2011年03月25日

マフムード・アル・ブライカーン/木島始訳

冬に 活力が
秋に 美が あるのだから、
話し声と 歌声に
時を超える こだまが あり、
炎には
その 荒々しい 踊りのしたに
灰の 肉体
煙の 魂が あるのだから、
目覚めには
限界が あり、
夜の 到来とともに
夢が 視力を
限りないものにするのだから、
失敗には
重い 心を 解放する
代償が あり、
謙虚さには
時をものともせず
その代償を 盗みとる 力が あるのだから、
悲しみには
限界が あり
涙は ただの流れに すぎないのだから、
岩は 疲れた ひとびとにとって
枕であり、
叫び声の 旋風が
忘却を もとめて
魂を 圧倒するのだから、
死の後には
苦しみひとつ 無いのだから、
反乱にも 亡命にも
死より ひどい
また 大きい
罰など ないのだから、
わたしたちは みな
いずれは 塵に 帰するのだから、
わたしたちの 恐れにみちた 飢えが
充たされることは ありえないのだから、
わたしたちの 密林のなかで
わたしたちは 不可能なものを 背負い
疑惑を 影に 投げこむのだから、
わたしたちは 生きないわけには
いかないのだから、
生きよ、
すれば
もう
砂のうえに
設けられた
ダムなどない。

(11:50)

2011年03月24日

友人のwatoちゃんやコーヘーさん経由で届きました。

『Prayers from kibara for Japan
           〜祈り〜 キベラから日本へ』



~Message from Kibera~
☆We really love you people of Japan even in times of sadness and time of crying and losing your belongings we have no strength but we take it to lord who is the most high, Don't loose hope. - Zablon 16 years
悲しみと涙と、富を失ったときでも、私たちは皆、日本の皆さんを愛しています。高みにいる神に祈っています。希望を失わないでください。ザブロン 16歳

~Message from Kibera~
☆I am continue praying for you that you have hope and faith. God will see you from whenever you are,may god bless you. -Alsem Oduor 13years
私はあなたたちのために、皆さんが希望と意思をもてるよう祈り続けます。神はどんな場所からでもみなさんを見守り、神がみなさんに祝福してくれています。 アルセム・オドゥオル 13歳

message from Kibera
日本にいる親愛なるみなさん、地震と津波は恐ろしい経験だったと思います。あなたたちのために私たちができることは多くないけれど、私たちは常にあなたたちとともにいるのです。私たちの愛で、あなたたちを包み込み、この困難な状況を乗り切るよう希望と意思を届けます。
わたしたちはあなたたちと共にいます。
たくさんの抱擁と、愛と、祈りとともに、みなさんが強く、乗り越えられますように。 スコラ

☆I believe in prayers be strong and remember we share the pain with you. We love you and we always pray for you. -Lilian Wagalla, Director of Magoso, from Kenya.
みなさんが強くあれと祈りをささげます。そしてあなたたちの痛みを、私たちもわかち合っていることを忘れないでください。愛しています。そしていつも祈っています。 
リリアン・ワガラ マゴソスクール会長 ケニアより

(14:47)

2011年03月23日

bd233704.jpg














『羊』             
山之口貘 

食うや食わずの
荒れた生活をしているうちに
人相までも変って来たのだそうで
ぼくの顔は原子爆弾か
水素爆弾みたいになったのかとおもうのだが
それというのも地球の上なので
めしを食わずにはいられないからなのだ
ところが地球の上には
死んでも食いたくないものがあって
それがぼくの顔みたいな
原子爆弾だの水素爆弾なのだ
こんな現代をよそに
羊は年が明けても相変わらずで
角はあってもそれは渦巻にして
紙など食って
やさしい眼をして
地球の上を生きているのだ    


(23:58)

