2012年05月02日

      
hibiyanomori
企画者の御子柴ダイゾウ氏の
お誘いで、グループ展に参加
することになりました。
作家の皆さんが地球上に実在
する動物たちを描きます。
銀座にお出掛けの際はどうぞ
お立ち寄りくださいませ☆


================================
           戸川幸夫 生誕100年記念
         日比谷の森 〜生きもの達展〜

================================

 「日本の自然やそこに生息している動植物は日本の財産である。美し
 い日本人を創造するためには、まず美しい日本を温存しなければなら
 ない。」と、亡き父、動物作家の戸川幸夫はよく言っていました。
 世界中で人間の迫害により多くの動物が滅びて去りました。人間と同
 じく生きる権利を持つのに、今も滅びつつある動物は数限りなくあり
 ます。父の生誕100年を記念し、地球上に生きる同じ生命を受けた仲間
 たちを描く今回の展覧会。戸川幸夫のメッセージを、作品を通してど
 うぞお受け取りください。(戸川久美)

 *本展の収益の一部は<トラ・ゾウ保護基金>に寄付されます。

  期 間:2012年4月27日(金)〜5月2日(水)
      11:00〜19:00(最終日16時まで)
  会 場:ギャラリー日比谷 1〜2F
      100-0006 千代田区有楽町1-6-5 /Tel.03-3591-8945
     (東京メトロ 日比谷駅A4出口1分、銀座駅C1出口2分)
  トーク:4/27(金)17:00〜 無料
      戸川久美×三城美枝子(青森大学教授、ジャーナリスト)
      戸川幸夫「ご用邸ギツネ」朗読:三城美枝子

 *参加作家(敬称略 五十音順)
 相澤史、麻生隆悟、あべ弘士、一色千枝子、井上奈奈、岡山伸也、
 小川香織、小川和子、奥田良悦、奥村幸弘、蟹江杏、毛塚多恵、
 小枝真紀、児玉八千穂、小早川晶子、齋藤秀樹、作宮杏奈、
 杉原民子、武田晶子、武田直美、田畠由希子、富山美幸、中佐藤滋、
 永井等、早川栄子、樋口大寒、平澤重信、ふくちあやこ、
 まいけるからわた、松永悠一郎、門前斐紀、山福朱実

================================
*出展作品はこちらとこちら

(01:11)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字