2019年07月12日

      
FK28Z(6)-bis
FK28Z(6)-bis
熊本 山鹿・畠山浩史氏撮影
  写真:畠山浩史

================================
      『FK28Z(6)-bis』クロージングイベント
        フクツの民 革命歌を聴く・歌う
================================

 日 時:2019年7月15日(月祝) 15:00〜16:30
 参加費:2.000円 (ドリンク付)
     *終演後のクロージングパーティ参加の飲食は+500円   
 会 場:北九州 八幡・ Operation Table
     805-0027 福岡県北九州市八幡東区東鉄町8-18


FK28Z(6)-bis」とは…
大木裕之、友清ちさと、松野真知による「フク28ZAKI海浜博覧祭」のQMACヴァージョン。「フク28ZAKI海浜博覧祭」はアーティスト、友清ちさとが企画し、2013年から友清の出身地、福岡県福津市にある旧玉乃井旅館でほぼ毎年開催されてきたグループ展。展覧会名は、福津市が2005年宗像郡福間町と同郡津屋崎町が合併してできた市であることから、フクマとツヤザキを合成した語からなっています。映像とインスタレーションに演劇的要素を加えたパフォーマンスあり、と即興性を重視した展覧会の編成メンバーは毎回少しずつ変化し、開催地も昨年は東京であったりと、変幻自在な形態をとってきました。玄界灘に面した元海浜旅館の建物から、住宅地にある元動物病院の建物へと舞台を移す今回の展覧会では、「住むこと/移動すること」の様々な意味が浮かび上がってくるようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山福朱実は「 水はみどろの宮 挿絵版画展 」「 ああ!愛しのメキシコスープ!II 」でオペレーションテーブルではお馴染みの版画家、イラストレーター。1963年、北九州市若松区生まれ。東京での挿画や絵本出版の仕事を経て、一昨年、35年ぶりに若松へ戻り、木版画制作のための「 樹の実工房 」も移設。共に北九州へ居住することになった東京出身の音楽家、末森樹と組んでギター演奏と歌・朗読によるライブ活動を行っています。「山本糾 ミシンと蝙蝠傘」展の特別イベントとして「 稲垣足穂の『一千一秒物語』を読む・歌う・奏でる 」にも出演。国際的な抵抗運動の歌として知られる「不屈の民」は 山福+末森ユニット のレパートリーで、山福はいつも原曲のスペイン語で歌います。このほか国際歌や反独裁政権の民衆たちに歌い継がれてきた楽曲を中心にしたライブとなります。

================================

(15:43)

コメントする

名前
 
  絵文字