2016年11月02日

      
2016.5月 画廊香月 堀越千秋氏

連絡を頂いてからどうしていいかわからないまま1日半が過ぎました。
今はMAYA”死者の日2016” の会場に遊びに来てくれているはずだと信じ込
むしかない。献杯しすぎて二日酔い気味です。
初めて逢ったのは20年くらい前だったか…架空社の前野社長が、同級生
なんだよ〜と酒宴に連れて来てくださって、そのときいきなりカンテフ
ラメンコを歌ってくれた。素晴らしい。そして顔をくしゃくしゃにして
思い切りガハハハ!と笑う、そのおおらかな人柄の虜になりました。
私の初個展に来てくれたときに下手くそな陶芸作品を見て、登り窯を作
るから作陶しに来なよと誘ってくれたので、山へも何度か泊まり込みで
通いました。相棒やいろんな友だちを連れて。思い出が次から次に。
それから相棒の葬儀に参列してくれたこと、何もかも失くした上に肩身
が狭い、抜け殻のようだった私にとっては本当に心強くて。
最後に話したのは6月の終わり。MAYAで個展やって欲しいかもという連
絡で、本当は体調不良で無理だとわかっていたかもしれないのに、光栄
です、前向きに検討しますと仰ってくださっていた。
本当に大好きなひとでした。これからもずっとずっと尊敬し続けます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜画家、堀越千秋氏の死去について〜
画家、エッセイストの堀越千秋(1948年11月4日、東京都生まれ)は、スペ
イン現地時間の10月31日午後9時45分、マドリード市内のアルコルコン病
院で多臓器不全のため死去しました。
葬儀は、現地時間1日の午前9時から午後11時までマドリード市内の葬儀
場で行い、後日、スペインと日本でお別れ会を行う予定です。喪主は妻
久美(くみ)さんです。
生前のご厚誼に感謝し、ご連絡申し上げます。  画廊香月 香月人美

画家の堀越千秋さん死去 「翼の王国」表紙絵を担当 朝日新聞

(15:59)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字