2019年09月17日

      
2020 応援カレンダー

12人の絵本作家が描くおうえんカレンダー2020』が完成しました!
今回、新しく5名の絵本作家さんにご参加いただきました。
ささめやゆきさん、田島征彦さん、山本孝さん、チャンキー松本&いぬんこさんの5名です。どうぞご期待ください。
今回、交代されたスズキコージさん、ふしはらのじこさん、あおきひろえさん、吉田尚令さんの作品を楽しみにお待ちいただいたみなさまにはちょっと残念ですが、また近い将来きっと戻って来てくださいます(と信じています)のでどうぞ楽しみにお待ちくださいね。
そして今回、絵の参加はされませんでしたが、あおきひろえさん、吉田尚令さんには早い時期から制作に携わっていただき、大変お世話になりました。ふしはらのじこさんにはこれから堺町画廊でカレンダーの販売と原画展でお世話になります。
また今年から、これまでボランティアに支えられて来た、袋づめ〜梱包作業は東京の福祉施設に、また経理は大阪の会計事務所に委託します。初めての試みに多少の不安もありますが、それ以上にまたこうしてカレンダーをみなさんにお届けできる喜びは大きく、ボランティアの力を今後、他のことに活かせていけたら・・・と色々と企んでおりますので、みなさんどうぞお楽しみに!

さて、2020年カレンダーの収益金は、
311受入全国協議会(うけいれ全国)」に寄付させていただきます。
福島をはじめ、原発事故の影響を受けた地域の子どもたちを保養という形で支援し続ける全国の団体のネットワークです。2012年に活動を開始、保養支援団体の情報共有や保養情報を集めた「ほよ〜ん」サイトの運用、福島県など被災現地での相談会の開催などを続けています。8年を経た現在も全国の約60団体が登録し、人手や資金の少ない中で活動を続けています。今回は、保養実施団体への補助金としてご寄付させていただく予定です。みなさま、ご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。
                   応援カレンダープロジェクト


(13:00)

コメントする

名前
 
  絵文字