2017年02月14日

      
畑たいむ氏1994年記事

数日前、父の命日が近いことなど知るはずもない畑たいむ氏より「古い
スクラップを整理していて1994年に取材した時の記事が出て来ました」
と、新聞の切り抜き記事を画像添付で送っていただきました。
父が亡くなる3年前だったのですね〜嬉しいです!
畑たいむ氏の絵も現在のと少ぅし違っていて新鮮です。
山福印刷の前の細い路地は、現在も舗装されていないままの土の道で、
昨夏帰郷したときは1m越えの雑草が生え放題でございました。
あそこに美しい花を咲かせられるか…我が園芸部の腕の見せ所!

本日2/14の命日は、恒例の緑さんとのチョコ馬鹿喰いを遂行します♬

================================
『漫歩景』畑たいむ 1994年
ヤマフク印刷 主人 山福康政さん(66)
土の残る路地で50年
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
店の前は今では珍しい土の路地で、雑草も生えます。この場所で50年に
なります。
広島で生まれ、2歳で若松に移ってきました。1950年に始めた「なびす工
房」というガリ版屋が、今の印刷屋の前身です。
76年に脳血栓で倒れ、右半身のリハビリのために絵を描き始めました。
78年にはそのイラスト集「付録」を自費出版。五木寛之さん、井上ひさ
しさんらにも送りました。
それが編集者の目に触れ、福音館書店から「原っぱに風が吹く」など、
子供時代の若松での生活を絵と文で描いた2冊を出版しました。
「裏山書房」の看板で本の出版も手がけています。火野葦平資料の会会長
の鶴島正男さん、筑豊文庫の故上野英信さんの著作など十数冊を出しま
した。
今後は印刷屋の方は長男に任せ、戦後をイラストで描いていきたいです
ね。
<メモ>若松区西園町13の4。市営、および西鉄バス停「栄盛川」そば。

(12:07)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字