2011年03月22日

CA3C1131
冬の収穫時にうまく育って
いなかった野菜は2種類。
土作りの時期が迫ってきて、
今か今かと見守る毎日。

←少し大きくなったかなぁ
ロマネスコ。去年の今頃は
でっかく育ち、相棒の病室
に持ち込んで食べてもらう
こともできてたけれど…
とはいっても、相変わらず
の美しい姿に目は釘付け。
何度見ても飽きません。

*昨年のblog「ロマネスコ
110321

育ちの悪い芽キャベツちゃん
も少し大きくなりました。→
形の不揃いさが可愛いなあと
親バカ呟きをしています。


寒じめ法蓮草やかき菜などが
廃棄処分されてるニュースを
聞く度に、植物や人間たちに
とって良い事はひとつもない
なあと嘆くばかり。
私は40歳以上のオトナだから
ちゃんと残さず食べますよ。
樹の実や野菜や果実たち、
どんどん育ってくださいね。

(20:22)

2011年03月21日

8209e89e.jpg
少し前ですが2011年3月8日
東京新聞&中日新聞の夕刊に
カラー掲載されていました。

「卒業」をテーマにした
窪美澄さんによるエッセイ
『生きづらさから卒業する』

私はイラスト担当。
スクラッチボードで描いた版
をスキャンして、色版は木版
で重ねるという独自の方法で
制作してみました。

桜の開花が待ち遠しいです。

(12:40)

2011年03月19日

0a2855a3.jpg
和名:山雀 ヤマガラ
英名:Varied tit
学名:Parus varius
スズメ目 シジュウカラ科

主に樹上で採食し、夏季は
昆虫やクモなどの動物質を、
冬季は主に果実を食べる。
樹洞にコケ等を組み合わせ
た内部に獣毛などを敷いた
皿状の巣を作り、3-6月に
3-8個の卵を産む。





最近ヤマガラが飛んできて、私の庭作業をじーっと観察してくれるのです。その表情や動きの可愛さといったら鼻血もの。
野生での手乗り報告が沢山ある小鳥なので、薄い期待と知りながら胸を膨らませたりしています。

110319
 我が家の庭には春が訪れ、
 熟睡していた球根たちが
 ニョキニョキ揃って出て
 きました。
 今朝は暖地サクランボの
 花が3つだけ咲いていて、
 植物世界の宴会の季節が
 始まる気配ムンムンです。


こんな他愛のないことで幸せ
を感じられる日常のひと時。
震災地で苦しむ方々のところ
にも、1日も早く穏やかな春が
訪れますように!


*追記:今夜は月と地球が最接近する19年ぶりのスーパームーン。
地球が最遠距離にある時と比べると約14%大きく30%明るく見えるんだそうです。さっきから見てるけどホントに綺麗。部屋中の電気を消して月光浴しながら震災について祈るというのはいかがでしょう?
明日が満月だそうです。

(14:17)

2011年03月17日

b5c265e1.jpg
長いこと人と言葉のやり取り
をするのが怖くて勧められて
も出来なかったツイッター。
ついに今朝から勇気を出して
始めてみました。がしかし…
本当にわからん。
何がナニやら右往左往。
とにかく友人を探しまくろう
とジタバタするけれど、簡単
に見つかってはくれません。
あちこちクリックしてるから
失礼をしてしまうかもだけど
ヨチヨチ歩きを許してね。
山福朱実@bembero
救済のフォローください☆

(12:07)

2011年03月16日

【pray for Japan 世界中から届いた日本への祈り】



3/14 インド北部ダラムサラではダライ・ラマ法王の発案により、朝6時過ぎから午後4時頃まで、亡命チベット人の僧侶、尼僧、俗人の約1500人が集まり、日本の被災地に向け祈りを届けようと、合計10万回の般若心経が唱えられた。
3/15 チベット難民たちが日本のために義援金を集めてくれている


