絵仕事

2017年04月17日

oha96
『おそい・はやい
 ひくい・たかい』

 No.96
  いまどきの反抗期
  親へのアドバイス

    
責任編集:岡崎勝
ジャパンマシニスト社
2017年3月刊/1296円
ーーーーーーーーーーー
創刊からイラストを描い
ている雑誌『おそい・は
やい・ひくい・たかい』
略して『お・は』は創刊
16周年を迎えました。
広告は一切なく、スポン
サーは読者だけ。今後も
宜しくお願い致し〼!

***********************************************************************************

様変わりしたその時期。
まず、その子その子で変化の年齢に幅があり(すぎ!)、
10歳くらいから生意気な口をきき
15歳をピークにときには壁に穴を開けたりは、
そう心配はない。少しの時間を待っていればいい?

けれど、まだ10歳なのに嘘とごまかしに長けてびっくり、とか。
15歳の春、突然にリスカが始まった、とか。
20歳で「もう大人だね」といった途端に夜遊びデビュー、とかとか。
25歳のある日、「退職してのんびりしたい」と実家に出戻って。
30歳で「親に虐げられていた」と絶縁…なんてことだ!

その出方も良くも悪しくもバラエティにとんで、
親世代は後悔、懺悔、憤怒、涙も枯れる。
反抗期、親子関係を 深く深く掘り下げた特集。
困ったときに強い味方の「お・は」!

================================
*お・は No.95
*表紙を担当している号は樹の実工房HPで。

oha96


(22:16)

2017年02月22日

おうえんカレンダー 2017

2017年 応援カレンダーの会計報告をさせていただきます。
おかげさまで2017年度は『3.11 甲状腺がん子ども基金』に250万円寄付
をさせていただきました。みなさまのご協力に心より感謝申し上げます。

 売り上げ 5,520,945円
  ・カレンダー 売り上げ 5,423,145円
  ・原画 売り上げからの寄付 97,800円
  (作家さんをはじめ、みなさまからのカンパも含まれています)
 経費 1,365,967円
 収益 4,154,978円
 3.11甲状腺がん子ども基金寄付 2,500,000円
 謝礼・報酬 510,000円
 次年度繰越金 1,145,978円

昨年は今後も続けるかどうかも考えずやってみましたが、今年もカレン
ダーの継続を希望される声が多かったこと、また、作家さんが快く引き
受けてくださったこともあり、今後も出来る限り継続していきたいと思
っております。
今回は昨年以上に売り上げも多く、次年度の制作費に繰越金を残す事も
出来ました。また超多忙の中、作品を提供してくださった作家さんには
本当に僅かですが謝礼をさせていただきました。またチラシ制作〜袋詰
め、発送、集計まで3ヶ月共に働いてくれたスタッフにも報酬を分配する
事が出来ました。謝礼、報酬ともに実労にはまったく見合わない額です
が、せめてもの感謝の意をこめて、みなさまのご寄付から使わせていた
だきました。どうもありがとうございました。

現在、2018度の応援カレンダー寄付先を検討中です。
みなさまからのご意見、ご感想などをお待ちしております。
*昨年度、2016年版カレンダーの詳細はこちら

 参加作家(五十音順敬称略):
  あおきひろえ青山友美あべ弘士市居みかおーなり由子
  スズキコージ長谷川義史はたこうしろうふしはらのじこ
  降矢なな山福朱実吉田尚令

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*山福朱実の作品はこちら。カレンダーは9月担当です。


(16:19)

2017年02月09日

庭の千草2017
私がフライヤー
の絵を担当する
ようになって、
8度目の冬が到来
しました。
ねこまんま舎さ
ん主催のライブ
で、デザインは
yamasin(g)氏。

アカペラで歌う
おおたかさんの
美声を聴きに、
是非!お出掛け
くださいませ☆


================================
      おおたか静流 a cappella 無伴奏独唱
     おおたか静流 庭の千草 11回目の冬 》
================================

      おおたか静流 a cappella 無伴奏独唱
         庭の千草 11回目の冬
       静謐な空間で珠玉の声を届けます

 日 時:2017年2月11日(土) 開場18:30 開演19:00
 料 金:前売 3.800円/当日 4.000円
 会 場:近江楽堂 Tel:03-5353-6937
     西新宿3-20-2 東京オペラシティ3F
 問合せ&予約:ねこまんま舎 nekomanmasha@kzc.biglobe.ne.jp
     *件名『おおたか静流/庭の千草』でメールにて受付

