2017年04月24日

      
武田百合子「あの頃」
昨日のビブリオでご来廊くだ
さった方々と談笑や打ち合せ
をしていたとき、私の周りに
は少ない上品な女性が現れ、
何か間違っていらっしゃった
のかしら?と様子を伺ってい
ましたところ、おもむろにこ
の本を…武田百合子さんの単
行本未収録エッセイ集を取り
出し、近所で読んでいて山福
康政という名前が出てきたの
でどんな人だか検索したら、
この人に娘がいて、ちょうど
国立で展示中だと知って来た
…と仰ったのです。
「あの頃」本文
信じられない!私この本知ら
ないしー!と、鼻血が出そう
に興奮しました。
それもそのはず、「生前出版
した作品集以外は決して書籍
にしないこと」の遺言の禁を
死後四半世紀にして解き、娘
の花さんによって出版された
ものだそうで…愕然!もうど
う考えても父の仕業です。
そしてこの本を届けてくだっ
さった女性は何かの化身であ
ると断言したいです。
ギャアギャア興奮している私
に、記念にどうぞとこの本を
くださったのですよー2800円
もする本を!なんてことっ!

*武田百合子 著/武田花 編集『あの頃 - 単行本未収録エッセイ集

がんばって展覧会やっててよかった…泣。
ビブリオ店主の十松さんに感謝感謝感謝!
展示は4/25まで!今日と明日でお終いです。
しかも今展も石牟礼道子さんの物語の挿絵…これも父の繋がりからここ
まで辿り着いたという、父が泣いて喜んでくれたであろう仕事なのです。
お時間ある方は是非〜来廊は午後4時なら確実です。
水はみどろの宮 挿絵版画展08*国立・ビブリオ


(12:06)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字