植物生活

2017年03月04日

ヒヨドリ埋葬
庭にヒヨドリが落
ちていました。
大切な植物たちを
どんどん食い荒ら
すので、いつもは
”あいつら”呼ばわり
して追い払ってい
るけれど…命が消
えるのは寂しいな
…埋葬しました。

(17:18)

2017年03月02日

蕗の薹
今年は不作だった
蕗の薹。1度だけ天
婦羅でいただいた
だけでした。

ちょっと目を離し
ていたら花が咲い
ており、近寄って
じっと見て、その
美しさにウットリ
しっ放しです。
蕗の薹
こんな風に毎年庭で収獲する
のが当たり前の生活だったの
に、引っ越したらこれも味わ
えないのか〜。うあ〜〜っ。
この土地家屋を購入した方が
残してくれるといいなあ。

蕗の薹の傍に山栗の実がころ
がっていました。野ネズミが
忘れちゃったのかな。
蕗の薹と栗

(17:10)

2017年02月21日

ジャンゴ
ジャンゴが短い寿命を全うし
たので和紙にくるんで果樹の
下に埋めました。
たった2年しか生きないのハム
スター…ジャンゴの時間…
寂しいじゃないのよう。

当初の目的は、家に侵入した
鼠がハムスターの匂いを先住
ネズミの縄張りと思って出て
行くという鼠対策でした。
初年は効果薄だったけれど、
1年半経って家に匂いが染みつ
いたのか、今年は本当に入っ
て来なかったのです。我が家
では効果絶大!なのでした。
ジャンゴ〜ありがとぉ〜T0T

寿命が短いことを知ってて暮らしていたとはいえ、やっぱり毛まみれの
生き物がちょこまか動かずに冷たくなっていると切ないです。
画像は若かりし頃、菜の花を食べるお姿。緑さんが落ち込んでいます。

(11:47)

2017年02月20日

クロッカス
チュウリップの球
根を扱う初夏と秋
に土を掘り、そこ
に残った球根から
芽が出るので、ど
こからニョキるか
わかりません。
今春はポツポツと
離れた3ヶ所から小
さなクロッカスが
顔を出しました♡

(22:12)

2017年02月15日

クリスマスローズ
毎春、誰よりも先
に咲いてくれる純
白のクリスマスロ
ーズが陽ぃさまの
光を受けて不思議
な金色に輝いて…
それを眺めている
私の体も陽光を受
けてポカポカに。
なんだか春めいて
きています。
ヒヤシンス
去年の水栽培後の
ヒヤシンスの球根
を土に埋めておい
たら…にょきり!
がっしり肉厚に育
った蕗の薹かと見
紛う食いしん坊。
露地植えはひと月
ほど開花が遅いの
で、これからがお
楽しみ期間です。


(13:27)

2017年02月12日

アネモネのもふもふの丘。ここに倒れ込んで顔スリスリしたい。
アネモネ

(22:41)

2017年01月17日

小梅の花
小梅が満開。
陽光で嬉しそう
にしてます。
可愛いなあぁ。

この小梅の花と
逢って話をする
のもこれが最後
の最後。梅の実
たくさんつけて
ください。

小梅の花
毎年恒例の小梅
干しは季節的に
ギリギリになる
けれど、なにが
なんでも絶対に
作って、九州に
持ち帰るぞう!
奇跡的に庭が豊
かだった樹の実
工房の大切な思
い出ですから。

(19:07)

2017年01月06日

クリスマスローズ
庭中で毎年いちばん気が早い
原種のニゲル、一重咲きの白
いクリスマスローズ。
花びらの端が少ぅし桃色に染
まるところが憎いです。
今年は霜柱が立たない暖冬か
らか、例年を上回る早さで咲
きはじめ、殺風景な冬の庭が
この純白の花のお陰で一気に
明るくなりました。

小さな苗を迎えて3度目の冬。
やっと根付いてくれた様子。
この子は一緒に引っ越そうと
思っています。

(09:17)

2016年12月23日

プランター山芋
ここ数年、プランターな
のに意外と多めにムカゴ
が収獲できるなあと感心
していた場所をひっくり
返してみたところ…!!
プランター底のスノコの
下にびっしりと!山芋が
育っていたではありませ
んかっ(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)

さぞかし窮屈な思いをし
ていたでしょ…ごめんね
〜と洗ってみました。
プランター山芋
           見てくださいコレ→
プラスノコの窪みの中にトグロ巻いてますよ…
山芋様がギウギウに詰まって取れやしません。
この衝撃の収穫物を母がどうするか…楽しみ♬
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年越し蕎麦
*2017.1/1追記
細っこい山芋を丁
寧に擂り下ろして
年越し蕎麦にトッ
ピング♪
自然薯に負けない
強い粘りと格闘し
ました。
美味いです。
上出来です!

(15:02)

2016年12月10日

ヒメネズミ
先日、昼食時にボーッと庭を
眺めていたら、チョロチョロ
と何者かが目の前を横切った
ので慌てて注視。5cmにも満
たないヒメネズミでした。
あまりの可愛さに食事も忘れ
て観察に没頭。このネズミ、
覗き込んでもスマホを向けて
も全然気付かず普通に過ごし
ているから不思議です。

干涸びたミミズを見つけて静
かに興奮する様子がたまりま
せんよ〜動画をご覧あれ!
また遊びに来て欲しいわあ。


(17:17)

2016年11月11日

茱萸の樹の箸
ちょっと風邪気味
で仕事の頭になれ
ず、それでも刃物
を持ちたくなって
暖房器具の真ん前
でぬくぬくしなが
ら、剪定した茱萸
の樹の枝でお箸を
作ってみました。
なかなかの使い心
地に大満足じゃ!

グミ材は適度な強度と粘りがあって、手に優しく衝撃を和らげるので、
ノミや金鎚、ハンマーや農具の柄として古くから使われてきたそうで…
あまり市場に出回っていない高級素材っぽいです。
果実に滋養強壮、低血圧、浄血作用があるから、きっと樹木にもそんな
効果が期待できるのでは?と、縁起箸にも使われてきた様子。
なので、お箸にはもってこい!だったじゃん♪
茱萸の樹は棘の節が固くて難儀でした。普段使っている彫刻刀じゃなく
て木工ができるナイフが欲しいよ…とさっそくネット検索(笑。
ハマりそうになったけれど今から仕事しなきゃダメ人間です!

(14:03)

2016年11月10日

干柿と蟷螂
先日、国分寺のほんやら堂に
遊びに寄ったとき、穫れすぎ
た甘柿のことをぼやいていた
ら、ラビさんが甘柿も干し柿
にできるのよと教えてくれた
ので、キャーってことで母が
せっせと作業。
まだ暖かかったからカビてし
まった残念なものもあったけ
れど、半分くらいは良い感じ
に干されてきました。
甘柿の干し柿は初めてなので
楽しみ楽しみ♪
この蟷螂は寄り付く虫を退治
してくれているのかしら。
ピオーネ
こちらは故意じゃないけれど
干されてしまっている感の強
い葡萄、ピオーネ。→

色が薄いのでまだかな〜と放
っておいたら、そのままシワ
シワっとなってきており、い
つ食べたら良いかタイミング
を逃し続けてこの有様。
去年は春まで放置して干葡萄
としてラム酒漬けにしたけれ
ど、枝から切り離した方が干
葡萄になりやすいかもです。
せっかくだから後でちょっと
つまんでみよう…ドキドキ。
だんだんに冬ですね。


(11:23)