================================
*『よっつめの冬』 *『いつつめの冬』 *『むっつめの冬
*『ななつめの冬』 *『やっつめの冬』 *『ここのつめの冬
*『十回目の冬

(14:48)

2017年02月07日

oha95
『おそい・はやい
 ひくい・たかい』

 No.95
   忍耐・ガマンの
    上手な伝え方

    
責任編集:岡崎勝
ジャパンマシニスト社
2017年1月刊/1296円
ーーーーーーーーーーー
創刊からイラストを描い
ている雑誌『おそい・は
やい・ひくい・たかい』
略して『お・は』は創刊
16周年を迎えました。
広告は一切なく、スポン
サーは読者だけ。今後も
宜しくお願い致し〼!

***********************************************************************************

忍耐とガマンは将来を生きていくのに大事なこと……
けれど、うちのおにいちゃんは、そのガマンというものができない。
ほしい! となったら、すぐ・いま・ほしい。
やりたい! となったら、ここで・いま・やってみたい。
そのくせ、自分の気がむかないことには、
しぶしぶ手をだし、すぐに放り出す。
大丈夫か?

ひきかえ、妹は、「あとで」といえばこくりとうなずく。
「ちょっと、まっていてね」といえば、
絵をかいたり本を読んだり、大人しい。
苦手といっても、コツコツ取り組むタイプで それなりの成果を出す。
それって、いい子すぎる? ガマンしすぎてる?

その子その子の性格によって、というけれど、
親はそんなに器用じゃない。
この特集は、いつも目につくところに置いて、
時折読み返したくなる特集。

================================
*お・は No.94
*表紙を担当している号は樹の実工房HPで。

oha95


(09:56)

2017年01月13日

物々交換 農産物
昨年春に頼まれていたのに、
遅れに遅れてやっとこさ年末
に納めたロゴマーク仕事。
その物々交換のギャラの一部
が届きました〜嬉しい!

農産物と海産物のマーク2種を
描き、既に海産物は我々の血
と肉になっており、今度は精
魂込めて作られた穀物類が♬
おまけに高級塩まで!ウフ。
物々交換仕事は具体的でわか
りやすくて気持ち良いです。
長野の中島さん、ありがとう
ございました!

(10:50)

2016年12月13日

oha94
『おそい・はやい
 ひくい・たかい』

 No.94
    親子で役立つ
 恋!愛!セックス!

    
責任編集:岡崎勝
ジャパンマシニスト社
2016年11月刊/1296円
ーーーーーーーーーーー
創刊からイラストを描い
ている雑誌『おそい・は
やい・ひくい・たかい』
略して『お・は』は創刊
16周年を迎えました。
広告は一切なく、スポン
サーは読者だけ。今後も
宜しくお願い致し〼!

***********************************************************************************

 恋愛は「面倒くさい」。
 交際相手がいる新成人は、
 20年前の2人に1人から、4人に1人と大きく減少。
 一方で、交際する子たちは、低年齢化、カジュアル化。
 小学生でも「つきあう」ことはめずらしくなくなっている。
 レイプやデートDV、ストーカー問題も特例ではなくなった現実。
 性をセックスだけに閉じこめた「性教育」はもう限界。
 豪華執筆陣を迎えてのOha『性」特集。
 まずは、大人が自分の足元をみつめるための貴重な1冊。
 ライター・雨宮まみ、作家・伏見憲明、児童精神科医・関正樹、
 ノンフィクション作家・渋井哲也、作家・北原みのり、
 男の墓場プロダクション局長・杉作J太郎、社会学者・宮台真司ほか!