【Japan we are with you....大支】



相棒の闘病で朝から晩まで気を張りつめて祈る日々が丸1年続き、結局その祈りは届くことがなかったというショックから、もうずっと天も神も信じず、祈ることを全くしなくなっていました。
だけどこの災害で祈る気持ちが戻ってきた。
世界から応援が届いているのを見ていたら、闘病中に沢山の応援や祈りのメッセージを戴いていたことを思い出し、自分の力では手も足も出ない事柄に対しては祈るくらいしかできないのだし、それは、諦めない勇気を奮い起こさせてくれるとても大切な行為なんだと改めて気付き、叶っても叶わなくても祈ることはやめないでおこうと思いました。
病気と災害を比べることはできないけれど、命の重さや、それぞれが心に負った深い傷に差はないと思います。
大切な人の無事を祈り続ける被災地の方々を思うと胸が張り裂けそう。
非力だけれど真面目に祈ります。
無駄な外出と食事を控えて燃料を極力使わないように過ごします。

============
*追記:この大災害の最中、今日も祝島では中国電力が原発建設の工事
    をしているらしいと聞きました。
    今なお建設中の原発が全国にいくつかあるらしいです。
 → 祝島島民の会blog 3/14より抜粋
「このような状況の中で、中国電力は今日も小規模ながら作業を強行しようとしてきました。
今朝、作業員らが予定地の取水口側の海岸の岩を砕く作業をしようとしてきて、抗議を受けて午前中のうちに作業を中止しました。
この件について中国電力の上関事務所に問い合わせた方によると、現地事務所は作業については把握していないと答えたとのことです。
また、このような状況の中で作業を強行することについてどのように思うか聞いたところ、返答はなかったとのことです。」
*さらに追記:上関原発の準備工事中断
 この期に及んで中電は「あくまでも準備計画の中断であり、原発計画全体への影響はない」と強調しているそうですが。

(00:07)

2011年03月15日

<転送/転載可>
================================
最新動画【原発事故】
『計器メーター振り切れ、放射線測定不能』(14分)
================================
スカイプ報告:森住卓/広河隆一(ビデオあり)
動画URL:http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/865
掲載日時:2011-03-14 03:35:34

フリーのフォトジャーナリストなどでつくる「日本ビジュアルジャーナリスト協会(JVJA)」のメンバー5人と雑誌「DAYS JAPAN」編集長の広河隆一さんは13日、福島第一原発付近の放射線量を計測したところ、携帯していた計器のメーターが振り切れ、計測不能だったことが明らかとなった。
福島原発の取材のためこの日、双葉町に入ったのは、フォトジャーナリストの山本宗輔さん、森住卓さん、野田雅也さん、豊田直己さん、綿井健陽さん、広河隆一さんの6人。
前日に郡山に入り、13日、既に避難地域となっている双葉町に入った。
(双葉町 ふたばまち は原発5号機と6号機が立地している)

午前10時20分、双葉町役場玄関付近で放射線を計測。すべての測定器が振り切れた。更に午前10時30分頃、双葉町厚生病院玄関前で計測したところ、ここでもすべての計測器が振りきれたという。
使用した計器は「BEIGER COUNTR DZX2(上限1000マイクロシーベルト/時)」と「VICTOREEN 209-SI(上限10ミリレントゲン/時以上)」及び「MYRate PRD-10/1(上限9.9マイクロシーベルト/時)」の3台。
上限を超えているため正しい値を確認することはできなかった。

原子力問題のスペシャリストでもある広河隆一さんによると、2月末のチェルノブイリ原発取材で事故炉から200メートル付近で計測した値は4ミリレントゲン。事故炉から4キロ離れたプリピャチ市で計測した値は0.4ミリレントゲンで、いずれも今回の計測が上回っており、非常に高い水準にあるという。
しかし取材の途中、役場などで避難していないと思われる住民と遭遇。また帰路の国道288号線でも多くの住民が双葉町の自宅に戻っているところを目撃したという。
ほとんどの住民が双葉町の高汚染について知らず、植物に水やりをしたり服を取りに帰る途中だった。中には子どもを乗せた車もあった。
取材班が車を止め、長時間の滞在は危険であることを知らせた。
半径20キロ圏内立ち入り禁止の表示も、検問もなかったという。
広河さんは、余計な被ばくを広げないためにも政府がきちんと情報提要すべきだと話している。

