2012年07月07日

      
mayaDM
グループ展に参加します。

聖者伝説まで含めると210
編の物語があるというグリ
ム童話。その中に登場する
女性を描くという、天沼春
樹氏×MAYA企画。
私が選んだ童話は、グリム
初版に収録後、削除されて
いるという作品『夏の庭と
冬の庭』。内容はほとんど
「美女と野獣」ですが、花
や野菜の登場が気に入って
います。

参加作家も豪華です。
どうぞお出掛けください。



================================
      グリム童話の女性たち - その二百年の秘密 -
================================

 グリム兄弟が『子どもと家庭の童話集』を初めて出版して、今年は
 ちょうど200年。200年経っても、けして古びておらず、今も刺激的
 であるメルヒェンに改めて向き合ってみるよい機会だと思います。
 グリムの森で出会った美しく、強く、賢く、恐い女性たち…。
 グリム童話は、森の国ドイツになぞらえていえば、どこからでも入
 っていけて、また、その森の中で思いがけない出会いが待っている
 不思議の森であるということができるでしょう。
 36人の画家たちが、グリムの森のなかで、特に物語の女性たちとど
 う出会ったのか?
 さぞかし刺激的な出会いがあると期待しています。


 期 間:2012年6月25日(月)〜7月7日(土)
     11:30〜19:00(最終日7/7は17:00まで/日曜休廊)
     初日夕方オープニングパーティ

 *イベント*
  ドイツ文学者・天沼春樹氏によるトークイベント。
  グリム童話の知られざる秘密に迫ります。
  日 時:6月29日(金) 19:00〜
  会 場:MAYA 2
  料 金:500円(ワンドリンク付)/限定30名・要予約
  予約等の詳細はこちら

 会 場:ギャラリーハウス MAYA
     107-0061 港区北青山2-10-26/03-3402-9849
     地下鉄銀座線 外苑前駅 3番出口
 企 画:天沼春樹 、ギャラリーハウスMAYA  
 協 力:西村書店 ,、日本グリム協会

 *参加作家(敬称略 五十音順)
 浅野勝美、東逸子、飯野和好、宇野亜喜良、岡田里、小川香織、
 加藤妙子、門坂朋、北見葉胡、木村タカヒロ、くまあやこ、
 こみねゆら、篠崎三朗、城芽ハヤト、菅野まり、スズキコージ、
 鈴木里江、高田美苗、高橋みわ、たなか鮎子、谷口愛、チルオバケ、
 出久根育、寺門孝之、林陽子、樋上公実子、ヒロミチイト、
 深瀬優子、古屋亜見子、堀内亜紀、松倉香子、松本里美、水野恵理、
 百瀬靖子、山福朱実、吉田稔美

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
jomeDM
こちらは城芽ハヤトさんがfb
に投稿してくれた素敵なDM
もどき画像。
城芽さんの「ラプンツェル」
…なんて美しいの!
(この画像は原画をセンター
で切っている感じ。左半分に
ラプンツェルの長〜い髪が描
かれています。)

因みに本物DMはスズキコージ
氏「ホレおばさん」です。

搬入日に参加作家さんの作品
をささ〜っと一周見ることが
できたのですが、そのひとつ
ひとつの凝縮度がぎゅうっと
凄くて、こってり濃厚で…
滅っ茶苦茶見応えがありまし
た。ので、是非是非是非!

================================
1206夏庭冬庭03
←これは私の作品の一部。

*出展作品の全体はこちら

「夏の庭と冬の庭」
あらすじは「美女と野獣」
と殆ど同じ。

この物語に登場する三女は
純情可憐というより、生ま
れもった強かさを活かし、
賢くチャンスを掴み取って
いく努力の女。そして野獣
はただただ優しい男…
読んでそう感じたので、そ
のまま描いてみました。




(00:17)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字