出演event.Live.音源など

2018年06月22日

水はみどろの宮 挿画「赤児の手」
若松に越してきて、あっという間に1年が経ちました。
絵本「ヤマネコ毛布」原画九州巡回展でお世話になった方や、父の仕事を面白がってくださる方々に仲良くしていただいて、北九州生活も少しずつ満喫する余裕ができてきたかな?という感じです。
そんな中ですっかり呑み友だちとなった小倉のフェアトレードショップ・緑々さんからワークショップのお誘いがあり、人様に教えるのがかなり苦手な私なのですが、馴染んだ空間で少人数の作画作業はさぞ楽しかろうと、ワクワクお引き受けしてみました。


================================
      『山福朱実の紙版画ワークショップ@緑々
================================

 絵本『ヤマネコ毛布』などでおなじみ、絵本作家・版画家の山福朱実
 さんと一緒に紙版画を制作してみませんか?
 紙版画は、朱実さんが近年最もお気に入りという手法とのこと。
 紙版画とは…
 ニードルで紙をカリカリ引っ掻いた部分に油性インクをつめてプレス
 機で刷るという、銅版画の紙版といった感じの手法で、道具さえあれ
 ば作業工程はとても簡単です。
 今回は80×80mmの版での自由な作品創りを楽しんでいただきます。
 絵やイラストとは違う、紙版画ならではの味わいの作品ができます。
 版画初心者OK!ぜひ一度ご体験ください!

 日 時:2018年6月30日(土)
     午前の部 11:00〜13:00
     午後の部 14:00〜16:00
 参加費:2.000円(材料資料&おやつ付)
 定 員:午前 午後 各6名/要予約

 用意する物:汚れてよい服装、エプロンなど
 申込&会場:一生もんshop 緑々あおあお
       093-533-0533 mail:info@ao-ao.net
      *お名前、人数、参加希望時間帯、連絡先必須
       メールの場合は返信をもって予約完了となります。
       返信がない場合はお電話にてご確認ください。

ーーーーーーーーーーーーーーー
今年2月にお亡くなりになった石牟礼道子さんの『水はみどろの宮』
(福音館書店)には、朱実さんの木版画と 紙版画の挿絵がたくさん。
石牟礼さんの言葉×朱実さんの絵。神秘的でもあり、野性的でもあり…
太古のような、異次元のような…
お二人の世界に引き込まれてしまいます。
先月、重版となったそうです
紙版画、奥が深い!
================================


(14:51)

2018年04月12日

末森樹 音源集『葡萄』が裏山書房から発売されました♪
末森樹 音源集「葡萄」

15曲中13曲が末森樹による作曲。
クラシックギターでのソロ演奏。
末森樹 音源集「葡萄」

このアルバムは主に末森樹のライブや山福朱実の展覧会場、それぞれの
友人知人のお店などで販売するのみで、一般販売はしておりません。
ご希望の方は、裏山書房 (=山福印刷 Tel.093-761-3870) か、樹の実工房
(nekoyanagioffice@yahoo.co.jp) へ、発送先ご住所、お名前、ご連絡先、
ご希望枚数をお伝えくだされば、折り返し詳細をお知らせいたします。
委託販売してくださるお店も募集中です♪
ご面倒をお掛けしますがご理解のほど…よろしくお願いいたします!


