2017年07月11日

      
キジムナーKids
装画&挿絵を描いた
上原正三氏の小説が
出ていました!
今回は装画が版画、
挿絵は筆描きです。
ーーーーーーーーー
キジムナーKids
 上原正三 著
 
 現代書館
 ¥1.700+税
ーーーーーーーーー
上原氏はウルトラマ
ンやゴレンジャー、
ロボコン等の脚本を
手がけたシナリオラ
イター。
沖縄での子ども時代
を描いたこの自伝小
説から、敗戦前後の
沖縄の状況が浮かん
できます。


 出会い、友情、冒険、好奇心、別れ…そして、希望。
 たくましく生きた子供たち“キジムナーkids”を、ウルトラマンの
 シナリオライターがみずみずしく描く自伝小説。

 *出版社からのコメント
 上原正三が少年の視点で描いたウチナーイクサ(沖縄戦)のリアル。
 集団自決、米兵による強姦、ひめゆり学徒隊、沖縄大空襲、疎開…
 著者が体験したエピソードを通して綴られるのは、戦中戦後を生きた
 子供たちの飢えと逞しさ、拒絶とあこがれ、そして絶望と希望。
 この沖縄の少年期特有の感情を、多くの方に共有されることを切に
 願っています。沖縄版『はだしのゲン』『スタンド・バイ・ミー』
 として、長く読みつがれてほしい一冊です。

 ★上原正三(うえはらしょうぞう)
 1937年沖縄生まれ。中央大学卒業。シナリオライター。
 『帰ってきたウルトラマン』(円谷プロ)、『がんばれ!! ロボコン』
 (東映)、『秘密戦隊ゴレンジャー』(東映)、『宇宙刑事ギャバン』
 (東映)など多くの作品のメインライターを務め、ヒットに導いた。
 著書に「金城哲夫 ウルトラマン島唄」(1999年 筑摩書房)、
 「上原正三シナリオ選集」(2009年 現代書館)等がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(15:13)

この記事へのコメント

1. Posted by さい   2017年07月12日 15:17
キジムナーkidsの本 見ました。
表紙やイラストがとても本文にマッチしていますね!
上原先生と山福さんの相性はとてもいいと思います!
完璧なお仕事 どうもお疲れさまでございました!
カンペキです!
2. Posted by akemita   2017年07月13日 14:52
さい様、嬉しいコメントをありがとうございます!
引っ越し準備のバタバタの中で、どこまでできるのか
不安でしたがなんとか漕ぎ着けることができました。
少し落ち着いて、やっとこさ告知ができた次第です。
大勢の方に読んでいただけることを願っています!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字