2018年01月17日

      
私はたぶん中学生で12歳、兄は18歳頃だと思われる、父が撮った懐かしい写真。とても北九州っぽいです。昨日の夕方に見つけました。
康生と朱実

家捜しは3月に開催する父の展覧会準備の一環で、図らずも没後20年に父の仕事を紹介することになったのですが、作品群の保管状態が悪いことと、その仕事の幅がありすぎて、今回はそのほんの一部しかお見せできそうにありません。うぅ…好きでたまらなかった父が生きていてくれたらと思うことがいろいろ多すぎル。超ファザコン!


(10:02)

コメントする

名前
 
  絵文字