(09:21)

2018年01月18日

一千一秒物語
昨年6月に「水はみどろの宮」
挿絵版画展を開催した北九州
・オペレーションテーブルの
真武真喜子さんから、山本糾
さん写真展の関連イベントと
いうことで、稲垣足穂をやっ
てみない?と誘われたので、
末森くんとあれこれ画策し、
挑戦することに致しました。

告知がすっかり遅れてしまい
ましたが当日も大丈夫です。
お時間がありましたら是非!
オペレーションテーブルでの
イベントは安くて美味しくて
楽しいのですよお♬


================================
      『山本糾 ミシンと蝙蝠傘』関連イベント
    稲垣足穂の『一千一秒物語』を読む・歌う・奏でる
================================

 絶賛開催中の展覧会「山本糾 ミシンと蝙蝠傘」も会期終了間近となり
 ました。クロージング・イベントも計画していますが、その前にひと
 つ、またとない素敵な歌とギター+朗読の夕べをご案内します。

 稲垣足穂の「一千一秒物語」には「星をひろった話」「流星と格闘し
 た話」「ポケットの中の月」「星でパンをこしらえた話」など、奇妙
 な夢想に満ちた小話がいっぱい。展覧会タイトルになった「ミシンと
 蝙蝠傘」は、写真家、山本糾が敬愛する作家、足穂の小説名、その足
 穂の作品中、山本いちばんのお気に入りが「一千一秒物語」だったの
 です。2017年夏の展覧会「水はみどろの宮挿絵版画展」で、石牟礼道
 子原作の「水はみどろの宮」に曲をつけてギターと歌と語りのLIVEを
 やっていただいた山福朱実+末森樹さんに、今度はタルホを読む・歌
 う・奏でる試みに挑戦していただきます。タルホのファンタジーがギ
 ターのメロディに乗って美しい歌声で聴ける!絶妙なイベントです。

 
 日 時:2018年1月19日(金) 18:00〜20:00
 参加費:1,000円 (終演後パーティでの飲食を含む)    
 会 場:北九州 八幡・ Operation Table
     805-0027 福岡県北九州市八幡東区東鉄町8-18

2017年6月「水はみどろの宮」挿絵版画展会場

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(15:54)

2017年11月04日

雪の浦手造りハム 展示長崎の”雪の浦手造
りハム”さんはとっ
ても居心地の良い
場所でした。

きっかけはヤマネ
コ毛布原画展
なの
だけれど、それは
とっかかりで、同
じUターン移住組、
私と相方との東京
でのさまざまな接
雪の浦手造りハム Live
点と繋がりがあ
ると知って大興
奮し通しなので
した。スケジュ
ール調整して無
理にでも行って
良かった!と。

ポレポレ坐での
仲間、マイキー
との再会も感動
だったし、打楽
雪の浦手造りハム 展示
器奏者の長沢哲
んが演奏に加わっ
てくださったこと
も素晴らしい経験
で…素敵なご両親
と美味しいハムと
で心もお腹もいっ
ぱいぱい (*≧∀≦)/

長崎がぐんと近い
土地になりました♪ 

(16:12)

2017年10月20日

暫く中断していたけれど、ようやく先月から動きだした新譜の録音♪
本日、数時間前に作ったというこの「雨」という新曲、実際は倍ほどの
長さになって収録される予定です。乞うご期待☆
最近の相方が録音する場所に選んでいるのは…山福印刷の暗室!



(11:10)

2017年10月15日

  九州産業大学が制作するTNCテレビ西日本の番組に出演します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
絶対も、正解も、限界もない芸術の世界…。
九州では、無から有を生み出す芸術力が日々育まれています。
この番組では、古きを継承し、新しきモノを生み出す
クリエーターを紹介します。

美の鼓動・九州』2017.10/15(日) 11:45〜
美の鼓動

 今回の放送の主人公は、イラストレーター 山福朱実。
担当する本の装丁画や、挿画、絵本作品などの多くを木版画で制作。
惹かれてやまない木版画の魅力とは。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*追記10/15:過去の放映としていつでも観れるようになりました。

(21:53)

2017年06月25日

Operation Table
Operation Table主宰
の真武真喜子さんと
は35年ほど前に父が
関わっていた「北九
州シネマ小屋」で出
会い、それ以来お会
いする機会もなく時
が過ぎていました。
そのご縁がこんなこ
とにっ!嬉しいっ♡