================================
*お・は No.93 *No.95
*表紙を担当している号は樹の実工房HPで。

oha94


(11:13)

2016年12月03日

 K's Opera『奇妙なマザーグースの話』のカレンダーができました!
奇妙なマザーグースの話 2017カレンダー

 「キラキラ星」や「メリーさんの羊」などの歌で楽しまれ、イギリス
 やアメリカで親しまれた歌は千をも超えるというマザーグース。
 西山まりえによるルネサンス・ハープ、ヴァージナルという古楽器の
 演奏、波多野睦美のメゾソプラノの歌声、山福朱実の版画を絵本仕立
 てにした映像とともに、英語の歌や日本語のリーディングを織り交ぜ
 た、マザーグースの「怖く」て「奇妙」な世界を、オペラの舞台にし
 て各地で上演を続けています。
 その木版画挿絵を使って2017年のカレンダーを作りました。

 サイズ:横150×縦100mm プラケース 13ヶ月14枚
     卓上・パソコンモニター上設置可能
 価 格:送料込 680円
 申込&問合せ:info@kproductions.co.jp

  注文個数、お名前、住所、電話番号、メールアドレスを書いて
  ご連絡ください。お振込み確認後に発送いたします。

  *こちらのサイトでコンサートDVD、絵本も絶賛発売中
  *アマゾンでも購入可能!
  *ヤフーショップは他のグッズも豊富に販売中!
奇妙なマザーグースの話 2017カレンダー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*2016.10/28『奇妙なマザーグースの話 3』in 金沢市アートホール
*2015.5/24『奇妙なマザーグースの話 2』in 渋谷 HAKUJU HALL
*2013.12/23&28『奇妙なマザーグースの話
 in 目白・自由学園 明日館講堂&横浜・赤レンガ倉庫

(09:55)

2016年12月01日

2017年応援カレンダーは6,000部すべて完売につき、申込みを締め切らせ
ていただきました。ご支援いただき、本当にありがとうございました!

     12人の絵本作家が描く応援カレンダー2017年版の
     予約受付を開始しました。是非ご協力ください!

12人の絵本作家による応援カレンダー2017

   2017年は「3.11 甲状腺がん子ども基金」を応援します!
昨年度の2016年版カレンダーにつきましては、温かいご協力をいただき
ありがとうございました。収益は「福島子ども被ばく裁判の会」に役立
てていただきました。
今年度、2017年のカレンダー収益は「3.11 甲状腺がん子ども基金」に寄
付させていただくことにいたしました。
福島が行う当時18歳未満の子どもを対象にした県民被ばく調査により、
135名が甲状腺切除手術を受け、悪性がんであることが確定しました。
私たちが出来ることは微々たる事ですが、せめて治療費の本人負担が軽
くなるようにと、12人の絵本作家さんが一枚一枚心のこもった絵を提供
してくださいました。皆様のご協力を心からお願い申し上げます。
            2016.10.1 応援カレンダープロジェクトチーム

 参加作家(五十音順敬称略):
  あおきひろえ青山友美あべ弘士市居みかおーなり由子
  スズキコージ長谷川義史はたこうしろうふしはらのじこ
  降矢なな山福朱実吉田尚令

 価格:1部(カンパ) 1.000円/送料別
    10部以上お買い上げの場合は1部 900円
 注文:申し込みフォーム
   :メールで→ ehoncalendar2016@yahoo.co.jp
   :ハガキで→ 569-0805高槻市上田辺町11-3-206 水戸喜世子宛
   :お問い合わせ→ 090-8235-0927 水戸晶子
    

================================
         子どもたちの明日のために
      12人の絵本作家が描くカレンダー原画展
================================

 期間中は絵本とカレンダーの展示即売も行います。
 また絵本作家さんによる楽しいイベントも企画しております。
 詳細は空色画房 HPでご確認ください。

 期 間:2016年12月1日(木)〜24日(土)
     木金土のみオープン/12:00〜19:00
 会 場:空色画房
     大阪市北区菅原町1-5 (北浜駅26番出口) /06-6365-6650
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*山福朱実の作品はこちら

12人の絵本作家による応援カレンダー2017


(09:26)

2016年10月26日

2016.10/28 奇妙なマザーグースの話 in 金沢

================================
        奇妙なマザーグースの話 in 金沢
      〜「怖い」「奇妙」な歌で元気になる !? 〜

================================

 「キラキラ星」や「メリーさんの羊」などの歌で楽しまれ、イギリス
 やアメリカで親しまれた歌は千をも超えるというマザーグース。
 西山まりえによるルネサンス・ハープ、ヴァージナルという古楽器の
 演奏、波多野睦美のメゾソプラノの歌声、山福朱実の版画を絵本仕立
 てにした映像とともに、英語の歌や日本語のリーディングを織り交ぜ
 たマザーグースの「怖く」て「奇妙」な世界をお楽しみください。