※音声も映像も非常に不十分な状態であることをお詫びいたします。
 このリポートは毎日継続する予定です。


(22:17)

2011年03月14日

2号機“炉心溶けた可能性”(3/14. 20:49)
東電 燃料棒破損の可能性ある(3/14. 21:18)
2号機 再び核燃料すべて露出(3/15. 00:50)

3/15追加
2号機で爆発音 従業員が退避(3/15. 10:45)
4号機で火災発生(3/15. 11:24)
被曝の恐怖、余震…真っ暗な建屋で決死の作業(3/15. 20:01)

*炉心溶融(ロシンヨウユウ)
原子炉内の水位が下がって炉心が水中から露出すると燃料の温度が上昇し、燃料を入れた金属製の器(被覆管)が溶けてしまう。冷却が不十分だと燃料が溶けて炉心の構造物の破壊と落下が起こる。
そこに水があり、水と溶融物が接触すると急激な爆発が起こる恐れがあり、さらに爆発で格納容器が破壊されれば、大量の放射性物質が環境に放出されることになる。

*福島第1原発3号機はプルトニウム・ウラン混合酸化物=MOX燃料を一般の原発で燃やすプルサーマルによる発電を行っていて、核兵器の材料であるプルトニウムが入っているため毒性が極めて高い。
使用済みMOX燃料の危険性でいうと、地中に埋められる温度に下るまでウラン燃料は30〜50年かかるがMOX燃料は500年(核戦争防止国際医師会議報告書)かかる。使われなくなった燃料はその間冷やし続ける必要がある。

原子力資料情報室(CNIC)

============
節電のために寝ようかと思ってたらこのニュース。また眠れない。
福島周辺のひとたち頑張って!祈るばかりです。
日本中の人たちはとろろ昆布入りの濃いお味噌汁を飲んでください。
それくらいのことしか思いつかない…

*平井憲夫「原発がどんなものか知ってほしい
「私、子ども生んでも大丈夫ですか。
 たとえ電気がなくなってもいいから、私は原発はいやだ。
 原発がそんなに大変なものなら、今頃でなくて、
 なぜ最初に造るときに一生懸命反対してくれなかったのか。
 私が大人で子どもがいたら、
 命懸けで体を張ってでも原発を止めている。」

(21:24)

2011年03月13日

6e29743a.jpg
多量の各国ガラクタ人形達が
落ちて転がっていたけれど、
割れたのは数個だけでした。
普通でも壊れ易いメキシコの
陶器が殆ど無事なのに驚き、
刻々と悪化する状況に身震い
する私の気分が、この壊れた
ガイコツ人形にぴったりで…
原発怖い。
ずっと反対してきたけれど、
それでも建設阻止行動にまで
移れずに、結局は電気依存の
緩い生活を送っていた自分を
恥ずかしく思いました。
私たち人間全員の責任。


いわき市の知人の無事が先ほど確認できて安堵の涙。
青森の無事は当日すぐに確認できており、今も続々、友人知人や親戚関係が無事であるというお知らせが届いています。
被害の悪化が抑えられ、ひとりでも多くの命が助かりますように!
とり急ぎ電気供給のための節電を出来る限り頑張ります。


(12:47)

