2015年02月14日

      
茂田井武 トン・パリ祭
昨日は『茂田井武 トン・パリ
』初日へ出掛けました。
様々な茂田井グッズに心のこ
もったトリビュート作品群!
茂田井作品を愛する作家たち
の気持ちが伝わってきます。
会場のえほんやるすばんばん
するかいしゃも必見ですし…
この、ギュッとつまった素敵
な展示に是非とも足をお運び
くださればと願います。
モタイみくじ
今回のために準備されていた
「モタイみくじ」は大吉☆
入っていたバッジは「おめで
とう」でさらにめでたし!→
書かれている一文にグッとき
てモリモリ元気が出ました。
”はぢめての世界”を見続けてい
けたら嬉しいなあ。

1991年に出版された箱入りの
「茂田井武画集」を私が奮発
して購入したのを知った父が
自分も手元に置きたいという
ことで買ってしまい…今や我
が家には、あの高価な画集が
2冊もあるのです。贅沢!
茂田井武 トン・パリ祭
というわけで今回の
私の出展作品は、そ
の画集に納められて
いた復刻雑誌・長編
マンガ物語「三百六
十五日の珍旅行」が
テーマの紙版画とな
りました。

今日は父の命日です
…なんか嬉しいな。
茂田井武 トン・パリ祭
茂田井作品について父と会話
した色々が、この展示に参加
したことで思い出され、個人
的にとても有意義な時間を持
つことができました。
父もきっと喜んでくれている
に違いないのです。

このような企画を準備してく
ださったMUSEE MOTAIの方
々に改めて御礼を述べたいと
思います。大感謝!です。

会場の写真は初日にいらした
作家や編集者の方々の投稿か
ら拝借しました m(_ _)m

(15:20)

コメントする

名前
 
  絵文字