2012年09月13日

かっちゃんお酒
ちょっと前のことになるけれ
ど、親戚以上のおつきあいを
している山福印刷の元工場長
・高橋勝行氏=かっちゃんが
かなり珍しいお酒のセットを
送ってくれました。
その少し前、実家に送った桃
をかっちゃんにお裾分けしと
いてと言った、そのお返し?
…私はわらしべ長者だわっ!

発売は北九州若松の濱元酒店
で、地酒「ごんぞう」、焼酎
「島郷」、共に殆どweb検索
できません。スゴい♪
かっちゃん水道水
同梱された水がまた…北九州
水道水。えっ?水道水!?
詳細はこちら。いやはや!

こんな楽しいセットが届いた
というのに激務で開ける暇が
なく、ようやく開封できたと
思ったら…ん?1本殆どカラ!
栄養係で上京中の母が夜な夜
な平らげてくれていたようで
す。やること早いな全くぅ。
いちいち箱に戻していたとこ
ろが爆笑。というわけで、晴
れて堂々開封に至りました。
かっちゃ〜ん、ありがとう♡
御馳走サマでした m(_ _)m

(00:21)

2012年09月11日

120910チャイブ白
ガーリックチャイブ=ニラの
白い花が咲きはじめました。
植えたのを忘れていたので、
その花の美しさにびっくり。
何故か真ん中からひょろんと
伸びた二段重ね。不思議な形
に出てきてくれました。
どうしたんでしょう?おもし
ろいですねえ。

蕾もたくさんついてきたので
続々咲いてくれそうです。
韮の白い花、本当に綺麗。
どんどん増えて、ざっくざく
食べさせてくれますように☆
120911韮
こっちの画像の方が奇妙な姿が解り
易いかもです。かわいー。→
120911朝顔
← 夏に休止中だった変わり朝顔も
  たくさん咲きはじめました。
120911ホテイアオイ
池のホテイアオイも勢いを増
してきましたよ〜秋ですね。

庭の雑草対策や樹々の剪定、
植え替え等々…春に次ぐ忙し
い季節でやること山積み。や
ってもやっても終わりが見え
ず、足腰痛めて奮闘中です。
昨日は複数の樹の剪定で筋肉
痛。腱鞘炎もまだ完治してな
いのに過酷だわと思いつつ…
没頭癖に休息を邪魔され、蚊
の大群に襲われながら、楽し
い庭作業を満喫しています。
嬉しいなあ。ハアァ…溜息。

(00:07)

2012年09月09日

1209キジバトカバー01

絶版だった上野晴子 著『キジバトの記』が新装版で出版されました。
著者の晴子おばさまは、私の両親が敬愛していた上野英信さんの奥様。
1997年8月27日に満70歳で旅立たれ、翌98年1月、書き溜められたエッ
セイを1冊にまとめ、その頃はまだ存命だった我が父が経営していた裏山
書房が山福印刷製作で発行。発売は福岡の海鳥社さんでした。
それから15年経って海鳥社さんが新装版を出版することになり、ご子息
の朱さんの意向で、光栄にも私が装幀をさせて頂くこととなりました。

1209旧キジバト1← 初版『キジバトの記』裏山書房
 装幀は父・山福康政によるもの。
1209キジバトカバー2

新装版『キジバトの記』海鳥社 刊 →
装幀は娘・山福朱実でございます。


火山絵本の製作が佳境に入った頃に依頼連絡が来たので、少し作業を待
って頂いていたのですが、お盆が近づいてきた辺りからソワソワとその
ことばかりが頭に浮かび…ある朝目覚めてエイヤっと、何かに取り憑か
れたように彫りまくり刷りまくり…堂々、お盆前日に完成!
これはもう、晴子おばさまと父に促されたとしか思えません。

