2018年11月08日

      
      現代書館から出る新刊の装画を担当しました!
「当たり前」をひっくり返す

   『「当たり前」をひっくり返す
     バザーリア・ニィリエ・フレイレが奏でた「革命」


    竹端寛 著/現代書館 刊/2018年11/10発売/2000円+税

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
精神病院をなくしたバザーリア(1924-1980イタリア)、入所施設の論理を破壊しノーマライゼーション原理を唱えたニィリエ(1924-2006スウェーデン)、教育の抑圧性を告発したフレイレ(1921-1997ブラジル)。
動乱の時代に社会に大きな影響を与えた3人を貫く「実践の楽観主義」の今日的意義。


【著者紹介・担当編集者より】
竹端寛(たけばたひろし)
1975年生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。博士(人間科学)。山梨学院大学法学部政治学科准教授を経て、現在、兵庫県立大学環境人間学部准教授。学生時代から大阪精神医療人権センターの権利擁護活動に加わり、スウェーデンでの在外研究期間中に「ノーマライゼーション・育ての父」ベンクト・ニィリエ氏にインタビューをしている。障がい者制度改革推進会議総合福祉部会の委員として総合福祉法案策定にかかわる。著書に『枠組み外しの旅』(青灯社)、『権利擁護が支援を変える』(現代書館)、『障害者総合福祉サービス法の展望』(共著、ミネルヴァ書房)、『福祉先進国における脱施設化と地域生活支援』(共著、現代書館)他。

(12:24)

コメントする

名前
 
  絵文字