

calender
丸木美術館の2013年カレ
ンダーは丸木スマさんA4
サイズ6枚綴り、800円。
昨日ポレポレタイムス社
で知って慌てて購入した
けれど、告知が行き届い
ていなくて存在自体が知
られていないのか…結構
余っているらしいです。
勿体無い!スマファンの
方々はご入手を。

購入方法は丸木美術館HPのショップに記載されています。
ポレポレタイムス社にも在庫があり、そちらからだと送料込みの会員価
格で購入できます。ご希望の方はこのblog右上のCommentsから私に連絡
をくだされば、詳細をお知らせすると共にポレポレとの仲介をします。
素敵、安い、美術館への支援、の一石三鳥です。是非!!


(13:14)

2012年12月25日

121225霜柱
今朝は一坪菜園にこんな立派
な霜柱が立っていて、水盤に
も薄い氷。ちべたい!
ざくざく踏んで遊んだ後は、
かじかむ指先をなだめながら
木版画の刷り納めです。
随分前に注文を頂いた作品を
なんとか年明けにと…お待た
せして申し訳ありませんっ。

ーーーーーーーーーーーーー
世の中はX'masで賑やかだけど
我家はいつもと同じ感じ。
入院中の相棒に貰った陶作品
をしみじみ眺めています。
santa negro
車椅子で参加した病院の小さ
なX'mas会は奇妙だったけれ
ど、みんな優しかった。
お医者さんや看護師さんたち
は元気かな。たぶん今夕は長
期入院者のための催し。看護
で多忙な合間に演奏の稽古。
数年前のX'masは記念写真と
励ましの手紙をありがとう。

ギリギリで生きているひとたちに向けて、今日もがんばってください。
*+.☆ .。.:*・|艸・ω・*|...。oо○☆ Merry X'mas ☆○оo。...|*・ω・艸|・*:.。. ☆.+*

(13:01)

2012年12月23日

教師のチカラ12号
季刊『子どもを「育てる」
   教師のチカラ』
No.12
 2012年12月 冬号
 日本標準/1050円







ーーーーー
年間4号の表紙&本文挿絵を
版画やペン画などの様々な
方法で手掛けています。
ーーーーーーーーーーーー


寒いのが苦手な私にはツラい冬がやってきます。
未だにスキー未体験という私に驚いた友人たちと話していて、何が嫌な
のか追求されたので一生懸命考え、やっと辿り着いた答えは「めんどく
さい」でした。ヒドいですね。
寒いだけでも大変なのに、たくさん着込み、あれこれ道具を装着し、ト
イレにもすぐに駆け込めない状況の中で、顔が凍って会話がしにくくな
るだの、手先や足先がかじかむだの…そんなことを色々と考えただけで
コタツに潜り込みたくなります。
ほとんど道具ナシの裸に近い格好で、簡単に行き来できる夏の海でのシ
ュノーケリングならスグにでも出掛けるのにな〜なんて思うところで、
もう「向いてない」感じですね。
とはいえ、雪国生まれの相棒に誘われたときは「絶対行く〜!」と大声
を上げたのですからゲンキンなものです。
機会に恵まれてなかっただけってことなんですね。


================================
2012年09月 秋 11号 *2013年03月 秋 13号
*表紙を担当号している号は樹の実工房HPで。

(21:06)

2012年12月21日

zrukydoruky
スロヴァキア在住
の絵本作家・降矢
奈々さんの呼びか
けで、国内外のア
ーティストたちが
集まりました。





テーマは「震災そして原発事故後の世界から私たちの未来を考える」。
参加作家は絵描きだけではなく、詩人やデザイナーなど幅広く、日本、
スロヴァキア、イタリア、オランダ、ベルギーなどから約60名。
3〜4月にイタリア・ボローニャ、スロヴァキア・ブラチスラヴァ、5月に
ポーランド・ワルシャワ、9月にオランダ・アムステルダムでの巡回を経
て、11月のデンマーク・コペンハーゲンがヨーロッパ巡回の最終展示と
なりました。
展覧会の主旨や参加作家紹介等の詳細は『手から手へ・11.3.2011 震災
後のメッセージ』展のサイトへ。
出展作家の作品画像もご覧いただけます。

この活動が始まった時点ではヨーロッパ巡回展の予定のみでしたが、日
本での巡回展も続々と決まってきています。
参加作家と絵本業界の仕掛人や編集者等の強者たちの協力で、ちひろ美
術館での展示を皮切りに、来年の全国巡回を企画制作中。
日本巡回展では絵本作家も新たに多数加わり、さらに充実した内容にな
るかと思います。
詳細は決まり次第お知らせします。乞うご期待!


