2020年07月08日

      
直方市立図書館内の特別室『筑豊文庫資料室』の看板が完成しました!

本当は3月が完成だったはずの看板ですが、作業する量を考えてみると
時間が全然足りない…と頭を抱えていた矢先にコロナ禍で延期となり、
結果、作業に集中でき、最終締切にも間に合わせることができました。
直方市役所+図書館の方々と上野朱さんが取り付けてくださいました。
看板取付
曲がった形の板を、ああでもないこうでもないと奮闘してくださって、
まるでずうっとそこにあったかのように、ピタッと収まったのでした。
看板
         *作品としての画像はこちら

今回の看板制作は山福家にとって、とても大切なミッションでした。
父の想いと私の思い出。ずっと繋がってきて今も生き続けている関係。
板を手配してくれた岡本さん、大喜びしてくれただろうな、塩谷さん。
そのように積み重ねて来た経験や歴史を頭の中でグルグルさせながら、
彫って彫って、英信さんや晴子おばさまに怒られないように、慎重に、
約4ヶ月間、腕を痛めないように少しずつ、丁寧に作業を進めました。
こんなふざけた字で申し訳ないなと思いつつ、今の私にできることを
精一杯。このような光栄なご指名を、本当にありがとうございました。

取り付けを見なきゃ!と同行した母と朱さんと私で記念撮影。感無量。
記念撮影
こうして3人で記念撮影したのは、ポレポレ坐で開催した山福 父娘展
でのトークの後だったなと、フと思い出して泣きそうになりました。
なんだか遅々としていますが、ちょっとずつ進んでもいるのですね。

ミッション完了!で小躍り後、朱さんが我々を車に乗せてくれました。
昨日までの豪雨で水量が増えた川を眺めて走っていたら、奇妙な音が…
ンドコドコドコドコ ゴトンゴトン ゴトン。ま、まさかの…パンク!!
パンク
私は不謹慎にも、川と田んぼに挟まれた場所で降車できて気持ち良いと
思ったのでした。ささっとタイヤ交換してくれた朱さんごめんなさい!
豪雨後の晴れ間に動けたことと、このアクシデントが旅感を盛り上げて
くれました。面白かった〜!キャハハ、朱さん、本当にゴメンナサイ!

『筑豊文庫資料室』は2020年7月21日にオープンするそうです。是非✨

(19:17)

この記事へのコメント

1. Posted by ひでこ   2020年07月09日 17:29
いろいろな気持ち 心 命がはいった看板ですね。ステキです。

コメントする

名前
 
  絵文字