================================
 Operation Table オペレーションテーブル*第18回QMACセミナー
================================

 この度、生地、北九州 若松に拠点を移すことになった山福さんから、
 原画展が全国を巡回して来た自作「ヤマネコ毛布」(作・画 山福朱実、
 パロル舎 2007年、復刊ドットコム 2015年)の出版にまつわるお話など
 お聞きします。このほか山福さんの最近のお仕事には「水はみどろの
 宮」(石牟礼道子 作、山福朱実 画、福音館書店 2016年)、「夢の歌か
 ら」(津島佑子 作、山福朱実 画、インスクリプト 2016年)があります。

 テーマ:「ヤマネコ毛布」九州をゆく
 ゲスト:末森樹(Gt.)、ゆかり(朗読)
 日 時:2017年6月24日(土) 14:00〜16:00
 参加費:1.000円
 会 場:Operation Table オペレーションテーブル
     805-0027 北九州市八幡東区東鉄町8-18
     093-651-1215 090-7384-8169

2017.6/24 オペレーションテーブル2017.6/24 オペレーションテーブル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



(10:20)

2017年05月19日

末森樹Live

末森樹くんがソロでギター演奏をします! …Y福A実の飛び入りアリ♪
================================
           末森樹 ギターの時間
================================

 日 時:2017年5月20日(土) 開場18:00 開演18:30
 料 金:1.500円+1Drink
 会 場:仙川・タイニーカフェ
     182-0003 調布市若葉町1-42-2/03-3305-0400

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        ご来場ありがとうございました!
2017.5/20 タイニーカフェ


(12:17)

2017年05月14日

あずさちゃんの刺繍
昨日はトーク&ラ
イブで群馬のみち
のそらさんへ。

終演後のお茶時間
に刺繍を楽しんで
いた小さいあずさ
ちゃんが帰り支度
中の私の腕をねえ
ねえと叩くので、
なあに?と。
2017.5/13 みちのそら Live
そうしたらこんな ↑ に可愛い
刺繍作品をハイ!と元気にプ
レゼントしてくれたのですよ
う…眼鏡をかけて刺繍をして
いる朱実さん、て!
感激して泣きそうになりまし
た〜私の毛布にまた新しい刺
繍が〜…わーん嬉しいよう。
あずさちゃーん、ありがとお
♡(☆゚∀゚人゚∀゚☆)♡

現在巡回中の群馬・アトリエ
みちのそらさんでの「ヤマネ
コ毛布」原画展
は5/16(火)迄。
居心地の良い空間でゆっくり
ご覧になれますヨ。

(07:23)

2016年12月19日

中川フォークジャンボリー

================================
  岡崎武志企画☆中川フォークジャンボリー第11回 with 白崎映美
================================

      「今だからこそ歌いたい歌がある…」
     国立駅前の古座敷で中川五郎が大いに語り、
     大いに歌うシークレットライブの第11弾。

 歌とおしゃべり:中川五郎 聞き手:岡崎武志
 ゲスト:白崎映美(歌)+向島ゆり子(アコーディオン、バイオリン)
     山福朱実(歌)+末森樹(ギター)

 日 時:2017年1月29日(日) 18:30開場 19:00開演
 木戸銭:2.500円(予約のみ限定30席)
     終演後、同会場で自由参加1500円の打ち上げあり
 会 場:国立・ギャラリービブリオ
     東京都国立市中1-10-38/042-511-4368
 申込先:電話、公式サイトの申し込み・問い合せフォームから
     「1月29日ライブ」の表題で
 後 援:ビレッジプレス(雲遊天下)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(21:15)