2011年03月11日

地震が起きたとき、私は在宅中で庭作業をしていました。
芝生の真ん中に座り込み、大地と木々と家が大きく揺れるのを呆然と眺
めながら頭は真っ白。その数分間が異常に長く感じ、目の前のグラグラ
している家の中からドタンガシャンと物が倒れて壊れる音が聞こえてき
たので、何度も家に入って確かめようかと思ったけれど、待て待て、そ
の考えはおかしい、これも一種のパニックだと、動き出しそうになる自
分を抑えるのに必死でした。
いくつか物が落ちて壊れ、本が散乱していたほかは大した被害もなく、
電気・ガス・水道も通常通り。
現在はTVで被害状況を見て胸を痛めています。
余震が続くので眠れそうになく、Twitterもやっていない(私も)何人か
の友人とは携帯も自宅電話も繋がらないので連絡が取れず心配していま
す。(繋がらなかった友人数人とは連絡取れました!ホッ。)
これを見たらPCかこのブログのコメント宛てに連絡してね。
何事もないことを祈ってるから!

*mixiマイミクさんは足跡を残してくれると安否確認になります。
 こんなに踏まれて安心するなんて初体験。
 アクセスできてるんだなって思うだけで心が落ち着きます。

(22:46)

2011年03月08日

9fdba7ed.jpg
もともと冬眠体質だとはいう
ものの、どうしたわけか先月
から奇妙に昏々と眠り続け、
3週間ほど経った頃に突然声が
出なくなり、自己新記録6日間
に渡って完全に無声!という
生活を送っていました。

音らしきものが出てきてから
1週間が経つけれど、今だ魅惑
のハスキーボイス。
悪友たちからは静かで良いと
言われつつ、今度は風邪特有
の症状に見舞われて、現在も
冴えない日々が続きます。


画像は河野製紙の「アプローズ 保湿ペーパー」。
今の症状にぴったりの、超柔らかなティッシュです。
実はこの商品、肺炎を起こした相棒が保湿系を片っ端から試し、これ以
外は嫌だと言っていた究極のティッシュ。病状が悪化したときは1日3箱
を空にしていたので、ネットで探してまとめ買いしていました。
購入した120箱のうち80箱を入院生活で使い切ったけれど、40箱のBOX
ティッシュがドーンと残されて…この柔らかすぎ&グリセリンとスクワ
ランオイル入り&舐めるとほのかに甘いティッシュは顔周り以外に殆ど
使い道がなく、花粉症に縁のない私には尚のこと猫に小判、豚に真珠で
ありました。が、使わなくては減ってくれない。
などと思っていたら数年ぶりの風邪到来。で、抜群の使い心地!
肌が敏感になっているときに、この柔らかさが有り難いのなんの。
花粉症に悩んでいる方は是非一度試してみることをおススメします。
河野はパッケージデザインだけ変えて中身は同じという製品を出してい
るのでアレコレ調べてみてくださいね。

結構な頻度で使っても、1箱を空にするのは相当時間が掛かること。
改めて、1日に3箱も使い切ってしまう苦しみを思って闘病を振り返り、
様々な場面に想いを馳せているうちに私の風邪は回復に向かい…
眠くて仕方ない状態から数えると40日以上の体調不良だけれど、「そう
やって毒出ししてるんだよ」と友人に言われて納得しているので、それ
なりに無理をせず、焦らずゆっくり休んでいます。
仕事もちゃんと納期を守れているので安心してくださいね。
来週くらいは普通に戻って元気に動き回れているはずです。

(01:17)

2011年03月07日

5a74e6d4.jpg
今朝起きたらびっくり。
昨日がとても暖かかったから
油断してたわ〜雪だなんて。
植えたての植物と、設置して
間もない瓢箪池をチェック。
未だ収穫に至っていない野菜
たちにちょっかいを出して、
これ以上降り続きそうにない
庭の雪景色を暫し眺めて珈琲
タイム。やっぱ雪って綺麗。
ここんとこずっと風邪気味で
眠り続ける「寝子」な私には
嬉しい限りのハプニング。

CA3C1121


瓢箪池には睡蓮と、メダカが
12匹暮らしはじめています。

寒さと暖かさが交互にやって
くると春の足音が強くなって
きた感じがしてワクワク。
ああ、最上級の些細なこと♪

(13:42)

