2012年05月03日

      
self-so
京都で開催されるグループ展
に参加します。
4月初旬なら行けたのに残念!
良い季節ですよね〜京都。

1年後の3/11がテーマなので、
私は企画者の村上稔氏の提案
通り3/11に彫り始めました。

3/11前後は震災・追悼の情報が満載。原発事故のニュースは、嘘と隠蔽
と欲にまみれた恐怖がどこまでも続いていたので、人間であることが恥
ずかしく、あらゆることで沈んだ気持ちになっていました。
そんな状態から始め、仕上げる頃には日常の元気を取り戻していたので
すが、その心の動きがどのように作品に反映しているかは解りません。
参加作家さん全員の作品を一同に見てみたい。とても面白そうです。


================================
     特別展『1年後、2012年3月11日に描いた絵
================================

 企画者であるSELF-SOアートギャラリー村上稔の場合、福島市出身で
 大阪に住み京都にギャラリーを持つ、震源地から700キロ以上離れた
 地で既に30年以上生活を送る身ですが、今回の原発事故以降芽生えた
 自らの出自を根本から否定される感覚にとらわれ続け、相変わらずそ
 れから逃れることができずにいるのが現状です。
 個別ひとり一人の作り手が、昨年の3月11日から1年を経て、その時に
 描く何ごとか(作る何ものか)、それはもちろん無理矢理に震災や原
 発事故と関連づける必要はなく、その時の日常の中の思いがそのまま
 ストレートに反映されたものであれば良く(というかそうでなければ
 逆に単に上辺だけで意味のない表現なのだと思い)、そういったそれ
 ぞれ思いの表現された作品が一堂に展示される展覧会が実現できれば
 と考えております。
 様々な思い、生の思いを表現・共有させていただければ幸いです。
 是非ご高覧下さい。


  期 間:2012年4月21日(土)〜5月6日(日)
      11:00〜19:00(最終日17時まで)/期間中無休
  会 場:SELF-SO アートギャラリー
      1602-8314 京都市上京区六軒町通今出川上ル佐竹町125
          TelFax.075-465-7577/selfsoart@selfsoart.jp

 *参加作家(敬称略 五十音順)
 あおきひろえ、アカサカヒロコ、浅山美由紀、荒井良二、石井聖岳、
 石川武志、市居みか、伊藤秀男、岩村伸一、植田真、植田麻由、
 上野絹子、浮田要三、内田ユッキ、梅谷脩、梅谷正恵、大畑いくの、
 岡田慶隆、おくはらゆめ、景井雅樹、勝田真由、加藤眞琴、
 加藤休ミ、川口珠生、河野あや子、神吉都望、くせさなえ、
 こしだミカ、後藤友香、坂井ユウジロー、笹岡茂彦、杉野まり、
 スズキコージ、ダイモンナオ、田島征三、田島征彦、竹内通雅、
 たてのかよ、谷内一光、田村勝彦、寺田めぐみ、塔本賢一、
 塔本ひろこ、中新井純子、中川貴雄、中川洋典、永島正人、
 中津川浩章、中西圭子、中野真典、西淑、野口ちとせ、のだよしこ、
 橋本あやめ、橋本修一、長谷川義史、旗谷吉員、ハンダトシヒト、
 馬場草香、舟田潤子、松成真理子 、丸木ひさ子、mississippi、
 ミズタニカエコ、ミツル・カメリアーノ、南椌椌、
 みなみりょうへい、ミロコマチコ、宮崎詞美、むらいゆうこ、
 山口紀子、山田心平、山福朱実、山元彩乃、吉岡和泉、WAKKUN

================================
*出展作品はこちら


(00:15)

この記事へのコメント

1. Posted by やまもも。   2012年04月23日 17:20
ああ、残念です。
14日〜16日、京都に行ったばかりです。
会期中は緑が萌え出す頃でしょうね。
東福寺の楓の新芽が食べたいくらいでした。
2. Posted by akemita   2012年04月23日 20:19
わたしも今月はじめに行ったばかりなので、
展示は見ることができません。残念!!
3. Posted by こまざき   2012年05月05日 21:04
みてきましたよ〜〜!!!
とてもすてきでした!!
オーナーの村上さんがいらっしゃらなくって、
残念でした!!
4. Posted by akemita   2012年05月05日 21:08
わ〜ありがとうございます〜嬉しいです。
皆さんの作品も見たいなあ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字