出演event.Live.音源など

2019年08月17日

2019.8/23 末森樹 ギターの時間

  末森樹くんがソロでギター演奏!…Y福A実の飛び入りアリ♪
================================
    末森樹 Suemori Tatsuru ギターの時間
================================

 日 時:2019年8月23日(金) OP.19:00/ST.19:30
 料 金:¥1.500+Drink注文 (要予約)
 会 場:仙川・タイニーカフェ
     182-0003 調布市若葉町1-42-2/☎︎ 03-3305-0400
     *京王線・仙川駅 徒歩5分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


(18:34)

2019年08月15日

  Operation Tableでの7~8月のライブを1つのチラシにしました✨
  北九州のみなさま〜八幡東区・七条にいらしてくださいませ!
2019.7-8月LiveDM

================================
      ♬中川五郎 Live at Operation Table♬
================================

 フォークシンガーにしてディランやブコウスキーの翻訳、音楽評論
 でも知られている中川五郎さんがOperation Tableにやってきます!
 歌手デビュー52年の足取りをまとめた、『七〇年目の風に吹かれ
 (平凡社)を出版したばかり。
 今回は歌に加えてトークもお楽しみください。

 出 演:中川五郎、末森樹×山福朱実
 日 時:2019年8月20日(火) 開場18:30/開演19:00
 参加費:2.500円 (ドリンク付)/要予約
     *終演後のパーティ参加飲食は+500円
 予 約:info@operation-table.com/093-651-1215/090-7384-8169
 会 場:北九州 八幡・ Operation Table
     805-0027 福岡県北九州市八幡東区東鉄町8-18
     *ギャラリーは駐車場が少ないので、乗り合わせるか、
      公共交通機関をお使いになっておいでください。

================================

(18:31)

2019年07月15日

FK28Z(6)-bis
FK28Z(6)-bis
熊本 山鹿・畠山浩史氏撮影
  写真:畠山浩史

================================
      『FK28Z(6)-bis』クロージングイベント
        フクツの民 革命歌を聴く・歌う
================================

 日 時:2019年7月15日(月祝) 15:00〜16:30
 参加費:2.000円 (ドリンク付)
     *終演後のクロージングパーティ参加の飲食は+500円   
 会 場:北九州 八幡・ Operation Table
     805-0027 福岡県北九州市八幡東区東鉄町8-18


FK28Z(6)-bis」とは…
大木裕之、友清ちさと、松野真知による「フク28ZAKI海浜博覧祭」のQMACヴァージョン。「フク28ZAKI海浜博覧祭」はアーティスト、友清ちさとが企画し、2013年から友清の出身地、福岡県福津市にある旧玉乃井旅館でほぼ毎年開催されてきたグループ展。展覧会名は、福津市が2005年宗像郡福間町と同郡津屋崎町が合併してできた市であることから、フクマとツヤザキを合成した語からなっています。映像とインスタレーションに演劇的要素を加えたパフォーマンスあり、と即興性を重視した展覧会の編成メンバーは毎回少しずつ変化し、開催地も昨年は東京であったりと、変幻自在な形態をとってきました。玄界灘に面した元海浜旅館の建物から、住宅地にある元動物病院の建物へと舞台を移す今回の展覧会では、「住むこと/移動すること」の様々な意味が浮かび上がってくるようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山福朱実は「 水はみどろの宮 挿絵版画展 」「 ああ!愛しのメキシコスープ!II 」でオペレーションテーブルではお馴染みの版画家、イラストレーター。1963年、北九州市若松区生まれ。東京での挿画や絵本出版の仕事を経て、一昨年、35年ぶりに若松へ戻り、木版画制作のための「 樹の実工房 」も移設。共に北九州へ居住することになった東京出身の音楽家、末森樹と組んでギター演奏と歌・朗読によるライブ活動を行っています。「山本糾 ミシンと蝙蝠傘」展の特別イベントとして「 稲垣足穂の『一千一秒物語』を読む・歌う・奏でる 」にも出演。国際的な抵抗運動の歌として知られる「不屈の民」は 山福+末森ユニット のレパートリーで、山福はいつも原曲のスペイン語で歌います。このほか国際歌や反独裁政権の民衆たちに歌い継がれてきた楽曲を中心にしたライブとなります。

================================

(12:30)

2019年07月13日

2019.7/15(月祝) 15:00~『フクツの民/革命歌を聴く・歌う』の資料をせっせと作りながら…知れば知るほど知りたくなって困りました。
現段階のものをOperation Tableにいらしてくださった方にお渡しするので勉強会みたいになったりして…でもせっかく集った方々と、共に革命の歴史などを少々かじってみたいのです。大慌て故に誤字脱字はご勘弁!
        イベント予約は当日まで受付中デス♬
革命歌を聴く・歌う






