2016年08月24日

      
oha 92号
『おそい・はやい
 ひくい・たかい』

 No.92
行きしぶり・不登校、
    親の心がまえ
    

責任編集:岡崎勝
ジャパンマシニスト社
2016年7月刊/1296円
ーーーーーーーーーーー
創刊からイラストを描い
ている雑誌『おそい・は
やい・ひくい・たかい』
略して『お・は』は創刊
16周年を迎えました。
広告は一切なく、スポン
サーは読者だけ。今後も
宜しくお願い致し〼!

***********************************************************************************

 大人は弱ったり困ったりしている子どもへの想像力が鈍くなりがち。
 気持ちを押さえきれずに、厳しく接したり、励ましたりと見当ちがい
 をしてしまう。
 そんな勘違いや不用意な言動が続けば、「行きたくない感じ」から
 「絶対無理」へと子どもをおしやることもままあること。
 さらに、家族の関係にもヒビが入ったり、追いつめられた子が精神的
 な二次障害を起こしたといった話もめずらしくありません。
 不登校が大きな問題になって長い時間が経ちました。
 でも、残念ながら、さまざまな「対策」は功を奏しませんでした。
 これまでの対策は、不登校をマイナスとばかりにとらえていたことが
 共通しています。
 それでは、子を支えるはずの親まで息切れしています。
 子ども自身がそのときをチャンスにかえられるような、親子ともに
 「充実したひと休み、大切な遠回り」とふり返ることのできような、
 そんなヒントをお届けします。

================================
*お・は No.91 *No.93
*表紙を担当している号は樹の実工房HPで。

oha 92号


(09:08)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字