2008年12月24日

      
b846d518.jpg木版画で装画を担当した
新刊情報であります☆

 高橋卓志 著
奔僧記 (ほんそうき)
  知らぬが仏じゃ
  いられない!』
 信濃毎日新聞社 刊
 

これは、松本のタウン誌に約10年間連載していたコラムをまとめた本。
著者の高橋卓志氏はブログにも再々登場する20年来の知人であります。
松本・神宮寺の住職という本職を持ちながら、寺を活かした様々な活動
を精力的に展開し、海外への支援活動を含め、県NPOセンター代表など
も務めてるという多忙な身。
その高橋住職が、この10年間にナニを考え、どんな活動をしてきたかと
いう一端が一気にわかる必読本です。

装画は木版画、本文章トビラ等は墨&筆で描きました。
そして装幀&本文デザイン全般は、これまたお世話になりっ放しで20年
以上お付き合い頂いている友人夫婦…デザイナーの恵比寿屋さんが手掛
けてくださいました。ので、とてもイイ感じに仕上がっています。
是非とも、書店やネットでお求めくださいませ。ぺこり。

*画像はカバーを開いてオビを取り、下に並べた状態です。


(13:17)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字