作品

2020年07月25日

月光稲穂

 2020年7月21日〜26日/ギャラリーMalle
 グループ展『素敵に食卓 日本酒ラベル展 2020』出展作品

 題 名:『 月光稲穂 』
 手 法:水彩木版画
 サイズ:210×160mm

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 *作品をご希望の方は右上のCommentsから連絡をください。
  質問だけでもOKです。折り返し詳細をお送りします。
 *オリジナルラベル日本酒はこちらのサイトで購入可能です。
 *一ノ蔵は原料米及び醸造用水について、第三者機関による分
  析を行い、放射能の検出限界以下を確認しています。2014年
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


(11:39)

2020年07月09日

「筑豊文庫資料室」看板

「筑豊文庫資料室」看板裏面

 2020年7月8日/直方市立図書館内「筑豊文庫資料室」看板
 
 題 名:『 筑豊文庫資料室 』
 手 法:表面 木彫画/裏面 水彩画
 素 材:クスノキ
 サイズ:

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 *この作品は福岡・直方市立図書館の中に設置されています。
 *取り付けの様子はこちら

(09:07)

2020年06月20日

紙版画『ドクダミの花束』

 2020年6月16日〜21日/ギャラリーMalle
 グループ展『東日本大震災復興支援 2020』出展作品

 題 名:『 ドクダミの花束 』
 手 法:紙版画
 サイズ:210×170mm

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 *作品をご希望の方は右上のCommentsから連絡をください。
  質問だけでもOKです。折り返し詳細をお送りします。

(11:17)

2020年06月12日

    久し振りの紙版画に山福家代々の薬草が登場しました🌱
紙版画「ドクダミの花束」版

          刷ったらこんな感じに
紙版画「ドクダミの花束」

 今回で10年目になるGallery Malle『東日本大震災復興支援展 2020
   6/16~21にて、51名の作家さんの作品と共に展示されます。
  長野の木工師・ぜんべ氏の手仕事額に飾らせていただきました✨


(11:17)

2020年05月27日

 看板の文字にカシューを塗り重ね、ヤスリをかけて荒っぽい感じに。
 これでや〜っと文字部分が完成!周りをコツコツやるぞうᕦ(o_oˇ)ᕤ
        #筑豊文庫資料室 #直方市立図書館
看板制作

      小さな庭ではエキナセアがやる気まんまん♬
エキナセア


(12:25)

2020年05月21日

   昨年のこぼれ種で増えたパクチーに花が咲きはじめました🌱
パクチーの花

気持ち良い陽気に誘われてベランダで刃物を研いでみたら…バッチリ!
余った瓦が机です。植物が風にそよいで光と影がチラチラする好環境。 
     これからはこの場所でメンテナンスしようっと♪ 
刃物研ぎ


(13:17)

2020年05月01日

凄いものがーっヽ(*゚ー゚*)ノ
私の アマビエ版画 をご覧になってインスパイアされたと、スタジオ錬の金属工芸師・長島のぼる氏が立体作品を創って送ってくださいました。
長島氏の立体アマビエ

私はただあの古いアマビエ妖怪の絵を模写したに過ぎなかったのに…
こんな展開になろうとは!
さっそく玄関前の鉢植群の傍に鎮座していただきました。ありがたや✨

(17:15)

2020年04月24日

      制作中の木彫り看板の中に鳥が現れました✨
        #筑豊文庫資料室 #直方市立図書館
看板制作


(10:43)

2020年04月18日

         楠の板から蕨がにょきにょき!
筑豊文庫資料室・看板制作
   長時間の木彫り作業は腕が死んでしまうので日に数時間だけ、
   筑豊文庫資料室の看板彫りを少しずつ少しずつ進めています。
   仏像を彫っている方の気持ちってこんなんだろうか…不謹慎?

(15:27)

2020年04月12日

コロナ自粛でアーティストの友人知人やお店等が非常に苦しい状況に
なってきており、私もジッとしていられない気持ちで…彫りました。
この画像はフリーです。プリントする等、ご自由にお使いください。
実物サイズは約170×140mm。 個人使用に限り無料無制限配布です。
アマビエ/山福朱実

 実際の紙は昔父が購入していた八女和紙で、なかなかの紙魚紙魚。
 その紙は熊本の隣の福岡八女で生まれて、アマビエの発祥と近々。
 シミ=紙魚という字もアマビエのようで良い感じではないですか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アマビエは江戸後期の肥後国(熊本)が発祥といわれる半人半魚の妖怪。
光輝く姿で海中から現れ、豊作や疫病などの予言をすると伝えられる。
弘化3年4月中旬(1846年5月上旬)、毎夜、海中に光る物体が出没していたため役人が赴いたところ、それが姿を現した。その者は役人に対して「私は海中に住むアマビエと申す者なり」と名乗り、「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行った。

================================

各地の皆さまがこの木版画を飾ってくれている様子です。疫病退散!!
ポレポレ坐鎌倉・某所
kuukuu邸あぜのまち絵本美術館





福岡・某所東京・某所



(21:49)

2020年01月02日

     1/2になってしまいました!web年賀状でございます。
   Feliz ano nuevo✨ より良い年でありますように✨
2020 樹の実工房

10年ほど前から年賀状は出さないことにしています。お許しください。
郵便料金の高騰に負けてしまい、展覧会の告知や礼状も失礼しています。
今後もweb告知中心となってしまいますが、御縁があればお会いできると
信じてコツコツ頑張っていく所存です。何卒よろしくお願いいたします!

(01:45)

2019年12月28日

先日の『12人の絵本作家が描くおうえんカレンダー原画展』巡回会場・
堺町画廊さんでご注文いただいたタンバリン5つがやっと完成しました♪
受注タンバリン
  ご注文くださった皆様、ありがとうございました!心を込めて♡


(20:15)