2016年12月15日

    末森樹さんとのデュオで出演することになりました。
けえらんねえら唄いじょうら

================================
        けえらんねえら 唄いじょうら!
先島から、この世のすべての島へ、声を結んで、歌え、いのちのうた!
================================
 けえらんねえら うたいじょうら! これは石垣島の言葉。
 「みなさん、うたいましょう」という呼びかけです。
 たとえば、島に米軍基地が来る、自衛隊駐屯地が作られる、訓練が
 行われる、そこで起こるのは、近代科学の賜物である武器弾薬による
 「水」の汚染です。基地や駐屯地がそこにあるだけで、「自然が破壊
 される」、というようなありきたりの表現をはるかに超えた事態が起
 きる。島々のすべての命の源である「水」が、命を破壊するものに変
 ずる。水俣で海に水銀が流されて起きたあの出来事のように。
 3.11直後、福島の原発から大量の放射線が空気中に放たれてしまった
 ように、水の中に溶け込んでしまったように。
 水。人間の命の源。島々の風土の源、暮らしの源、文化の源、言葉の
 源、唄の源。だからこそ、いま、ひそかに力ずくで命の源が破壊され
 ようとしている先島から、「けえらんねえら うたいじょうら!」
 この世の島々に向けて呼びかけるのです。

日 時:2016年12月17日(土) 12:30開場 13:00〜16:00
参加費:1Drink付 3.000円
会 場:東中野・Space&Cafe ポレポレ坐
出 演:
★先島からの声を放つ人★
 大田静男 (唄者、八重山芸能を歌い語れる人、八重山戦史研究家)
 山里節子 (唄者、ゆんたの名手、
      いのちと暮らしを守るおばーたちの会世話人)
 八重洋一郎 (詩人) 本人は出演せず詩のみ参加、代読
 砂川哲雄 (詩人) 本人は出演せず詩のみ参加、代読
 渡久山章 (宮古島の人)
★声を結ぶ人々:出演者★
 今福龍太:奄美の声 (詩を読む人)
 山福朱実&末森樹:水俣の声 (歌う人、ギターを弾く人)
 李政美&矢野敏広:済州島の声 (歌う人、ギターとマンドリンを弾く人)
 ジャンミッシェル キム:ディアスポラの声 (ピアノを弾く人)
 大熊ワタル&こぐれみわぞう
      :路上の声 (クラリネットを吹く人&太鼓たたいて歌う人)

主 催:「先島の声を東京に放つ」実行委員会
    (姜信子・松村正治・辛淑玉 他)
事務局:wildfrances@yahoo.ne.jp  070-5556-6241
<問合 予約>ポレポレタイムス社:
     03-3227-1405 event@polepoletimes.jp