文字や微調整等は海鳥社の西俊明さんにお任せして、ようやく数日前に
見本を手にするところまで漕ぎ着けました。発売は来週。かな?
本当は晴子おばさまの命日8/27に間に合わせるべきだったのですが…う
ぅ…心残り。が、たまたま上京中だった母と共に、上野先生と晴子おば
さま、朱さん、父、そしてあの時代のあの頃の、元気だった方々の思い
出話に花を咲かせる貴重な時間を持つことができました。
不思議で素敵なオトナたちに囲まれて育った子どもの頃の状況を振り返
り、その恵みに感謝だわ!ずっと大切にしなきゃ!と、しみじみ。
今回の装幀は様々な意味で、とっても誇らしい仕事となりました。
朱さん、西さん、本当にありがとうございました m(_ _)m
そして晴子おばさま、お父さん…見守っていてくれて嬉しかったです♪



(16:50)

2012年09月07日

120907紙花
火山の版画を納めたら、どう
にもこうにも眠くて眠くて、
他の仕事に手をつけられない
まま、床に転がってグースカ
グースカ。不毛な1日を過ごし
て先ほどようやく目覚めまし
た。おはよーございます。
私が版画と格闘している間に
栄養係として上京してくれて
いる母が、秋の展覧会の飾り
を作ってくれていました。
紙の花。すでに大小500個!

今日の誕生日に贈られた気分
であります。大感謝♡

(09:27)

2012年09月02日

120902火山版木7a1
これは版木の状態。
韓国で出版される科学絵本
「火山」を製作中です。
今日は噴火の場面を刷りま
す。雨が降ると刷りに最適
な湿度が保てて嬉しい♪

あと数日で仕上がる予定…
うまくいけば…祈!

(12:10)

2012年08月31日

野菜梟
果物と野菜のフクロウが目に
飛び込んできました。
今にも動きそう!
活き活きしている目玉は葡萄
かなあ…本当に生きてるみた
い。見とれちゃう。

木版画絵本の製作作業も佳境
に入り、制御しつつ動かして
いても軽い腱鞘炎は免れず、
腕のダルさでうなされて目覚
める日々が続きます。
まだまだ…頑張るぞ〜う!


(00:15)

2012年08月24日

1208東京新聞
津島佑子
連載エッセイ
『草がざわめいて』
*ハガネのように

東京新聞&中日新聞
2012.8/15 掲載





1973年9月11日のチリ革命を取り上げた今回のエッセイ。
自由選挙で選ばれた共産党の大統領が気に入らないと、米国の深い介入
によって大統領官邸への襲撃が行われ、その後は一般人を含む知識人や
文化人が思想弾圧で次々と虐殺されていった滅茶苦茶な歴史。

津島さんはこの事件に絡めて「マスメディアというものはもともと、そ
の社会が本当に深刻な事態になったとき、政治的な都合でコントロール
されるものだった、と思い当たるようにもなった。だからこそ、昔なら
「地下放送」、今ならネットによる情報が、人々にとって生き延びるた
め必要な手段になる。」と書いています。
私は原発事故に関するメディアで流れる真実の少なさ(だけならまだし
も嘘が多いことにも驚きます)に辟易して、もう長いことTVのニュース
を見ていません。新聞も信用できるのは東京新聞を含むほんの数社。知
りたい情報の殆どはネットから得ている生活です。
殺されるな、生き延びよう、という切迫した意志が広がり続け、それは
決して絶望しない意志なのだ、と津島さんは語ります。

チリ革命と聞くと私的にはビクトル・ハラ。そして頭に鳴り響く歌声は
「不屈の民/EL PUEBLO UNIDO JAMAS SERA VENCIDO!(団結した
人民は決して敗れない)」セルヒオ オルテガ作曲/キラパジュン作詞。
作画は当然そのまんま!になってしまいました。

以前も紹介したけれど、歌と画像がとても合っている動画。
豊富な画像はチリではなく、2006年のメキシコのデモです。
!エル プエブロ ウニード ハマス セラ ベンシード!