(17:19)

2019年06月27日

もう何年も前から、いつか衿子さんの詩を歌ってみたいと思い続け、
樹くんにお願いしていたのがやっとやっと完成間近となりました。
衿子さんに許可を頂くことは不可能なので、現在はアメリカ在住で、
最近はボルネオに多く居るという長女の琴ちゃんと連絡を取り合い、
とりあえず聴いてもらおうと思ってYouTubeにアップしてみました。
   いつの日かライブで歌えるようになるといいなあ!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 『空にかざして』     岸田衿子

 羊の群と 羊追う人の 
 かえる方向に
 朱い実のなる村がある

 しずんでゆく陽にも
 人の小舎に燃える火にも
 かかわりなく
 木の実は 朱く円く
 ちいさく
 完成している

 あくる朝
 まだひと粒も その実の露を
 飲んだことのない恋びとたちのため
 ふたりの掌が 木の実をのせ
 しばらく空にかざしてみるために

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(16:46)

2019年06月21日

紙版画ws先月10周年を迎えた祝・緑々さんで6/29(土)に紙版画教室を〜♪
引っ掻いた厚紙に油性インクを乗せてプレス機で刷る方法です。
紙版画ws










相変わらず人様に教えるのがかなり苦手な私ですが、緑々さんならば…と1日2回、午前午後とも各10名までということで、皆さんの作品創りのお手伝いを楽しみつつがんばりたいと思います。
興味がある方は是非、お気軽にご参加ください。
不思議な魅力いっぱいのこの技法を一緒にわいわい楽しみましょう!

================================
      『山福朱実の紙版画ワークショップ@緑々
================================

 前回も大盛況でした絵本作家・絵本作家・版画家の山福朱実さんの
 紙版画ワークショップ、みたびの開催です!

 紙版画とは…
 ニードルで紙をカリカリ引っ掻いた部分に油性インクをつめて
 プレス機で刷るという、銅版画の紙版といった感じの手法で、
 道具さえあれば作業工程はとても簡単です。
 今回は80×80mmの版での自由な作品創りを楽しんでいただきます。
 絵やイラストとは違った紙版画ならではの味わいの作品ができます。
 初心者OK!
 絵が苦手、イラストなんて描けるかなぁ…という方もご安心を。
 今までも独創的な作品がたくさん生まれていましたヨ、ほんと!
 自分だけの紙版画✨ ぜひ一度ご体験ください!

 日 時:2019年6月29日(土)
     午前の部 11:00〜13:00/午後の部 14:30〜16:30
 参加費:2.000円(材料資料&おやつ付)
 定 員:各10名/要予約
 用意する物:汚れてよい服装、エプロンなど
 申込&会場:一生もんshop 緑々 あおあお
       093-533-0533 mail:info@ao-ao.net
      *お名前、人数、参加希望時間帯、連絡先必須
       メールの場合は返信をもって予約完了となります。
       返信がない場合はお電話にてご確認ください。
       準備の都合上、必ずメールにて参加の可否をご確認
       くださいますよう、お願いします。

================================


(22:18)

2019年06月18日

小説家・木村友祐氏の実兄である木村勝一氏が創り営むSLOW BASE
八戸・SLOW BASE

裏の森にはそれぞれ違う機能のツリーハウスが6棟も…おもしろすぎ!
 その中のひとつ「天空の繭」は室内のゆらゆら感が凄かった✨
天空の繭

ここは間違いなく八戸の名所…現在は休業中につき再開が待たれます。
勝一兄が私の古い友人である歌手・白崎映美譲から連絡が入ったと絵本原画展のクロージングイベントに駆けつけてくれなかったら、こんな不思議な楽しい時間を過ごせなかったわ〜感謝感激!今度は北九州で🍻
木村勝一氏と♪


(19:19)

2019年05月25日

太陽と月とタブラの申し子、
裏山書房で書籍制作を請け負い、無事刊行に至りました。
ーーーーーーーーーーーーー
購買は mugi.hideki10100808@ezweb.ne.jp へメールか、
080-5431-5393 スエモリ宛
ーーーーーーーーーーーーー
Live ヒマラヤ王の娘、









その刊行を祝って出版記念のライブが催されることになったのでございます!
Live ヒマラヤ王の娘、

================================
 BOOK&DVD『太陽と月とタブラの申し子、ディネーシュ・
      チャンドラ・ディヨンディを唄う狂犬が吠えると。