 出 演:波多野睦美(メゾ・ソプラノ)
     西山まりえ(ヴァージナル/ルネサンスハープ)
     山福朱実(版画)

 日 時:2016年10月28日(金) 19:00開演
 料 金:全席指定 4,000円/当日は500円増し
 会 場:金沢市アートホール
     920-0853石川県金沢市本町2-15-1/076-224-1660
 問合せ:金沢芸術創造財団 076-223-9898

2016.10/28 奇妙なマザーグースの話 in 金沢2016.10/28 奇妙なマザーグースの話 in 金沢
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*2015.5/24『奇妙なマザーグースの話 2』in 渋谷 HAKUJU HALL
*2013.12/23&28『奇妙なマザーグースの話
 in 目白・自由学園 明日館講堂&横浜・赤レンガ倉庫

(09:54)

2016年10月24日

oha93
『おそい・はやい
 ひくい・たかい』

 No.93
 親にできる
 進路」アドバイス
    

責任編集:岡崎勝
ジャパンマシニスト社
2016年9月刊/1296円
ーーーーーーーーーーー
創刊からイラストを描い
ている雑誌『おそい・は
やい・ひくい・たかい』
略して『お・は』は創刊
16周年を迎えました。
広告は一切なく、スポン
サーは読者だけ。今後も
宜しくお願い致し〼!

***********************************************************************************

 高校受験が近いのに「元気」はあるけど「やる気」がない。
 当然、学力も…(泣)。
 「いやいや遅くありません、これからがんばれば!」
 という担任も汗をかいている。
 小学校から、それなりにがんばったと思う……けど、やれることは、
 全部やったような気がする……けど、「学力は年収に比例する」って
 いわれても「親の年収は、なにに比例するんだよ!」とキレたい。
 人生を考えるうえで進路選びは大事。だけど、高校、大学って、上を
 目指すのも、子どものやる気も学力も、親の経済力も…無理がある。
 親は子どもを食べさせるために仕事してるだけで精一杯。
 毎日「明日の準備」を注意し「宿題やったの?」くらいはいうけど、
 それだけでは、ダメなの?
 現実を見据えて、ほんとうの「いまとここ」で役に立つ進路のことを
 まとめた特集。
 暗いニュースを乗り越える、そんなOha93号ですよ〜ん。
                    (本誌編集人・岡崎 勝)

================================
*お・は No.92 *No.94
*表紙を担当している号は樹の実工房HPで。

oha93


(21:51)

2016年08月24日

oha 92号
『おそい・はやい
 ひくい・たかい』

 No.92
行きしぶり・不登校、
    親の心がまえ
    

責任編集:岡崎勝
ジャパンマシニスト社
2016年7月刊/1296円
ーーーーーーーーーーー
創刊からイラストを描い
ている雑誌『おそい・は
やい・ひくい・たかい』
略して『お・は』は創刊
16周年を迎えました。
広告は一切なく、スポン
サーは読者だけ。今後も
宜しくお願い致し〼!

***********************************************************************************

 大人は弱ったり困ったりしている子どもへの想像力が鈍くなりがち。
 気持ちを押さえきれずに、厳しく接したり、励ましたりと見当ちがい
 をしてしまう。
 そんな勘違いや不用意な言動が続けば、「行きたくない感じ」から
 「絶対無理」へと子どもをおしやることもままあること。
 さらに、家族の関係にもヒビが入ったり、追いつめられた子が精神的
 な二次障害を起こしたといった話もめずらしくありません。
 不登校が大きな問題になって長い時間が経ちました。
 でも、残念ながら、さまざまな「対策」は功を奏しませんでした。
 これまでの対策は、不登校をマイナスとばかりにとらえていたことが
 共通しています。
 それでは、子を支えるはずの親まで息切れしています。
 子ども自身がそのときをチャンスにかえられるような、親子ともに
 「充実したひと休み、大切な遠回り」とふり返ることのできような、
 そんなヒントをお届けします。

================================
*お・は No.91 *No.93
*表紙を担当している号は樹の実工房HPで。

oha 92号


(09:08)

2016年08月23日

彫り途中
海中のシーン2場面
ほどを彫り終え、
次は電気や石油を
使う前の人間の暮
らしに入ります。

便利=豊かじゃな
いな〜と改めて思
いつつ…台風雨に
閉ざされて黙々と
彫り続けるべし。

(15:48)