2017年05月09日

      
石油のものがたり
たくさんのふしぎ
  2017年6月号
石油の
  ものがたり


 大河内直彦 文
  山福朱実 絵 
 福音館書店 刊
   667円+税
ーーーーーーーー











自動車や船、飛行機の燃料として、また、ものを作る原料として、石油
は現在私たちの暮らしにかかせません。その石油は、どのようにしてで
きたのでしょうか?石油の歴史は、恐竜たちが暮らした太古の時代の海
で、植物プランクトンが大量発生したことに始まりました。
プランクトンの死がいがなぜ石油になったのか? 
どうして日本ではあまりとれないのか?  
「地球がためこんだ太陽エネルギー」石油のなぞにせまります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私的には非常に真面目に、木版画で科学絵本に取り組みました。
エネルギーのことなので作画中は悩むこともありましたが、石油自体は
自然の産物です。人間がこれをどう扱えば良いのか、考えるきっかけに
なるといいなあと思っています。             山福朱実
================================

(05:02)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字