2008年01月30日

      
a520d654.jpg

私は丸木スマさんの絵が大好き。
丸木美術館でその作品と衝撃遭遇したのは、写真家で映画監督である
本橋成一師匠が写真集『ふたりの画家』の撮影に通いつめ、未熟な助手としてお手伝いをしていた1986年近辺のことでした。
次いで大道あやさんの作品群にも見事撃沈。恐ろしや〜丸木一族!

丸木美術館に通っていた当時、丸木夫妻は「沖縄」を描いていました。
読谷村のチビチリガマの集団自決についての絵だったように思います。
俊さんは人間を描くのにモデルを使っており、私にもお声が掛かったのですが、ヌードと聞いてビビったまま、機会を逃してしまいました。
ズ太くなった今では残念無念。
当時のうら若き私は、絵描きの視線だけならともかく、ほかの沢山の見学者の目までは耐えられそうになかったの。肝が細くて…くすん。

とにかく丸木夫妻を筆頭に、その親族の絵描きたちは、私にとって雲の上の存在。
そんな私の苦い思い出とは関係なく、目白のギャラリー「ポポタム」から、二人の女絵かき・丸木俊&丸木スマさんへのオマージュ展に参加しないかとお声が掛かりました。

作品は只今制作中。なかなかに緊張します。
是非是非是非とも、お越しください。

================================

☆『花といきもの展〜丸木俊・スマと現代の女絵かきたち』

  全国巡回中の「丸木俊・スマ展」にあわせた
  二人の女絵かきへのオマージュ展。
  12人の絵本画家、挿し絵画家が“花といきもの”をテーマに
  作品を展示販売します。(俊とスマの作品も数点展示)

 出展者
  かとうまふみ、こしだミカ、しのづかゆみこ、杉浦さやか、
  たんじあきこ、どいかや、中沢美帆、にしむらあつこ、
  のざきまいこ、丸木ひさ子、山田美津子、山福朱実

 と き:08年2月19日〜3月2日(2/24(日)&25(月) 休み) 
     12:00〜18:00(金曜〜20時、最終日〜17時) 
 ところ:ブックギャラリーポポタム
     TelFax:03-5952-0114/popotame@kiwi.ne.jp
     171-0021 東京都豊島区西池袋2-15-17

================================

*DMの画像は丸木スマ「草むらの親猫・子猫」参考作品/部分





(16:55)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字