         …… 出版記念ライブ ……
   『ヒマラヤ王の娘、パールヴァティーも耳をすます。
================================

 日 時:2019年5月26日(日) 14:00開演 
 出 演:ナマステ楽団 <末森英機(Gt.Vo.)
       +ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ(タブラ)>
     ゲスト:末森樹(Gt.)×山福朱実(Vo.) 
 参加費:5.000円(BOOK&DVD+1drink+ディネーシュ手製軽食付)
     *本をお持ちの方は2.000円 *持ち寄り大歓迎! 
 会 場:東京 仙川・ツォモリリ文庫
     182-0002 東京都調布市仙川町1-25-4/03-6338-1469
     京王線 仙川駅 徒歩3分(せんがわ劇場向かい)

********************************

*前日5/25(土)は女優・坪井美香さんをゲストに迎えてLiveをします!
ヒマラヤ山脈を想いながら『太陽と月とタブラの申し子、〜』の装画を
描いたので、チベットレストランで歌えるというのが嬉しいです。
2019.5/25 タシデレLive

================================
    『この地球(ほし)のほとりに恋して愛して微笑みて
================================
 
 BOOK&DVD『太陽と月とタブラの申し子、〜』主役+著者+挿画の
 3名に加えて、演奏にクラシックギターの末森樹、石牟礼道子作
 「水はみどろの宮」朗読に女優の坪井美香さんをゲストに迎えます。
 
 日 時:2019年5月25日(土) 16:00開演 
 出 演:末森樹(Gt.)×山福朱実(Vo.) 
     ナマステ楽団 <末森英機(Gt.Vo.)
       +ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ(タブラ)>
     ゲスト:坪井美香(朗読)
 料 金:2.500円(1drink付)
 会 場:東京 曙橋・チベットレストラン タシデレ
     160-0002 新宿区四谷坂町12-18-1F/03-6457-7255

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


(11:16)

2019年02月27日

   楽しい催しに参加できることになりました〜わくわく♬
ピースプラントアートフェスin六本松ピースプラントアートフェスin六本松















================================
       誰だってアーティスト!DANCE&MUSIC
       ピースプラント アートフェス in 六本松
================================

 日 時:2019年2月28日(木) 13:00〜15:30/入場無料
     13:10~ アフリカ太鼓 わのわ
     13:30~ 河合拓始 × peace plant
     13:55~ そら × peace plant
     14:20~ 山福朱実 & 末森樹

 会 場:福岡市科学館6F サイエンスホール
     810-0044 福岡市中央区六本松4-2-1
 主 催:福岡市手をつなぐ育成会 ひまわりパーク六本松
 問合せ:092-406-2406

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
刺繍トートバッグ
←度肝を抜かれたトートバッグ
 は裏表ぎっしりの刺繍作品!
ライブペインティングライブペインティング↑もずっと見ていたかったです。

とにかく、ひまわりパーク六本松の皆さんのパフォーマンスが素晴らしくて…このところ枯渇していた刺激をい〜〜っぱい戴きました♡
誘ってくださった山中理恵さん!ありがとうございましたm(_ _)m

(17:24)

2019年01月20日

2019.1/19 紙版画ws
福岡アジア美術館
闇に刻む光  
アジアの木版画運動

週末ワークショップの企画で、2019年1/19に紙版画wsをしました。
午前午後の2回、約24名の方々に参加していただきました。
2019.1/19 紙版画ws
まず紙版画がどういうものなのか、私が小さな紙版画を制作しながら一通りの作業を説明していきます。そして、各自が作業に集中。
紙の版を鋏で切ったりニードルで引っ掻いたり、思い思いの絵柄を描いていきます。
2019.1/19 紙版画ws
出来上がった版に油性のインキを馴染ませて拭き取って、小さなプレス機で圧をかけて刷っていきます。
ここまできたらワクワクドキドキな時間♪

今回は厚めの水彩画用紙を使ってみました。
2019.1/19 紙版画ws
こちらは参加してくださった方の作品です。
右上のトレーシングペーパーに描かれたものが下絵、その下の白い紙と左上のベージュの紙が刷り上がり。どちらもインキの拭き取り具合で違った雰囲気に仕上がっています。
2019.1/19 紙版画ws2019.1/19 紙版画ws
前半、後半、皆さんの作品を並べてみました。それぞれ個性的でとても面白い仕上りになっています。
参加された方々がとても集中してくださったので、作業後の疲労感と爽快感がたまりませんでした。

一緒に楽しんでくださった皆さま、ご参加ありがとうございました!
いつかまたどこかで紙版画wsをさせていただきたいなと思っています。

(22:39)