********************************
================================

     Z RUKY DO RUKY ,,Odkaz 11. 03. 2011“   
     From Hand to Hand “ Message 11. 03. 2011“
   『手から手へ・11.3.2011 震災後のメッセージ』展

================================


Museo Medievale
*イタリア・ボローニャ 巡回展*
 会 場:Museo Medievale 
     市立中世美術館内 石碑館 
 会 期:2012年3月20日(火)〜24日(土)

 *同時期(19〜22日)
 「ボローニャ国際絵本原画展 」開催中。
  日本語情報は板橋美術館のサイトで。

 *展示会場の様子

Bologna3Bologna2
Bologna1














ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

bibiana
*スロヴァキア・
 ブラチスラヴァ 巡回展*

 会 場:BIBIANA
 会 期:2012年3月28日(水)
     〜4月28日(土)

 *展示会場の様子

slovakia1slovakia3
slovakia2














ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

urad
*ポーランド・ワルシャワ 巡回展*
 会 場:ワルシャワ スロヴァキア
     インスティチュート
  Slovensky inštitut vo Varšave
 会 期:2012年5月24日(木)
     〜6月30日(土)
    *openning 5/24 17:30〜

pozvanka Varsava

varsaw1varsaw2
varsaw3














ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

amsterdam02
*オランダ・
 アムステルダム 巡回展*

 会 場:'t Japanse Winkeltje
 会 期:2012年9月1日(土)
         〜28日(金)

 *展示会場の様子
amsterdam
amsterdam3
amsterdam1














ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

wm mountain
*デンマーク・
   コペンハーゲン 巡回展*

 会 場:BIBIANA Danmark
     WM Mountain Building
 会 期:2012年11月1日(木)
        〜12月1日(土)
    *openning 11/1 17:00〜
denmark1

会期間中 Bella Centretで開かれる
“BogForum” bookfair でも作品の
一部を展示します。

 会 期:2012年11月9〜11日
 会 場:“BogForum” bookfair

denmark2



 *展示会場の様子

denmark3








================================
********************************
山福朱実の出展作品はこちら

(14:17)

2012年12月20日

 2012年3月〜12月/ヨーロッパ巡回
        イタリア、スロヴァキア、ポーランド、
        アムステルダム、デンマーク
 2013年3月〜2014年夏/日本巡回
        長野、東京、島根、神奈川、福岡、京都、
        北海道、福島
 *ヨーロッパ巡回展 公式HP *日本巡回展 公式HPblog


 『Z RUKY DO RUKY』+『手から手へ展』日本巡回 出展作品
いただく-山の神72
『いただく
 /山の神』










いただく-水の音72
『いただく
 /水の音』










はぐくむ-森の神72
 『はぐくむ
  /森の神』










はぐくむ-風の音72
 『はぐくむ
  /風の音』












 手 法:木版画
 サイズ:460×320mm
 価 格:シートのみ 各 20.000 yen.
     額&マットは要相談

 売上の全額が福島県の子どもたちの健康を守る支援団体に寄付
 される仕組みになっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 *作品をご希望の方は右上のCommentsから連絡をください。
  質問だけでもOKです。折り返し詳細をお送りします。

(01:17)

2012年12月19日

石炭あられ
ここ数日は今回の奇怪な選挙
結果に落胆していましたが、
気を取り直してまた日常。

ーーーーーーーーーーーーー
こないだの帰郷で買い求めた
数少ないモノの中で、これ!
← 石炭あられ!(食べ物)
田川の石炭資料館で試食した
ら普通に塩味のあられなので
した。見た目の迫力が凄すぎ
て口に入れるのに勇気がいる
けれど…ウケる。
黒いのは竹炭のようです。
ネット通販して欲しい逸品。
ひよこちょこ
こちらもキャ〜♡なお菓子 →
ひよ子×グリコの九州地区限定
マカダミアチョコレート。
お馴染みの味にこの包装。
くちばしの形が3種あるとこな
んかもキャ〜の壷。