そしてエッセイに登場する1975年 フランス・ブルガリア共同制作映画
「サンチャゴに雨が降る」はこの動画サイトで観ることができます。
*映画「サンチャゴに雨が降る」前編57分後編56分


================================
2012.7/18掲載分 *2012.9/19掲載分
*連載挿絵の全ては樹の実工房HPで。

(12:19)

2012年08月23日

120821トンボ
大きなトンボがキウイの枝に
とまっていました。この後は
網戸に蝉、夜はカナブン。
虫の裏側ばかり目にした日。

締切間近で8本同時進行してい
た仕事も、ようやくデカい2本
を残すところとなりました。
自業自得ですが…息切れ。
ここからの作業は大量の刷り
に入るので、これまで以上、
PCも日に1度開けるかどうか
という感じに籠ります。
皆様、厳しい残暑を無事に乗
り切ってくださいませ〜!



(11:52)

2012年08月22日

120821ぜんべ収穫
6月に木版画作品とセットで
お客様から頼まれた特注の額
が手仕事工房・山のみのりや
さんから届きました。
納品書と同時に収穫物も!
南アルプス聖岳を望む絶景の
標高1000m「下栗の里」で元
気に育った野菜たちが、樹の
実工房の住人のお腹の中へと
派遣されてきたわけです。
九州から上京中の母と奇声を
上げて茹でたトウモロコシは
砂糖で煮た?と疑うほど甘く
てびっくり。めちゃ旨です。
御馳走サマでしたー♪♪♪

(14:08)

2012年08月20日

monsanto
悪魔のモンサント社がじわり
じわりと日本へ進出中。
既に04年頃から日本モンサン
は、茨城で大豆やとうもろ
こしの遺伝子組換作物の研究
を始めています。例によって
マスコミの報道は殆ど無いの
で、自力で見張っていなけれ
ば何をしでかすものやら。

*カレイドスコープの記事

私は食物に遺伝子組換の有無
が表示できなくなるTPP加盟
なんて絶対に反対!

原発騒ぎの陰でこちらの悪事は着々と進んでいるように思われます。
私たちは普通に生きていたいだけなのに、どこまで健康と財産と信頼を
吸い取られ続けるのでしょうか…もういい加減にしてくれと叫びたい。

2008年、フランス・カナダ・ドイツが共同で製作したドキュメンタリー
『Le monde selon Monsanto モンサントの不自然な食べもの』108分が
9/1の渋谷アップリンクを皮切りに全国巡回するそうです。
*映画「モンサントの不自然な食べもの」公式サイト

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
食品安全パブコメ
内閣府食品安全委員会事務局
がパブリックコメントを募集
しています。8/22まで。
内閣府食品安全委員会
 パブリックコメント


この告知の「原発と同じくら
い危険です」という表現はど
うかと思いますが、本当に危
険だということは事実なので
転載させて頂きました。→

意見を書くのは面倒ですが、
まだの方は是非是非!



(00:02)

2012年08月17日

120813ギボウシ
ギボウシに白い花が咲きまし
た。もう1つは薄紫だったよう
な…気のせいかな。
葉が同じで花の色が違うって
あるんでしょうか?
とか、今は調べている時間が
ないのでまたこんど。
とにかく綺麗で涼し気です。

我が家の庭は昨夜から秋の虫
が鳴きはじめ、今朝からツク
ツクボウシが現れました。
季節はもう秋の入口です。
昼間はこんなに暑いのに!
残暑お見舞い申し上げます。

(12:58)

2012年08月15日

120815毬栗
ずっと踏む込む勇気が起こら
なかった庭の鬱蒼地帯に黄緑
の毬栗がたくさん落ちてて、
いたたたた…生理落下です。
私はこの黄緑の毬栗の色形が
いちばん好き。

このままずっと飾っていたい
けれど、時間が経つと枯れた
ような色になるのでこの時期
だけのお楽しみ。

祭壇に飾り終わった後も暫く
玄関に飾っておこう。
ん?これ毎年やってるかも。

(12:26)