賛同者:玉川奈々福(浪曲師)、管啓次郎(詩人)、安聖民(パンソリ唱者)、
 渡部八太夫(説経祭文語り)、浅野卓生(編集者)、田村元彦(西南学院大学
 教員 KBCシネマ企画ディレクター)、藤井一乃(編集者)、今福龍太(奄美
 唄者群島漂泊者)、中川五郎(フォーク歌手)、真鍋祐子(東京大学教授)、
 慶野由利子(作曲家)、谷瀬未紀(舞台制作者)、木村友祐(作家)、
 松村由利子(歌人)、新田義貴(映画監督)、土井鮎太(映画監督 はての島
 のまつりごと)、三好豊(緑の劇場)、杉浦幹(勇気野菜プロジェクト)、
 小園弥生(団体職員)、きむきがん(劇団石)、ぱくきょんみ(詩人)、
 田尻久子(橙書店)、田浪亜央江(パレスチナ文化研究)、村上陽子(沖縄国
 際大学教員)、吉川宏志(歌人)、ナビィ+ナーグシクヨシミツ(寿 kotobuk
 i)、有川美紀子(島ライター)、飯田泰彦(八重山文化研究会)、得能壽美
 (東京 八重山文化研究会)、竹内光浩(南西諸島ピースネット共同代表)、
 大江正章(コモンズ代表)、平良彰健(島の心 島唄を愛する唄者 西表島エ
 コツーリズム協会副会長)、関礼子(立教大学教員)、内原英聡(法政大学
 沖縄文化研究所国内研究員 週刊金曜日編集記者)、阿部小涼(琉球大学
 教員)、中山智香子(東京外大)、呉世宗(琉球大学)、島すなみ(大阪文学
 学校受講生 詩人)、武秀樹(編集者)、竹中龍太(編集者)、中植きさら(ポ
 レポレタイム社)、大槻オサム(役者 ダンスパフォーマー)、笹尾哲夫(八
 重山星の会会員)、ZAKI(ミュージシャン)、熊本博之(明星大学教員)、
 久保礼子(フリーライター)、遠藤 隆久(熊本学園大学教員 ハンセン病市
 民学会共同代表)、井上一夫(編集者)、西谷修(立教大学特任教授)、
 高橋梓(東京外国語大学博士課程)、臺丸谷美幸(ジェンダー学 アメリカ
 史研究者)、西巻元(編集者)、平塚基央(魚屋)、平塚由希子(翻訳者)、
 原田英代(ピアニスト)、上村英明(市民外交センター代表)、篠崎美生子
 (恵泉女学園大学教員)、松鳥むう(イラストレーター エッセイスト)、
 松岡美子(音楽やアートを通した子育て支援者)、三上智恵 (映画監督)、
 内田博文(神戸学院大学教授)、柿木伸之(哲学する人)、佐藤学(沖縄国際
 大学教授)、結城正美(金沢大学教授)、鄭暎惠(ヨギーニ)、喜久里康子
 (ヨギーニ)、鄭香均(ヨガーニ)、濱田武士(北海学園大学教授)、
 上村忠男(東京外国語大学名誉教授)、斎藤貴男(ジャーナリスト)、
 小尾章子(編集者)、屋敷妙子(画家)、小里ありさ(水俣自然学校)、
 宮本直実(映像プロデューサー)、佐々木光明(神戸学院大学教授)、
 長尾美穂(編集者)、川平いつ子(出版社勤務)、久々湊盈子(歌人)、
 古島信子(司書)、金城正洋(記者)、中本直子(会社員)、石橋幸子(出版社
 営業)、若松英輔(批評家 随筆家)、牧野瑠璃子(日本語ボランティア講師
 )、崎山多美(作家)、宮田仁(編集者)、洪ユン伸、加藤千香子(横浜国立
 大学)、西村美智子(都留文科大学)、野村由美、武眞理子(馬喰町ART+E
 AT主宰)、河合拓始(音楽家)、谷本仰(ヴァイオリン弾き)、
 こぐれみわぞう(音楽家)、大熊ワタル、関野吉晴(たんけん家)、
 瀬戸山玄(ドキュメンタリスト)、山福朱実(絵描き)、末森樹(ギタリスト
 )、小池博史(演出家)、溝上幾久子(版画家)、辻信行(東京自由大学運営
 委員長 法政大学沖縄文化研究所奨励研究員)、くまあやこ(絵描き)、
 岡真理(京都大学)、辻野裕紀(言語学者)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016.12/16 朝日新聞




(09:55)

2016年11月19日

2016.11/23『水はみどろの宮』朗読Live

================================
           山福朱実+末森樹
     石牟礼道子 作『水はみどろの宮』朗読ライブ
================================

 原画展の会場ではありませんが、ご希望があって『水はみどろの宮』
 朗読ライブをいたします。北九州でのライブは初!ゲストも登場♪
 (挿絵原画はこの時期、熊本 水俣・諸国屋本舗で展示中です。)

 日 時:2016年11月23日(水祝)/15:00〜
 出 演:山福朱実(朗読 歌)+末森樹(クラシックギター)
 ゲスト:ゆかり(朗読)
 参加費:2.000円+ワンオーダー
 会 場:戸畑・図書室カフェITOH
     804-0011 北九州市戸畑区中原西3-2-7/093-616-2185

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(01:17)