この他にも明太子系の不思議
な食べ物も沢山売られており
ました。地域限定お菓子等、
ちょっと作りすぎじゃないで
すかね?見るだけでウンザリ
だけど、時折ハマったりする
から侮れません。
ひよこ包装紙
← 包装紙を開くとこんな感じ。

顔のプリント位置が面白くて笑えます。
いろいろ検討したんだろうなあ、すごい
なあと感心した次第。
このまま取っておきたいと思いました。
可愛い。

(13:01)

2012年12月17日

神々の母に捧げる詩
最近発売された新刊本紹介。
2冊とも、絵を描かれたのは、
私が心から敬愛する方です。

神々の母に捧げる詩
続 アメリカインディアンの詩
金関寿夫 訳/秋野亥左牟 絵
福音館書店 2012年11/14 刊行
定価税込 1680円

イサムさんは昨年11/14に逝去
されましたが、この絵は命尽
きるまで描き上げて旅立って
行かれたそうです。
刊行は1年目の命日でした。
言葉にできないくらい素晴ら
しい絵本です。是非入手を!

********************************
しょうがつがくると
しょうがつがくると
川崎洋 作/沢田としき 絵
鈴木出版 2012年12/10 刊行 
定価税込 1260円

過去に雑誌掲載していた作者
の故・川崎洋氏の2編の詩を再
編集して絵本化したもの。
ひとつの詩を場面割りしたこ
とで、詩集とは違った楽しさ
が生まれています。
としきさんの優しく柔らかで
さわやかな絵。どうぞお手に
とってご覧ください。

================================



(18:38)

2012年12月15日

121212枇杷花
この家に越してきたとき、庭
の片隅に瀕死の植物たちの鉢
が並んでおり、そこから薔薇
と檸檬とこの枇杷1本、困難な
救出になんとか成功(?)。
薔薇は背丈2mを超えてピンク
色の花をたくさん咲かせてく
れていますが、この枇杷は…
鉢のままどうしたものかと数
年悩みましたが、思い切って
今秋9月に地植えを決行。
そうしたら待ってましたとば
かりに蕾をつけて開花してく
れたのです。嬉しい♪
結実してくれるといいなあ。



(14:15)

2012年12月14日

121212日向夏
現在の日向夏の様子。
小ぶりだけど盛り盛り!
この家へ越した当初は剪定で
結実しなかった樹が、4年目に
してようやく元通りの姿に。

不動産屋に連れられて相棒と
見学に来た5月、この樹は白い
花を目一杯に咲かせ、果実も
たわわに実らせていました。
その不思議な様子に魅せられ
て、断りもせず果実を穫り、
奇声を上げて相棒に笑われた
…あの春から数えて4度目の花
を愛でることができました。
120526日向夏
   今春 5/26の花の様子 →

収穫までの期間が11〜13ヶ月
と長いのが特徴で5月に開花、
翌年の収穫期には花が咲いて
いる横に実がなっているとい
う独特のサイクルを持ち、実
をつけたまま冬を超すという
面白い果実、日向夏。
生食はもちろん、料理にも向
いていて、うっとりする芳香
の皮は極上の入浴剤に。

寒さに弱いはずだけど、霜柱
が立つ庭でもこんなに立派に
育ってくれるなんて…偉い!
121210青森リンゴ
柑橘をあれこれ観察していた
矢先にドカンと青森から巨大
林檎が2段重ねで届きました。
いつの間にか、思い出一杯の
この林檎がないと冬を越せな
い体になってしまった私は、
待ってましたとシャリシャリ
シャリシャリ…めちゃめちゃ
嬉しいですヾ(*≧∀≦*)ノ

樹に成る果実がたくさんある
ととても豊かな心になって、
庭の掃除にも気合いが入り…
じゃないや(笑)、山積み仕事を
片付けなきゃっ。

様々な恵みにしみじみ感謝しながら大切にいただきます。
ご馳走さまです。ありがとうございます m(_ _)m


(00:17)