2011年03月04日

文芸時評 2011年2月
斎藤美奈子
朝日新聞 『文芸時評』
2011年2月22日掲載

*今月のお題*
『トンちゃんをお願い』
 横田創 著







対照的な生い立ちの女子大生2人が、自分を想い、相手を想いながら、
それぞれ考えたり悩んだりしていることが生々しくて、あーもう、じれ
ったい!とか感じながら高速で読み進みました。
懐かしいような疑問なような…うっすら虚脱をしてしまう読後感で我が
身の中高時代を思い出し、少女とオトナの間にいる時代の友達付き合い
なんかを辿ってみたりして、暫し沈黙。
あの頃のあのような心の動きを文字にできるなんて凄いなあ。
しかも仲良しの女友達との独特のあの感じ。
なんというか…不思議に面白かったです。


================================
11.1/25 掲載 *11.3/29 掲載
*今回以外の連載挿絵は樹の実工房HPで。

(01:17)

2011年02月27日

7bc34b6d.jpg
昨年末に入稿した木彫画絵本
が出来上がってきました!

岩崎書店
イソップえほん
きたかぜとたいよう
蜂飼耳 文/山福朱実 絵
2011年3月刊行









詩人で小説家でエッセイストの蜂飼耳さんによる文章で、お馴染みのイ
ソップ物語を絵本にするという岩崎書店の企画。
この面白いシリーズは今のところ全5巻。少し前に4巻までは出版されて
いて、私は最後の5巻目を手掛けさせていただくことになりました。

実はこの絵本、編集者の堀内日出登巳氏が相棒に依頼したものでした。
相棒は仕事を引き受けた時点で小さな見本の絵を創り、この手法で描く
んだと言って楽しみにしていたのですが、その数ヶ月後に発病。
堀内氏も体調が戻るまで待ちますと締切を大幅に延ばしてくれていたの
ですが、結局ラフに手をつけることさえ叶いませんでした。
その後、堀内氏から私に作画依頼の話があったのは、初七日を迎える前
だったように思います。
あのときはまだ心身共に極限の状態だったので本当にできるのか不安で
一杯だったけれど、だけど仕事を継げるということ自体は嬉しくて、お
おポケ表紙とこの絵本を描くことが彼への弔い合戦になると思い、しっ
かり背筋を伸ばして挑みました。

手法は木版画ではなく、相棒が見本に残したものと同じ木彫画。
版木を彫って直に着彩する、『おおポケ』表紙と同じ方法です。
思いのほか印刷が良く、木に彫ったテクスチャーをちゃんと出してくれ
ているので、面白い仕上がりになったかナと思います。
…不思議な偶然だけど今日は相棒の10度目の月命日。
この日に報告できたことを喜んでくれているかもしれません。

イソップえほん は以下の5巻。

 蜂飼耳・文 「イソップえほん」 全5巻/岩崎書店
 *『オオカミがきた』ささめやゆき・絵
 *『いなかのネズミとまちのネズミ』今井彩乃・絵
 *『ライオンとネズミ』西村敏雄・絵
 *『ウサギとカメ』たしろちさと・絵
 *『きたかぜとたいよう』山福朱実・絵

北風トビラ




書店等で直接手に取ってご覧
いただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします☆

(01:17)

2011年02月24日

e52eb9ba.jpg
フキノトウが生えている姿を
認識したことがなかった私。
昨年は文字通り薹が立つまで
放置して悔しい思いをしたの
ですが、今年はほらっ!
ちゃんと収穫しましたよぅ。

料理法もよくわかっていない
ので、これから仕事でお邪魔
するデザイナーさんちで急遽
「蕗の薹祭り」開催かな。
って、まだ言ってないけど。
親切丁寧に(仕事の合間に)
教えてくださるでしょう。
美味しくいただくぞ。

(01:17)