2019年01月16日

   福岡アジア美術館でとても面白い展示がはじまっています。
    たっぷり時間をとって行かないと全部は見きれません。
上野英信氏の文と千田梅二氏の木版画による冊子も展示されています。
私も2019年1月19日に紙版画ワークショップで本展に参加いたします☆
    →紙版画ワークショップの様子とご報告はこちら♬
闇に刻む光

================================
           福岡アジア美術館
     闇に刻む光  アジアの木版画運動 1930s−2010s
================================

 木版画は簡便な材料と技術で複製できることから、独立運動、民主化運動、労働運動、環境運動など、アジア各地の政治・社会運動のなかでしばしば制作されました。自分の感情を主体的に表現し、社会の問題をえぐりだし、遠隔地の人々との連帯を求める「メディア」として、木版画はアジアの近代化に重要な役割を果たしたのです。
 1930年代に魯迅が推進した木版画は巨大な運動体となって中国各地で展開します。日本では戦後の民主化運動やサークル誌で木版画が盛んになり、多数の中国版画展が開かれます。韓国の1980年代では、激烈な民主化運動のなかで木版画が多様な手段で大活躍します。今日のインターネット時代でも、インドネシアやマレーシアではパンク音楽家や美術家グループが自由と自立を求めるメッセージを木版画で発信し続けています。 
 本展は、以上の時代・地域の作品のほか、ベンガルの独立運動、シンガポールの日常、ベトナム戦争、フィリピンの闘争などをテーマとした木版画(リノカットを含む)作品と版画を掲載した印刷物などの資料あわせて約400点を紹介します。木版画を大衆的な「メディア」としてとらえ、異なる時代と地域をつなぐ版画運動のネットワークに注目する本展が、日本を含むアジア近現代美術史全体をとらえなおす契機になればと思います。

 期 間:2018年11月23日(金)〜2019年1月20日(日)
     10:00〜20:00/毎水曜&12/26~1/1休館(1/2(水)開館)
 会 場:福岡アジア美術館 企画ギャラリーA+B+C
     812-0027 福岡市博多区下川端町3-1
     リバレインセンタービル7,8階/092-263-1100
 観覧料:一般1000円・高大生700円・中学生以下無料
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        週末ワークショップ  山福朱実
       紙に刻む世界〜紙版画ワークショップ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「闇に刻む光—アジアの木版画運動 1930s-2010s」展の関連企画として、版画をテーマにした体験型ワークショップを行います。
 このワークショップでは、10センチ角の厚手の紙をニードルで削り、プレス機で印刷をします。削った部分が線として残る銅版画と似た手法ですが、素材が紙なので削りやすく、幅広い年代の方にお楽しみいただけます。一枚の紙に、ゆっくりと自分の世界を刻んでいく豊かな時間をご体験ください。

 日 時:2019年1月19日(土)
     11:00〜13:00/14:00〜16:00

     小学生以上(小学生は保護者同伴)/各回10名定員
 会 場:福岡アジア美術館 アートカフェ
 参加費:1000円
 応 募:ajibi_workshop@faam.ajibi.jp
     Tel.092-263-1100(担当:野口,岩本)/Fax.092-263-1105

================================


(11:18)

2019年01月03日

末森樹 音源集『葡萄』が裏山書房から発売されて1年経ちました♪
末森樹 音源集「葡萄」

15曲中13曲が末森樹による作曲。
クラシックギターでのソロ演奏。
末森樹 音源集「葡萄」


01.Double BWV 1002 (J.S. Bach)
02.蒼い風

水はみどろの宮 (石牟礼道子 作) 組曲
03..大樟
04..お葉
05..花扇の祀
06..水底の森

07.葡萄
08.白銀狼
09.樹の実
10.月にゆれる花
11.うみのもり
12.音のする場所で
 (宍戸大裕監督作品「風は生きよという」)
13.麦色の日
 (宍戸大裕監督作品「風は生きよという」)
14.アルハンブラの想い出 (F.Tarrega)
15.空にかざして

全15曲 38分/2.000円+税/裏山書房

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このアルバムは主に末森樹のライブや山福朱実の展覧会場、それぞれの
友人知人のお店などで販売するのみで、一般販売はしておりません。
ご希望の方は、裏山書房 (=山福印刷 Tel.093-761-3870) か、樹の実工房
(nekoyanagioffice★yahoo.co.jp ←★を@に) ) へ、発送先ご住所、お名
前、ご連絡先、ご希望枚数をお伝えくだされば、折り返し詳細をお知ら
せいたします。委託販売してくださるお店も募集中です♪
ご面倒をお掛けしますがご理解のほど…よろしくお願いいたします!


(14:41)